【ブログ運営】更新とページビューの関係性について 02 l アデの半可通日記


【ブログ運営】更新とページビューの関係性について 02

このページでは、更新とページビューの関係性について 01 の続きとなります。今回は、ページビューの考え方について書いていきます。

ページビュ-とセッションとユーザー数について

言葉の意味

そもそもこれらの言葉の意味をまず書いていきます。この中で一番わかりやすいのが、ページビュー数でしょうか。ページビュー数というのは、多くのブログでも使われるフレーズで、単純なページ表示数を表します。例えば、Aさんがサイトに訪れた後に、表示された回数がそのまま反映されます。つまり、そのユーザーがページを見れば見るほど この数値というものは増えていきます。

次に分かりやすいのが、ユーザー数でしょう。ユーザー数というのは、1日に訪れた単純ユーザー数を表します。つまり、Aさんがどれだけページビュ-を上げても、日の範囲であれば1ということになるのです。


スポンサードリンク

最後がセッションとなります。セッションというのは、1回 (約30分) の間に訪れた回数です。つまり、サイトを見ていたけどその後1回閉じた後にもう一度 (約30分) に訪れれば2とカウントされます。逆に閉じなければ1のままです。(例外として、一切動いていない場合は、2になることも)

ここから分かるそれぞれの関連性

というわけでこの3つからだいたいブログがどんな状態なのか?というのが分かってきます。例えばユーザー数が多くて、ページビューが低いといった場合は、知名度はあるんだけどブログに引き込めていないかもしくは、新規ユーザーが極端に少なく、最新ページだけ確認して離脱している、という感じでしょうか。

逆にページビューが多いけど、ユーザー数が少ないといった場合であれば、タイトルのインパクトが弱いなどなど原因が考えられます。セッションからもこういったことが考えられます。例えば、一日の更新回数が多ければ、それによってセッションがどう変わるか?というのも見ることができます。※一日3回更新して、ユーザー数とセッションの開きがあれば、熱心に読んでくれている人が多い、ということにも繋がります。こういった場合は、更新回数を増やしていけばより集客も出来るようになるかと思います。

正直な話

実際これらの数値はあんまり考える必要はないと思います。一般的には大事だと言われていますが、そんなの意識しなくても勝手に上がっていくのが普通です。確かに、工夫という点では必要になってきますが、小手先の工夫よりも1つ1つの記事を意識して書いていくことが大切です。とりあえず意識しておけば良いことは、セッションやユーザー数から人はどのくらい来ているのか?そして、プレビューから記事が面白いか?これだけで良いと思います。

今回のまとめ

PVといった言葉というのは、あくまでも目安です。大事なのは自分の狙い通りブログを運営出来ているか?というところにあるかと思います。ただ、普遍的にアクセスを稼ぎ続けるのであれば、ユーザーの機嫌に左右されない、検索ワードでしっかりと集客をするというのは、大事なことだ思っております。

ちなみにこれらを調べるには、google analytics 導入しましょう。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article