【ダクソ3】 ソロ無名の王の多彩な攻撃を見切るコツ l アデの半可通日記


【ダクソ3】 ソロ無名の王の多彩な攻撃を見切るコツ

darksoul8
無題 (13)

このページでは、無名の王 のソロ攻略ページです。慣れるまでに1時間前後の時間を要しましたが、立ち回りも確立出来たので、このページに書いていきます。具体的に見たい人は、実況ではありますが、放送動画があるのでどうぞ。まったくの初見からある程度のパターン化をするまでの流れを見ることが出来ます。討伐は下記実況の確か1時間22分あたり。


スポンサードリンク

無名の王の難しさというのは とにかくタフい という点と、槍に近い形状の武器を持っているので、軌道をイメージしにくい というとこにあるかと思います。基本槍タイプには、突きの頻度が高いことから、左右への回り込みが非常に有効なのですが、無名の王に関しては払いがメイン攻撃である ため、基本的にローリングで受けていくことになります。

無名の王

飛竜形態時に意識したい反撃ポイント

無名が雷の槍を地面に叩きつけるとき

こちらに関しては、完全に避けきることは至難の業ですが、例え一部が当たったとしても、怯む様な事がないので、竜の頭に対して攻撃を加えることが出来ます。この際、遅く飛ぶと2段階でダメージを喰らう恐れがあるので、遅いよりは早めに 飛ぶようにすると、最小限の被害で済ませることが出来ます。

ただ深追いしすぎると、槍の3段階パターンの初撃を避けることが出来ないため、ほどほどに。

槍3パターン攻撃

地面着地中に一定距離にいると、結構な頻度で槍による直接攻撃を繰り出してきます。無名から見て右→左 左→右 プレイヤーに対して叩きつけ という順番で槍を振り回してきますが、すべてローリングで簡単に回避可能。ランダムで連撃途中でやめることもありますが、すくなくても離れてしまうことで途中でやめることは明白なので、なるべく近くに張り付き最後の叩きつけまで誘発したいところ。※いきなり叩きつけもあります。

一応すべての攻撃で、竜の頭は下がってくれますが、叩きつけであれば硬直も長いのでダメージをかなり稼げます。

難しいけど、炎をフレームで回避すればチャンス

タイミング的にはかなり際どいけど、ブレスに対して右にローリングをすることで、回避しつつ隙だらけの頭を狙うことが可能。モーションの合図は、着地時に竜が首を斜めに引いてる様なモーション。無理そうなら素直に盾受け。

避けたい技など

飛び込んできたら、少し早めに前方に飛ぶことで回避可能。雷の槍を飛ばして来たら横に移動しながらこちらも早めで回避できます。ロックオンに関しては、微妙なところ。見失いやすいことから、理想はノーロックで適材適所でロックするといったとこでしょう。竜モード撃破まででエスト瓶3個くらいで抑えておきたい。(※慣れれば0~2個安定)

第2形態における反撃ポイント

まず大事なのは、突きと払いのモーションの差を理解すること。払いよりも1テンポ遅い突きを、払いと同じタイミングで避けてしまうと、被弾するように意図的に作られています。

縦振りは1回だ!!

無名の王でまず確実に覚えたいのが、縦振りは1回で終わり というところ。避け方もシンプル。肩の位置が最高地点までいって止まったら避ける感じで簡単に避けれます。回避後は1回殴って臨戦態勢へ。

両手持ち払い派生パターンは目視でローリング

こちらは若干のディレイをかけてきますが、目視でローリングがしやすいです。こちらも肩の位置で判断すれば安定します。ここで注意したいのが派生先。一番多いのが、向かって右から1回と左 (これで終わるパターンもあり)・右と薙ぎ払ってくるパターン。これらは敵の動きが完全に止まったのを確認してから反撃をしましょう。

気を付けたい派生が、3回目の不意払いと 両肩を高く上げた突き。この時は払いより回避タイミングが1テンポ遅いので、流れで回避するのではなくしっかりと肩の位置を見てローリングするようにしましょう。両手持ち派生突きは肩が最高地点から前へ出た瞬間に飛べばちょうど避けれます。焦って早く飛びすぎると被弾してしまうので冷静に避けましょう。

片手払い派生は初撃盾受け保険が安定

初撃から片手で武器を振り回す場合は、避けるのがシビア。ただその分盾攻撃値は低めなので、雷カットの高い盾であれば難なく受けれます。もちろん盾受けはあくまでも保険。最速で避ければ片手振りでも避けることは可能なので、基本は避ける意識で。初撃を盾受けした場合は、最速でローリングすれば2撃目は回避可能。この後に反撃チャンスはほとんど無いので素直にスタミナ回復をしましょう。

こちらの行動分岐は、(向かって)左・右または (向かって)左・右→突き です。突きのあとは一定の隙があるので、反撃可能。突きは肩で覚えれば簡単に避けれます。(極まれに突きは2回連続も確認済み・単発で終わることもありそう)

移動攻撃はチャンス

こちらはタイミングもシビアであるものの、盾受けしてしまっても追撃を喰らう率が低いので、自信が無ければ盾受けを。予備動作が独特なので、何回かやれば特定可能です。一応前方回避でも簡単に避けれますが、若干エフェクトが見えにくいのでミスりやすいです。こちらの派生後は、ランダムで移動後プレイヤーの方向に少し前進しつつ左から片手払い→ランダムで右払い という具合に派生していきます。

なので払いが当たらない位置まで近づいたりローリングで避けてしまえば、これら払いを空ぶらせた後に1発程度なら反撃も可能です。(2回払いをされたらスタミナ回復が無難)

びりびり系は音で覚えよう 第3形態含む

雷を槍に宿し攻撃してきたり、雷を地面に叩き付けるなどの技は、一貫してばりり?みたいな音を参考にすると避けやすい です。基本的にビリビリの音が切れる前あたりで飛べばすべての攻撃を避けることが可能。例えば突き刺しであれば、ばりりりり しゅっ 的な感じで突きを出してくるわけですが、この最後のりあたりで飛ぶように調整すれば、まず当たるようなことは無いでしょう。

エンチャントは殴って回避

エンチャント中は、ロングソードであれば3発ほど殴ることが可能。その後天に向かって槍を向けた後プレイヤーに向かって、天から雷が降り注ぎます。天に向けて放った後の爆音を タン と文字に置き換えれば、タン・タン・ローリング 位のリズムで避けれます。ローリング後に反撃を入れることも可能なので、ロングソードであれば計4発のダメージを稼げます。

その他攻撃&エスト瓶のタイミング

空中系の攻撃は気持ち早めにローリング。足を上げたらすぐ離れる準備。

エスト瓶のタイミングは、第1形態であれば離れていれば大丈夫。第2形態以降は基本確実に反撃が出来るポイントのみ。特に突きや縦振り後、ダイナミック移動攻撃後では安全に回復することが出来ます。

以上が無名の王の攻略。長期戦になるものの、動きさえ分かってしまえば、ミス以外では負けるようなことは無いタイプのボスだと僕は考えます。またミスをしても、それをしっかりリカバリーすればたぶん大丈夫!!


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article