【ダクソ3】放送内でクリアした ダークソウル3 感想 l アデの半可通日記


【ダクソ3】放送内でクリアした ダークソウル3 感想

ダクソ3を放送内でクリアしました。ラスボスはさすがの強さ、個人的にダークソウルはいつもラスボスが空気だっただけに、今回の強さはちょっとびっくりしてしまいました。

ラスボスの攻略などは、自分の立ち回りが完成され次第公開するつもりです。ここでは全体的な感想を書いていきます。

無題 (13)


スポンサードリンク

率直な感想

僕のブログを読んでくださってる方なら分かるかと思いますが、僕は嘘が大嫌いです!はっきり言いましょう!!ダクソ3は神ゲー であると!なぜ面白いのか?まず こちら側の性能が極めて高いという点。そして、さらに言えば敵の攻撃のバリーエーションが豊富で、攻略のし甲斐もあるという点。そして、ストレスのたまらないショートカットの配慮などなど、死にゲーなんだけどプレイヤーを突き放さない これらすべてを加味して、神ゲーであるという結論に至りました。

初心者に優しいゲーム設計

まず評価すべきは、チュートリアルの最後に、きちんとしたボスを配置した という点。このゲームは雑魚戦とボス戦で、使う思考がかなり違います。例えば雑魚戦であれば、いかに囲まれないようにするか?はたまた先手を打つか後手を取るかなどなど、簡易的な駆け引きを絶えず行っているわけです。対するボス戦では、基本的に敵の動きに合わせた対策を取り、そしてそれをトライアンドエラーで実践していくという、研究のようなものを必要とします。

前作ダークソウル2では、チュートリアルの最後にボスはいなく、しかも続く道も分かりづらかったため、冒険に旅立つ前に心が折れてしまった人も少なからずいそうです。こういう点も考えると、今回のダークソウルは、くどくもないチュートリアルで且つ明確なボスという区切りもあるため 初プレイであっても、安心して冒険を進めていけるように感じました。また、ボスまでに掛かる時間が短いことから、ここでローリングの基礎などを学べるのも素晴らしいです。

一本道でもそれがいいんだよ

ダークソウル無印の時に、一本道を旅している気分という一部の声に応じて、ダークソウル2では枝のように分岐するようなゲームが展開されました。確かにゲームに縛られない自らの意思で進むという面白味はあるのかと思いますが、目的も不明瞭で、何をすべきかも分からない状況であったので、物語の世界に没入感というのは感じることが出来ませんでした。

今作のダークソウルでは 基本1本道のストーリー が展開されます。これはいいべきことなのか?悪いべきことなのかは、賛否両論ではありますが、僕個人としての意見では 一本道によってすべてのボスに強敵感というのを与えられたことから、大成功だったんじゃないかなと思っています。基本的にいくつもの土地を跨いでいくわけですから、目的の土地にやっとたどり着いた!という感覚を得られるのも良いですね。

BGMがあつすぎるううう

ダークソウル3には口ずさめるような曲はありませんでしたが、とにかくBGMがあつい。随所随所に現れるボスのBGMがとにかく壮大且つ、後半になると激しくなるなどの工夫もされているので、死闘の雰囲気がすさまじかったです。この辺はブラボンと一緒ですね。ブラボンの良かったところをしっかり引き継いでくれた、そんな印象です。

自分のお気に入りは、ロスリック戦のBGM。まだ未到達の人はぜひ楽しみにしておいてください!!

その他の要素

プレイ時間の目安としては、協力プレイなどをしていないので結構ボスにも苦戦してしまいましたが、だいたい15~30時間程度。自分の腕で19時間という結果に。長すぎず短すぎずの絶妙なバランスだと思います。

一つ不満があるとすれば、ヒントをくれるNPCがすぐ消えてしまう点かな。わりと大事なことを言ってくれるNPCが、マップ切り替えによっていなくなってしまうと、下手したら道が分からず散歩に明け暮れるなんてこともありそうです。あとはアイテムの説明なんかも分かりやすければもっと良かった!ですがこれは些細な不満です。

総合評価

点数を付けるとしたら、91点 くらい。些細な不満があるにしろ、その他の要素は本当に面白かった。中毒性のあるボス戦、そして緊張感のあるゲーム性などなど、今年のベストゲームにすらなりそうな勢いのゲームです。

去年はモンハンという面白ゲームが発売され、今年はダークソウル3!今後のゲームはこれらを超えることが出来るのか!?期待ですね。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article