【暁の軌跡】キャラ考察 ロナード編 混合PTの重要キャラ l アデの半可通日記


【暁の軌跡】キャラ考察 ロナード編 混合PTの重要キャラ

多分今の環境で主人公ズの中で一番強いのは誰?と言われたら、間違いなくロナードと僕は答えます。実際にクラフトレベルを上げて使ってみたところ、使い勝手が思いのほか良かったので、究極覚醒しようかと思っているのですが、中々引けません・・・。リーシャ究極イベでは一応スタメンとして出しています。

ロナード

パッシブキャラは置物なんていう考え方をする人も多いかとは思いますが、それは違います。ゲームとは関係がありませんが、将棋の世界では遊び駒 (直接戦局に絡んでいない駒) をいかに上手に使えるかというのも、大事な要素となっており、このことは、このゲームにおいても変わらないというのが僕の結論です。

さてそんなパッシブ性能を持つロナード君の考察を始めていきます。

ステータス面

pt311

能力は他の主人公同様ちょっと低め。まあ入手難易度を考えれば妥当なところでしょうか。参考に同じ攻撃型のリーヴが36あたりでATS1000を超えだしてくることから、ロナードも1000あたりは超えるんじゃないかなという予想。上げてないのでそのあたりはいまいち分かりませんが、40レベルになれば少なくても弱いキャラではなくなるというのは、間違いないかなと思います。

pt312

上のクオーツ構成は適当ですが、ラインは3-1-1-1の複数ライン。てなわけでまともに組めるのはこの内3ラインの方。また組めても風属性の縛りがあることから、メルティが限界。簡単に役割を作れるホロウが組めないのが少し厳しいですが、クロノドライブやフォルテなど、直線ラインには勿体ないバラバラの属性を揃えていくのもありかなと思います。

また、アーツを捨てて、HPなどに特化させればそれなりのHPは見込めるので、やられにくさも若干ではありますが上がります。さらにいえば、HPパッシブ持ちのキャラを併用することで、そちらでも上昇は見込めることから、実際のところそこまでHPの低さというのは気になりません。最悪、プラチナでも装備させればおk!

プラチナを採用するキャラは、アガット(自己犠牲からのダメージアップ狙い) か瀕死狙いでの物理アタッカー運用 (ステルスがあるリーシャ位しかいない)、前衛配置によるHP上昇目的にしか理由がないので、問題なしです。

クラフトの性能

クラフト性能に関しては結構優秀。もちろんエステルとかには勝てませんが、パッシブ持ちの中ではトップクラス じゃないかなと思っています。比較対象としてはエンネア (エンネアの方が強いは強いけど、石化・気絶クラフトがあまり輝かない、というか範囲だから、状態異常が決まらないと手痛い反撃を喰らう可能性あり) とかセルゲイ (強キャラだけど全体的にロナードが勝る) なんかもいますが、パッシブの伸び、育てやすさに加えクラフトの性能の強み、どれを取っても優秀です。

pt310

クラフトにはボクサーラッシュとホットロードという技がありますが、前者は単体遅延、後者は小円たまに火傷。どちらも複数を相手にできないのが弱いところとされていますが、果たしてそうなのか?きちんと考えてみてください。そもそもロナードみたいな中堅火力の持ち主が、範囲で変にダメージを与えたらどうなりますか?当然 相手のCPを無意味に上げてしまう ことからSクラフトの回転率が上がりますよね。もちろん範囲の方が活躍という点では見込めますが、役割という点ではどっちかという単体の方が彼には合ってると言えるのです。

というわけで、攻撃範囲が狭いという弱点こそがむしろ個性になっており、それこそが彼の強みとも言えるわけです。この点ノエルとかは、通常攻撃すら範囲攻撃になってしまうので 他の性能は高いものの、イベントでは使い勝手はよろしくないです。もちろんきちんと火力を上げてアタッカー運用するという話なら別です。

ロナードの役割

アーツ混合PTなら必須級

アーツ物理混合PT最大の弱点は、アタッカーの数を確保するのが厳しいという点。それはそうですよね。だってアーツのパッシブ持ち(レクター等) は入れておきたいですし、そもそもアーツのアタッカーの数も確保したい。そんなとこに物理アタッカーを入れてしまえば、いわゆる器用貧乏状態を招いてしまい、中途半端なPTになってしまいます。当然物理アタッカーを用意するなら、物理パッシブも欲しくなりますしね

そんなときに活躍してくれるのが、ロナード。パッシブ持ちでありながら、狙ってピンポイントに遅延を狙える、そして火傷で更新等も出来る、これらを考えれば、戦力として十分に考えられるわけです。

物理PTでも活躍可能性あり

クロエやヨシュア、エステルなどと組み合わせれば、遅延を最大限に生かすことが可能。HPの低さやMOVの低さをカバーする必要はありますが、下手なアタッカーを入れるよりは全然活躍してくれます。

HPの低さを利用して、アーツの標的になれる

HPが極端に低いため、相手のアーツ対象になることが多いです。控えにアーツ反射持ちをあらかじめ仕込んでおいて、タゲを受けた瞬間に入れ替えたりすることで、大乱闘等でも一定の活躍が見込めます。またそれを見込んだ陣編成にするのもよさそうですね。もっといえば、HPが低いということは、簡単に瀕死状態になれるということですから、実はプラチナとも相性が良いです。

以上ロナードの考察。どんなアーツを組めばいいかとかは、そんなのは考えれば分かると思いますし、その人の使い方によっても変わってきます。ロナードにアーツで殴らせても別にいいわけです(現実的には厳しい)。ロナードは弱いなんて言われてますが、今現在の覚醒のしやすさから考えると、十分強キャラになりえるわけですし、育成の余地はあると思っています。実際僕も使っています。


スポンサードリンク
g4395
so5bo



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article