【暁の軌跡】 詰まるまで無課金プレイ攻略日記 1章クリアまで l アデの半可通日記


【暁の軌跡】 詰まるまで無課金プレイ攻略日記 1章クリアまで

このページでは、1章のクリアまでの無課金攻略の記事を書いています。以下のPTで無事クリアすることが出来ました!!

pt10

pt9


スポンサードリンク

ベータ版をせずに9月1日スタートから9月5日時点でクリアしたので、まあ遅くはないんじゃないかな?とは思っていますが、実際強い人は全然強いですし、課金である程度覚醒等をしている人にはやっぱり歯が立ちません。

さて本題。今回は ▶詰まるまで無課金プレイ 第1章訓練 20まで の続きのクルツ戦から、ストーリーで要求されるハード1-11、そして新人訓練で要求される序章のハードモードの攻略もしていきます。とはいっても、正直難しくないです。1章に関しては敵の強さがほとんど変わっていないので、これはおそらくですがノーマルの難易度が、今現在は高めに設定されているのかな?とも考えられます。

1章終盤攻略

クルツは案外弱い!?

序章の1-30をロイド無し且つ★3×2で戦って負けた経験をした僕としては、クルツは正直市販のゲームと難易度は変わらないかなという印象を持ちました。これはハード戦においてでもです。それだけ軌跡というゲームは、こちらの戦力がそろうほど簡単になっていくゲームなんだということが分かりますが、同時にこういったことから序章で躓いてしまって自信がない!という人であっても、今後はきっと大丈夫!といった自信を持つきっかけになれば僕としては嬉しいです。

基本戦術を理解しよう

軌跡の基本的なフォーメーションはこれです!

pt15

壁役が囮となって時間を稼ぎ、その間に後方から攻撃を仕掛けていく。それに加え補助魔法をしっかりと入れていき、キャラを強化していくことで効率よくダメージを与えていくのも大事。そしてこの基本でオーソドックスな戦法がな、なんと!!全クルツ戦で通用してしまう!! というから驚き。もちろん敵も後方からアーツをしてくる敵もいますが、そいつは時属性にめちゃくちゃ弱い ことから、組み込みやすいソウルブラーで対応していくことが出来ます。

また、正直な話29と30のクルツ以外 そこらへんの雑魚よりも火力が低い ことから、28までは簡単にクリアしていくことが出来ます。この28までで基本的な戦い方を抑えていき、29と30からはドッペルゲンガー (ロイドの代わりに弱いキャラで時間を稼ぐ) などのテクニックを活用して、処理していきましょう。もちろんHPが減ったらシェラのティアラを使うこと。だいたい2800位は回復するので、かなり楽になります。(これに伴いシェラのEPも高くしておくこと)

クルツ本体は幻属性にめちゃんこ弱いので、社長の強化カオスブランドでだいたい4300程度与えることが出来ます。数発撃てばもう瀕死になってくれるので、1体にさえ持ち込めば負ける要素は皆無です。

ハードモード攻略

上の基本的な戦い方を理解すれば、大方突破可能。以下難所をピックアップ。

ハード0-7

ノーマルとは比べ物にならないくらい強くなっています。対策としては、高ランクのSPDが高いキャラで、ちまちま殴っていくくらいでしょうか。Aリフレックスがあれば跳ね返すことで少しは楽にはなるかもです。またその性質上、おとり戦法が効きにくいのも厄介な点。いかにはやく片方を倒せるか、これに尽きるかなと思います。自分の場合は、最初はSブレイク等でごり押し、2体になったらちまちまロイドとリーヴで避けながら殴って倒しました。

ハード0-10

推奨分隊戦力こそ高いものの、中身は正直雑魚です。ロイドであれば、1000程度しか喰らいませんし、敵のSブレイクは確かに死んでしまいますが、セラスもあるので問題なし。ノーマル同様まずは全体を掃除してから、スコットをソウルブラーで一気に倒し、残った方を水属性でぼこぼこにしていきます。

ハード1章

基本的に難所はなし。ノーマルを楽に突破できた方なら詰む要素はありません。個人的に一番難しかったのが、巨大コブラ2匹のバトル。即死級のダメージを受けてしまうため、かなり苦戦しましたが、デカ物を1匹でも倒すことができれば負ける要素は0。犬に関しては、なぜか攻撃力がノーマルと大差無しというわけで、秒殺状態でした。クルツ先輩に関しても、確かに火力は上がったのですが、HPはほとんど変わっていなかったため、ソーン等で秒殺でした。

ただ戦える回数が決まってはいるため、ティアラルの薬やEPチャージ等のアイテムはしっかりと持ち込んだ方が良いかもしれませんね。


スポンサードリンク
g4395
so5bo



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article