【脱オン】MMOのプレイ時間を無駄に思わないこと l アデの半可通日記


【脱オン】MMOのプレイ時間を無駄に思わないこと

前回の記事は → 未練なんてものはあって当然だが結果には及ばない

誤字脱字や構成がおかしいとこもあるかと思いますが、あくまでも自分の考えてることをストレートに書いてるだけなので、細かい手直しなんかはしていません。その辺りは各自補填して考えていただければ幸いです。

この記事からは皆さんがC子になったつもりで、読み進めてみてください。結論から言えばC子はきちんと引退できます。ですが、その結末を見るのは皆さんがDQ10やPSO2、FF14などのMMOワールドを実際に引退してからとなります。実はこのシリーズの以前に →僕が3年間やってきたDQ10を辞める事が出来た理由 01 の記事も書いています。こちらも似たようなことが書かれているので、興味があればご覧ください。(02はありません。)

c845_konkuri-thumb-1000xauto-15047


スポンサードリンク

理由付けは社員

僕らの潜在意識は、常に行動をまたは考えを支配していきます。行動に変化を与えるというのは以前にも書いたのでいいでしょう。ここでいう考えというのは、前回書いた目視化の話です。自分が実際に起こした行動について、たぶん実際はこうしたかったからしたのかな?といったようは理由付けを指します。この理由付けというのは潜在意識とは似て非なるものであり、むしろ潜在意識によって操られてしまっているそんな存在です。簡単に言えば潜在意識が会社、この理由付けは行動と同じ社員と考えると分かりやすいかと思います。

皆さんに理解してもらいたいのは、こうした理由付けはただの自己防衛の手段でしかないということです。あなたは自分の本当の潜在意識と向き合わないといけないのです。こういったテーマを扱ってるゲームにペルソナ4というものがあります。まだ未プレイで有れば、引退のきっかけを作ってくれる作品になるかもしれないので、ぜひプレイしてみてください!

MMOの時間を無駄と思うな!

長きにわたってプレイしてきた方で、辞めれない方に多くいるのが こんなくそゲーを自分はなんでプレイしてしまったんだ という後悔の気持ちを持っている方です。セリフというものにはセリフ本来の意味とその場においてのみ限定される意味というのがあります。

このセリフの意味を単純に考えていくと、くそゲーという自分が評価しない物と、自分の浪費した時間が釣り合わないことに悔み、全体的に嘆きを与えていると解釈が出来ます。つまり時間の割に合わなかった!というのがこのセリフ本来の意味になるわけです。ではこれを引退という葛藤の中という、極々狭い状況での意味を考えていきましょう。

この場合このセリフの意味に加え、引退の葛藤中という補充性の情報が加わるので、より鮮明に気持ちを汲み取ることが可能です。まず辞めたいと思ってるのに辞めれないということは、このセリフにおける くそゲー が正当化における言葉ではないかと推測が可能です。つまり、自分が辞めるゲームというのはくそゲーだという暗示から、だから辞めたいんだと結び付けていると考えることが出来るのです。実際はくそゲーとは思ってない可能性が非常に高いフレーズかなと思います。

同様に考えて、なぜプレイしてしまったのか?というのは、理由を探すことを怖がっているとも考えることが出来ます。実際は理由なんてないんです。あったとしてもそれは所詮後付けの理由。もしかしたらもう付けられる理由もない、すなわちプレイしてしまうことに正当化することも出来ない、だから辞めたいと考えてしまう。そんな風にも読み取れるのではないでしょうか?

こんな風に、状況におけるこのセリフを考えると、いくらでもその本音というのは読み取れてしまうわけです。何度も言いますが、理由が正しいもので、しっかりと理解が出来ているのであれば、まず辞めれます。辞めれないのは自分自身に嘘をついてるから辞めれないのです。

僕の引退時の気持ち

僕自身も引退時の気持ちを忘れないようにブログの記事にしております。 → サポメモ最後の記事 にて掲載しておりますので、もしよろしければご覧ください。どっちかというとブロガーとしての話ですが・・・。

見るのが面倒くさいという方に要約すると、DQ10のモチベというのは自分自身フレンドがいるから惰性でやっていたとこもあれば、本来の目的である攻略による楽しみは無いけど、なんだかんだ楽しめていたからやっていたという2点があり、その本来の目的である攻略の楽しみを取り戻そうということでブログを始めたのですが、軌道に乗せることが出来ずまた、ドラクエ自身にもついに飽きてしまい、引退したという話です。

確かにドラクエ10ではあんまりいい思いをした経験というのは無いのですが、やっぱり様々な人と出会ったことで、自分自身僅かではありますが成長できたんじゃないかな? と思っております。それはブログという行動を起こすことであったり、世間は割と消極的に考えるんだとかなどなど、自分とは違う考え方を持っている方に多く出会い、その中でも自分に必要な考え方というのをしっかりと刷り込んでいくことが出来たように思えます。

こんな風に、自分の気持ちを否定しない。素直に書いていくというのも実際大事な事のように感じます。当ブログではこういった素直に引退したい本音を書いてくれる方を募集しています。コメントなどを活用すると、どうしても重くなってしまうので、もしよろしければメールかツイッターのDMにて愚痴でもいいので送ってもらえればうれしいです。

その際は1000字~2000字の範囲で送ってください。またこの愚痴などは、ほかの辞めたい!と思う人にとって励みになる可能性も高いため、ブログにて掲載させてもらうこともあります。もちろんそれに対するアドバイスもしていきます。

詳しくはメールにてよろしくお願いします!


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article