アニメを久しぶりに見てるが、時代の変化は感じなかった l アデの半可通日記


アニメを久しぶりに見てるが、時代の変化は感じなかった

samune-anime1

アニメも長らく見ていなかったけど、最近ふとしたきっかけで見てみようかと思って見てみたら、案の定はまってしまったという話。にわかが送るアニメの話。興味があれば是非ご覧あれ!!


スポンサードリンク

僕の好きなジャンル

僕の好きなジャンルといえば、恋愛が絡む系のお話。いわゆるハーレム物というのはそこまで好まないけど、あんま考えずに見ることの出来るアニメ ( ネタの多いハーレム系 ) は見たりもする。スポーツアニメなどはほとんど見ることはないけど、青春系は大好物。子供のころからこのジャンルだけはつい見てしまうという、ませたガキだったことを覚えています。

ただ子供のころは深夜まで起きているわけにもいかず、ネットなども当時は普及していなかったため、この手のジャンルのアニメを見る機会は実際のところなかった。( 漫画などで見る機会が多かった ) そんな僕の子供時代の好きなアニメは、D・N ANGEL です。( ※少女漫画 )

もちろんこういった傾向も歳をとっていけば変わるわけで、その変わっていく過程でいわゆるアニメ自体に飽きてしまったがゆえに、見なくなったというのが僕の傾向かなと思います。

アニメの良いところと悪いところ

こういったテレビ系列の番組には一貫してある特徴がある。それが、週1ずつ物語が進んでいく というもの。これが若いころの自分にはとても刺激的なものになっており、早く続きが見たい!続きはどうなるんだろうと常に頭から離れない状況になってしまっていたわけです。ただこの続きを知りたいという願望は、大人になるにつれ徐々に解決していくものだと私は考えています。

それはなぜかといえば、単純に原作を買ってしまえば、アニメの中での話の行く末は知ることが出来る からというもの。先を原作で知ってしまっていれば、アニメ内での多少の改変はあるものの、基本的に話の筋というものは変わらないわけですから、このわくわく感というのは薄れてしまうわけです。

このわくわく感というのがなくなれば当然アニメに対する見方も変わってくるわけで、例えば進行の遅さが気になってしまったり、続きを考えるなんていこうことも当然なくなるため、没入感も減ってくるのかなと僕は考えています。

まとめてしまえばアニメというのは、進行の遅さが次回の期待に繋がることもある反面、その遅さが視聴者にストレスを与えたり、原作購入に踏み切らせていきアニメの没入感を減らしてしまう。といったことです。

今期のアニメを見ての感想

まず僕の好きな世界観と合うものしか基本は見ないので、すべての網羅をしているというわけではありませんので、あらかじめご了承を。大体1期間で3~5作になることが多いです。

基本的にガッツリバトル系とスポーツ系は見ない

今期注目作の中に、何本かこれに該当するものがあります。例えば ハイキュー。自分はジャンルが合わないということで見てはいませんが、それはあくまでもジャンルが合わないだけで、その作品がつまらないということではありません。このハイキューに関しても1期の方を面白いなと思って見ていたのも事実です。ただ最後まで見続ける気力が沸かないというのもあるため、基本的にガッツリ系は見ることはありません。こういうのって1話見逃すともう見なくなっちゃうタイプな気もしますし・・・。

やっぱあほくさいアニメのほうがタイプ

今期でいえば、落第騎士 くらいのテンプレ的な物語ではあるものの、あのくらいぶっ飛んでるほうが1人で見てる分には楽しいかなと思います。あとは 終物語 なども見ていますが、物語シリーズ自体が好きなのもあって、シリーズだから見てるという感じに近いかもしれません。具体的な作品紹介は今度書かせてもらいますね。

アニメは見ないけどアニソンは知っている状態

アニソンは基本的にノリやすい曲調になっています。耳に残りつつつい口ずさんでしまうようなものも多いです。僕はアニソン以外も歌はもちろん聞きますが、アニソンも大好きなタイプの人間です。そのため、アニメは全く知らないけどアニソンだけは知っている作品というのが結構あるんですよね・・・。特に最近はアニメを見ていなかったのもあってこの傾向が強いです。今期も ランスアンドマスクス という作品のアニソンは好きだけど、作品は見てないという事案が発生しております。

テンプレの良さに関するまとめ

だらだら書いてても飽きてしまうと思われるため、今回の言いたいことを今までの話をまとめながら書いていきます。今期のアニメをざっと見た感じ、僕のようなアニメから一時撤退していた人でもあの頃のように楽しめたというのが、感想です。これはテンプレというべきかは分かりませんが、原作を知らない人に対して、続きを気になるような物語構成、そして程よい物語の進行度 これらアニメの良さというのは、今も昔も変わらないんだなということを改めて実感することが出来ました。

僕たち世代はもうアニメに没頭することもあまりないかもしれないけど、世代交代というべきか今の若い子たちがこういったアニメを見ることで、僕たちと同じあのわくわく感というものを感じるんだということを考えると、どこか不安はあるものの嬉しいものだと感じてしまう自分がいます。今のアニメの表現や、既存のものと似ているなどといったテンプレ化で色々言われてはいるものの、アニメ自体に触れるのが初めてな人にとっては、このテンプレも大事なことではないのかな?と考えています。

僕も程よいわくわく感を持ってしばらくはアニメを見続けてみようかなと思っています!


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article