【脱オン】ゲーマー三国志の開幕 MMOが辞めれない理由① l アデの半可通日記


【脱オン】ゲーマー三国志の開幕 MMOが辞めれない理由①

前回の記事 →辞めることに必要な意識とはなんだろうか

全体的な流れとしては上記の続きになりますが、話の流れとしては → 本当は辞めたいんだけど辞めれない・・・ の続き。コミュニケーションの肥大化についての続きということになります。

HIRO93_nekonoyume-thumb-1000xauto-18040


スポンサードリンク

オンラインゲームとは戦場である

本記事から遂に「MMORPG」についての話になっていきます。どんなものでもいいです。某10でも良いですし、某宇宙ファンタジーでも良いでしょう。一応前提としては、「辞めたいと思っているんだけど、なんでか辞めれない」を対象としています。またすべての人に対して言えるわけではないこともご了承を。

さてまずMMORPGというものがどんなゲーム性を持っているのか?というとこから入っていきます。MMORPGというのは不特定な多人数のプレイヤーがゲーム空間に同時に存在して、かつその空間内でコミュニケーションを取ることが出来る性格を有するRPGというジャンルです。同時に、空間は閉鎖空間でありその空間内では、運営による律が設定されており、その律を守ることで僕たちは遊ぶ権利を得ているとされています。

近年ではこういったMMORPGというのは割とメジャーなジャンルにはなってきているものの、後天的世代 (第一回参照) にとってはわりかし真新しい、もしくはドラクエ10などにおいては初めて触れたなんて方も多いんじゃないかな?と考えております。これじゃあまりにも雑なのでもうちょっと詳しく見ていくとしましょう。

ゲームユーザーの分布

そもそもゲームユーザーの定義とは何なのか?①まず当然ゲームをしている、②短期的ではなく長期的にゲームに触れているというのが妥当なところ。なぜ短期的じゃだめなのか?というとこにも触れておきますと、もしこういった条件を定めないとしてしまえば、極端な話人生で1秒でもゲームをしたらゲームユーザーと定義されてしまうわけで、そんな人まで話の主人公として書いていったら、話の範囲が非常に広くなって混乱を招きかねません。ということで、一定の条件というのを加えているわけです。

以上の定義の上さらにゲームユーザーを分類していくと、いわゆる僕のようなコアゲーマー (ゲームの主成分が高く、ゲームの攻略を楽しんでいるような人)、ライトゲーマー (ゲームを遊びの一環として楽しんでいる人)、Xゲーマー (これから話をしていきます) といった部類で分けていくことが出来るでしょう。このユーザー分類は話がまったく変わってしまうので説明は割愛します。

この中で、辞めたいけど辞めれないユーザー層はどこか?勘違いしないでほしいのは 辞めたい けどですよ。答えは謎のユーザー層Xとなっているわけです。X層っていうのは実は定義できない存在で、だって考えれば分かると思いますが、ゲームっての楽しむか攻略するかしかないわけで、もしつまんないと感じるなら辞めればいいわけですし、ゲームとして楽しんでいるのであればそれはライトやコアに分類されるはずです。

でもライト層とコア層ってのは別に辞めたいと思ったら辞めれる存在なんですよ。じゃあXって何なんでしょうか。まあ言うまでもないでしょう、Xは MMORPGによって生み出された存在なのです。そんな存在をMMOゲーマー なんて呼称していこうかなと思います。

こうしてゲーマー三国志が始まった

以後話が分かりやすいように、「すべてのゲームユーザーはゲーム空間内において、ゲームの規約の下に平等である」なんていうかっこいい定義を書いておきます。これは問題ないですよね。決められたルールの中で有れば、ゲーム世界では全員平等っていうことです。同時に、その中で人と人で取引なりをする場合は、一方的に不利な取引にならないよう、平等で行いましょうっていう意味合いもまた隠されています。

さてコア・ライト・MMOの3大勢力が今ここに誕生しています。うん、もちろん最初はみんな一つの大きな塊だったんですよ。ただそこから始めるとまぎわらしくなってしまうので、もう3大勢力に分かれているという状態から話を進めていきます。ちょっとだけこの世界の住人をのぞいてみましょう。

あるコア軍のベテラン将軍A君は、今日も元気にせっせと攻略をしていましたとさ。そんな中謎の革命児B君が、どんどんと出世をしていき、なんとあっという間にA君の上司になってしまった!そんな状況下に置かれたA君は自信を無くしてしまい、コア軍を辞めるだけでなく、軍からも姿を消してしまったのだった。

そんなA君を慕っていたCちゃんも後を追おうと決意をし、最後にA君との思い出の場所を巡っていたところ、かわいいルックスのせいかライト軍の幹部からうちのとこに来ない!?(おじ) なんていうスカウトが届くのでした。どうせなら今までの知識をライト軍に生かしてもらおうと思ったCちゃんは、ライト軍にちょびっとだけ加入を決意するのでした。

謎の物語が展開されてはいましたが、これ実は日常茶飯事に起きているMMOの現状です。もちろんこれはあくまでも活性期の話。ここでじっくり考えてほしいのが、コア層からライト層に移動してしまうユーザーってのは多いのですが、じゃあライト層からコア層に行こうと思うユーザーがいるのかというとこです。これ実はほとんどないです。

もちろん豊臣秀吉ばりの野心家ならあるかもしれませんが、基本的に掲げている思想そのものが全く違っているので、ありえないんですよね。じゃあなんで天下りのような現象が起きてしまうのか?というとこも見ていきましょう。

ネットにはこんな記事があります。▶ いろいろな「はてな」に触れるブログ様。この記事にあるように人間には様々な欲求が存在しているのです。そしてこの欲求には大きな特徴があります。一部の欲求を除いて、他の欲求である程度カバーをすることが出来る ということです。もちろん物理的にどうしようもない欲求はあります。そんなのを生理的欲求なんて呼んだりもしますね。(厳密にはちょっと違う)

つまりこういうことです。確かに掲げている思想は違うものの、欲求はある程度の代替えが可能なので、そのテリトリー内で満たされない欲求が生まれたとしても、別の欲求でそれがカバー出来るのであれば、乗り換えることが可能 ということ。要するに、Cちゃんは攻略したい!っていう達成欲求的みたいなものかな?が満たされなくなってしまったんだけど、その代わりに何らかの欲求の代替えが起きて、まあライト層になっても良いかなと思うようになったという具合です。

話が長くなってしまいましたが、この話は次回に続いていきます。次回は遂に現れるMMOゲーマーです。

続きはこちら MMOユーザーの正体 MMOが辞めれない理由②


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article