【ブログ運営】更新とプレビューの関係性について 01 l アデの半可通日記


【ブログ運営】更新とプレビューの関係性について 01

ブログ運営2つ目のカテゴリーです。今回は、更新とプレビューについてのことを書いていこうかなと思います。ブログでよく言われているのは、毎日頑張って更新するんだ!ということですね。確かに、これは間違いとは言い切れないのですが、必ずしもそれが正しいというわけではないということを伝えていこうかなと思います。

そもそも毎日更新をしたほうが良い理由って何なの?

更新をした方が良いというのは実は都市伝説

ネット社会になって、情報というのは物事の1片だけでしか語られなくなったり、伝言ゲームのようにそもそもの意図とは違うように伝わっていくようになる傾向にあります。この更新をした方が良いというのもその一つです。

そもそもなんで更新をした方が良いのか?これを考えていきます。ただ、考えたほうが良いも何も、やったことがない人には想像もあまりつかないとは思うので、今回も順序立てて書いていこうかなと思います。

更新のメリットは実は最初だけ!?

よく言われる毎日更新が大事というのは、実際のところ 最初だけ です。というのも、毎日更新を続けていくことで、検索エンジンが巡回してくれるようになるからです。巡回というとちょっと意味も違うかもしれませんが、毎日更新を続けていくと、検索等でなるべく上の方にヒットするようになる、という感じでしょうか。

中にはスパム的なサイトであったり、コピペで人の記事をパクりまくっているサイトもあるので、そういったサイトは検索エンジン側も避けるような傾向があるようです。だいたいブログとして認められるのが30記事程度となっているので、ちょうど1月くらいは 更新するだけの作業という感じになります。

ただし実はこの最初だけというのも必要なかったりする場合もあります。その場合というのが、検索エンジンに頼らず、リンク等からアクセスを稼ぐ方法。こうすれば、おのずとアクセスは確保できるようになり、勝手に検索エンジンにヒットするようになります。

注意点としては、軌道に乗ったからといって、更新をサボりすぎていると、サイトレベルというのが下がって、検索エンジンのヒット優先度が落ちてしまいますので、更新をしなさすぎというのもいけません。

意味のない更新はかえって悪影響

例えば挨拶だけで記事を終えるなどの、内容がほとんどない物は、それだけしっかりと読まれなくなることから、直帰率 (すぐにほかのサイトへと移動すること) が上がりやすくなるので、結果としてサイトレベルが下がっていき、検索エンジンの優先度が落ちていきます。その為、更新をしよう!とはいうものの、正確には 中身のある記事を更新しよう というのが、実際のところなのです。

更新ばかりを謳うのは実は・・・

ただし、中身がなくても更新をすることで得られる対価がある場合があります。それが、いわゆるブログの管理人にアイドル性がある場合 です。例えば有名人であったりした場合、ちょっとした挨拶だけでも、コメントがずらっと並んでいくことになるでしょう。そうした場合は、確かに内容がなかろうが意味はあるものになります。

こういったことは、固定読者がいかにいるか? というところにあります。僕のブログのように固定読者があまりつかないタイプのブログですと、この手法を取ってもほとんど意味はありませんが、一定条件のもとこれが成立するようになると、その作業量に応じて収益が上がっていくことになります。

ただ理解してほしいのは、これはあくまでもブログで成功した或いは、すでに成功して知名度がある人向けの手法です。初心者の人がこれをやってもほとんど意味はないと思われるので、やはり更新をするなら中身をしっかり作り上げてからするのが無難なところでしょう。また、このことを書かず、ただ単に更新をしていこう!なんていうアドバイスをしているのであれば、少なくてもブログ初心者にはタメになるような情報はないんだということを、露呈しているようなものなので、参考にしないほうが良いのは間違いないでしょう。

今回のまとめ

今回は更新について触れていきました。確かに、更新は大事なのですが、その更新の仕方というのを理解しておかないと、ただの骨折り損になりかねないということを、理解しておいてほしいなと思います。最後に目安を。おおよそ30記事内容があるものを書いていければ、間違いなく収益は発生するようになります。

前へ
次へ


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article