【暁の軌跡】初心者に贈る行動順ボーナスの高確率奪取法 l アデの半可通日記


【暁の軌跡】初心者に贈る行動順ボーナスの高確率奪取法

推奨戦力を大幅に超えているような場合は、意識する必要は皆無に近いのですが、例えば無課金プレイにおける高難易度バトルに挑戦というのを考えた際に、敵に回復50などを与えればピンチになってしまうから奪わなければいけない!、などといった場合に必要になってくるテクニックになっています。


スポンサードリンク

高確率奪取法

ボーナスとはなんぞよ?という方もいるかとは思いますから、一応簡単におさらい。ボーナスとは、戦闘中左側に表示されている行動順のキャラのアイコンの右に表示されているアイコンを指し、例えば!マークであればクリティカル、緑のハートに50と書いてあればCPが50回復するよ!といった具合になっています。

僕個人の優先度的にはHP50回復は絶対敵に与えない、クリティカルとラッシュもなるべく奪う、EPとCPは余裕があれば取る、10関連はHP以外はほぼ無視、といった感じ。HP50だけは戦局に大きく影響を及ぼしてしまうため、下に現れた際はそれを考慮に入れて戦いを進めていきます。

でも考慮に入れるとは言っても、初心者の方にはなかなか難しいというのが現実。どのように行動順を変えるのかイメージもつきにくいように思います。そんな方に向けてここではいくつかの簡単な奪取法を紹介していきます。

Sブレイク奪い

一番オーソドックスなのが、Sブレイクで奪うという方法。溜まってさえいれば、好きな時にいつでも割り込むことが出来るため、安定します。目先に要注意ボーナスがある場合は、温存して奪うように使うと良いかなと思います。注意点としては、ディレイが大幅に増えてしまう という点。行動後にSブレイクをすれば当然その合計がディレイとなるわけなので、よりターンが回ってこなくなるわけです。

そういった性質から ラッシュに合わせて撃てば かなりのアドバンテージを得ることが出来ます。ラッシュと言うのは2回連続行動というボーナスなのですが、どちらかというと そのキャラの蓄積ディレイを0にする というのが本当の効果。なので、行動+Sブレイクのディレイを消しつつさらにもう1回行動出来るというラッシュに対して、ブレイクをすることは効果的な1手と言えるわけなのです。

移動ディレイ調整

知らない人がいればぜひ知っておいてほしいのですが、移動するのと攻撃するのとでは、ディレイはかなり変わってきます。こういったことから、CPを溜める必要がないようなシチュエーションでは、小回りが利くように移動のみにして様子を見ることも、大事になってきます。特にこれが重要なのが、壁役 です。

基本的にCPは殴られていれば溜まっていくため、意識して自分から溜める必要ってのは、実際のところあんまり無いのです。なので、どうしても溜めなくてはいけないなどど言った場合でもなければ、移動のみにして待ってみるのも得策かもしれません。

これとちょっと被るのが、クロノドライブ。クロノドライブでSPDを上げていくことで、小回りが利くようになりやすく、ボーナスを奪いやすくなります。

アーツ奪い

無駄ティアなどで奪ったりするのがこのパターン。この特徴としては、行動を近々に1回追加できるため、真下のボーナスや1個ずらすということがしやすいという特徴があります。このアーツ奪いが狙いやすいのは、ティアやブレスといった回復アーツ、クロノドライブやフォルトゥナといった補助アーツなどです。短縮クオーツをつけておけば、攻撃アーツなどでも狙いやすくなってきます。

もし近々にやばいボーナスがあって、どうしても取りたいという場合であれば、もしかしたら取れる可能性もあるため、アーツをチェックしてみるのも良いかもしれません。

敵にディレイを入れる

耐性に左右されたり、効果が小さかったりもするのであまりお勧めは出来ませんが、敵にディレイを入れれば多少の前後を入れ替えることは出来るかもしれません。例えば、敵同士の順番を入れ替えたりなど。本当にどうしようもないときは考えてみるのもいいでしょう。

シェラの鞭

序章クリアで手に入るシェラには、味方のディレイを50減らすという効果のクラフトがあります。これがボーナス奪取にかなり有効です。またアーツ奪いとは違って、ほかのキャラにボーナスを与える ことがしやすくなっているので、効率よく奪取を狙うことが出来るわけなのです。難点なのが消費CPが多いという点で、うまく活用するためには計画的に行動をしていく必要があります。

以上が奪取法です。そのほかにも先読みをして狙っていくことで、より確実に奪うことも出来るでしょう。またこれらは奪うというだけではなく、敵に与えないという見方も出来、例えば回復アーツなどを使う場合は、敵にボーナスを与えてしまわないように注意をしたり、もし回復アーツでボーナスを与えてしまうのであれば、クラフトによる回復を狙ってみる、などといった思考をすることも出来るようになります。


スポンサードリンク
g4395
so5bo



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article