【暁の軌跡】今後の予定と方針など date 2016 11-04 l アデの半可通日記


【暁の軌跡】今後の予定と方針など date 2016 11-04

長らく更新が滞っておりましたこのブログでしたが、今後の予定と方針をお知らせしつつ、更新をさせていただきます。

0032796


スポンサードリンク

今後の予定と方針

暁の軌跡自体はプレイをしていました!

更新をサボっていたこともあって、多くの方は筆者が暁の軌跡を引退してしまったのでは?などと思われた方も多かったとは思いますが、実際はそれなりの頻度でプレイを進めていました。まあとはいっても、それなりですが・・・。

てなわけで今現在の状況というのを軽く書いていきます。

今現在は分隊レベルは40間近、毎日日課を出来る限りこなしているという状況です。またツイッターを見てくださっている方はご存知かもしれませんが、実は リーシャ狙いで回したガチャでシャーリィとリーシャを当てています。で、これが今回の更新停滞の理由。

pt406

pt404

まあ勘のいい人なら更新が滞っていた理由も分かるかとは思いますが、この2キャラ使ったら無課金じゃなくなるんじゃ? という理由で、しばらく方針を考えておりました。そこで出た結論が以下。

誰でも推薦状600枚で1体は強いキャラが手に入れられる

誰でも推薦状を600枚集めることが出来れば、ガチャ限といえど無課金でも入手することが可能です。これに伴い、1体は強キャラが確実に無課金PTに加わる というとこから、シャーリィとリーシャの2人をメインで使うのはさすがに無課金とは言い難いけど、1体ならまあいいんじゃね?という結論になりました。

僕は無課金だからガチャキャラなんて使わないぜ! とか考えている人もいるとは思いますが、手に入れられる手段がある以上、そういう作戦を執るのは極僅かと思われるため、むしろ1体は使ってあげたほうが、自然な無課金攻略になるんじゃないかな?とも考えられます。

以上の点から、リーシャ (間に合わないor他に好きなキャラがいれば別のキャラ) は無課金でも必然的な存在であるということになるので、今後の記事はこの考えを前提に読み進めていただければ幸いです。本編はここまで、以下は読み物。

無課金って縛りプレイなのか?

最後に無課金プレイというのは縛りプレイなのか?という点について考えていこうかなと思います。

最初に僕の結論を申して上げておきますと、無課金プレイというのは 健全なプレイであり、想定されている通常の範囲のプレイ という結論です。

そもそも縛りプレイって何なのか?この定義というのを少し掘り起こして、自分なりに書いていこうかなと思います。

縛りプレイの定義

縛りプレイというのを字から意味を考えていけば、その名の通り 通常プレイで使われるのが想定されるサービスや機能を縛って、プレイする と考えられるでしょう。おそらく僕たちが普段から使っている縛りプレイとも意味が合致しますね。

ではここから少しずつ拡大して解釈をしていきましょう。ではどういったものが 想定されるサービスや機能 となるのでしょうか?まず主体を考えます。(※主体とは視点のようなもの) 当然想定するということなので、このゲームを作ったり管理したりしている人 がそれにあたるのは言うまでもないかなと思います。そういった人たちが、ユーザーにどのようにプレイをさせて、どのように自分たちのサービスを受けてもらうか?といったことを、考えているわけです。

ここまでは僕の意見というよりは前提条件になります。くれぐれも主体を誤って、自分たちの視点で考えないようにしましょう。

主体が分かったところで、では実際どうなんだという話に移ります。そもそも無課金プレイというのは運営が想定している遊びに含まれるのか?というのが論点になります。その点、おそらく 含まれている と考えるのが妥当ではないでしょうか。そもそも課金というのは、無課金状態よりも楽にするための手段にすぎません。

つまりは、課金プレイの方がイレギュラー と考えるほうが自然なのです。でなければ、無課金者が一切遊べない環境になってしまい、ゲームバランスもどんどん崩壊をしていくはずです。今現在無課金でも抜けられる手段が豊富にあることからも、無課金を完全に捨ててるゲームではないことは明白でしょう。

以上から、無課金プレイは通常想定される遊びに含まれることから、縛りプレイに含まれないと推定されるという結論が導けます。※僕の持論

ちょっと応用

以上の思考から、こんなことも考えることが出来ます。以下は皆さんなりに結論を導き出してみてください!!

フレンドを利用して探索をクリアするのは、真の意味でクリアと言えるのか?


スポンサードリンク
g4395
so5bo



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article