【アプリ】魔法図書館キュラレをプレイ!! やることないけど・・・ l アデの半可通日記


【アプリ】魔法図書館キュラレをプレイ!! やることないけど・・・

今回もアプリのレビューを書いていきます。というか最初だからちょっと書くのですが、コンシューマーゲーム少なすぎる…。というかゲーム自体がもうだめなのかというくらい、勢いがない。ギリギリソシャゲで生き残ってはいるものの、ソシャゲってあんまり個性的なのが無いから、どれをやっても既視感がすごいです。そんな中今回は個性の塊でしかないこのゲーム、

img_0110

知名度がおそろしくひっくい魔法図書館キュラレの紹介をしていきます!!この前いとこにこれを見せたのですが、なにこれって言われてしまいましたよ!!面白いんだから運営頑張ってほしい。


スポンサードリンク

魔法図書館キュラレ

システム紹介

img_0111

基本システム

パッと見は正直くそゲーにも思えるのですが、特に戦闘画面が…。現に僕もそれを開始数秒で確信したのですが、それは大きな間違いでした。強敵と戦うようになってくると、ごり押しがしにくくなってくるため、様々な戦略をとっていくことになります。その戦略を練ってプレイングをしていくのがかなり楽しい。

img_0112

このゲームには役職と呼ばれるものがあって、基本的にはその役職で固めたほうが、より戦闘効率を高めていくことが出来ます。そして、この役職が本当に成功しているのがこのゲーム。例えばヒーラーであれば、もちろん回復に特化しているため守備的には強いのは間違いないのですが、色々とカードを変えていくと攻撃的なヒーラーも作り上げていくことが可能なのです。これがどう生きるのかというのは次のコラムで。

マルチがとにかく面白い

このゲームある程度進めていくと、基本的にマルチプレイしかしなくなります。その際に生きてくるのが、上で書いた戦略です。このマルチは、自由参加形式なので、誰がどんな風に参加しても基本的に問題がありませんが、職業に制限があるため、たとえばヒーラー4みたいな構成は基本出来ません。そのため、参加した各々が上手に役割をこなしていかなければ、安定して倒すのは結構難しかったりはします。まあ、低レベルであれば問題なく突破できますが。

で、このマルチの参加権はほとんど制限が無いに等しいので、参加し放題です。もちろんホスト側も簡単に作れるので、こちらも問題なし。ただ問題なのは、人が少なすぎて、マルチないよー という点。本当に過疎ってしまっているので、同じ人しか見ないなんていう状態をちょくちょく見かけます。

無課金でもどうなの?

正直最上位レベルを目指しているのでなければ、特段無課金とか有課金とか正直分からないレベルです。というか、育成アイテムがほとんど手に入らないので、上げるのすら一苦労。また、最上位のカードの方がいいのかといえば別にそうでもないです。このゲーム カードの効果自体は★毎に存在しているので 別に★6のそのカードじゃないとダメみたいなことは一切ありません。

というかこのゲーム確率こそ低くなるものの、そこそこガチャを引かせてくれるので、最低限の戦力は簡単に整うようなシステムになっています。また、どうせ限界突破があるので、★6よりも重ねた★4とか★5の方が良かったりは結構あるんじゃないのかなと思っております。また、低レベルの内ですと、コストが制限されているのでそんなに強いカードで組めないという点も、これに拍車がかかっているのではないのでしょうか?

運営さんもうちょっとやる気だして!!

そんな風にべた褒めをしている自分ですが、実際は不満も多いです。確かに年末はこのゲーム1日中やったりもしていたのですが、今はログインしかしていません。それはなぜか?運営さんイベント飽きたよ!! というもの。

基本的にイベントしかやることもないので、ひたすらそのイベントをやっていくのですが、そのイベントが弱いレベルの内だと2種類しかないので、やることがほとんどない!!ずっとギター少女と戯れていないといけないのです。ここがとにかくしんどい。

これだけのゲーム性があれば、おそらくもっと上にいけたであろうゲームなのに、ちょっとやることが少なすぎる…。

最後に

てなわけで今回は魔法図書館キュラレの紹介でした。これを読んで少しでも気になってくれた人がいれば、ぜひ始めてみてほしい。とにかく人が足らない。このゲームには絶対的に人が足りない。上には書いていませんが、このゲーム落札形式のガチャみたいのがあって、それをプレイヤーで取り合う(どれが来るかはランダム、数だけが表示されている) 的なのがあるんですが、めちゃ余ってます…。この前なんて、バグなのか知らないけど、★6のキャラがすごい数あって、取り放題でした。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article