【ダクソ3】 法王サリヴァーンは盾受けの相性が良好 l アデの半可通日記


【ダクソ3】 法王サリヴァーンは盾受けの相性が良好

darksoul10

このページでは、法王のソロ攻略をしていきます。自分のようにあまりアクションが上手くないからこそ見えてくる、トライアンドエラーの結果を書いていきます。


スポンサードリンク

分身後に関しては、この生放送の時はロングソードでそのままやっていましたが、ここだけ強い武器に持ち替えたり、もしくはここだけ呪術などを使うとかが良さそうですね。

法王サリヴァーン

前半から ローリング殺しの動きをしてくるため 非常に立ち回りにくいボス。今までをローリングで倒してきたプレイヤーにとってはある意味鬼門的な存在であり、それゆえ後半の分身形態はさらなる衝撃を受けるボスでしょう。自分もエスト瓶の回復量を上げていなかったので、実際かなり苦戦しました。

盾受けとは盾を構えっぱなしにすることではない

盾受けというと、盾をひたすら構えている状態を連想する人も多いかとは思いますが、実際は 敵の攻撃時の時のみ盾を構える というのが正しい使い方となっています。このボスの攻略記事などを漁った限り、盾は無理というのが大多数の意見ですが、僕がやった感想では盾を使ってれば1体なら大した技術もいらずに裁けるという結論に至りました。

おそらくこういった考えが出てしまうのは、盾を常時構えているという状態をイメージしてしまうからなのでしょう。パリィのように盾をオンオフしていれば、スタミナは十分足りるように作ってあります。もしオンオフなんて出来ないというのであれば、それは当たり判定を理解していないということになるので、説得力にも欠けるでしょう。

本番は2体からと考えてる人も多いとは思いますが、それは違います。なぜなら、体力が少しでも残っていれば、分身撃破後にクリアできる可能性が高い からです。もし1体の立ち回りを不安定なものにしてしまったらどうなるか?分身を倒せても流れがかみ合わず、1体に苦戦してるうちに再び呼ばれてしまうなんていう展開が想像できます。

このことからも1体の立ち回りを95%に近づけることは、勝利を手にする近道ともいえるわけなのです。

敵の独特なモーションから反撃チャンスを作れ!

時計回り・反時計周りどちらでも大丈夫かとは思いますが、個人的には時計回りが安定。意識したい反撃ポイントを書いていきます。

半周回ってまだ敵が何もしなかったら、1回攻撃してよし

このボスはたまにやたらにらみ合いのような行動を起こすことがあります。この時にいつ攻撃が来るか分からないからと言って何もしないのはもったいない。半周くらいくるくるして何もしてこなければ、だいたい1回攻撃しても次の攻撃までに間に合います。結構大きい要素なのでぜひ意識してください。動画内でも実践しています。

青突きは大チャンス!!

青突きはホーミング性能が0なので、ちょっと回り込むように横にずれれば回避可能です。さらに敵の背後を追うように立ち回ると、続く2撃目を空振りさせることが出来るので、反撃が出来ます。慣れてくればすれ違いざまに1発空ぶり後に1発といった具合に2発反撃が出来ます。

やたら派手な赤振りは前へ進むように裏を取れ

バックステップからの赤振りは、前へ進むように裏を取ると2撃目に当たらずに反撃が出来ます。また2撃目を盾受けしてしまっても、3発目で明後日の方向に青を突き出してくるので、どちらにしろ反撃が出来ます。

赤大縦振りはローリングで余裕

赤による大きな縦振りはモーションも分かりやすいので、ローリングで回り込んで反撃を狙いましょう。ローリングが怖いという人は離れましょう。

剣を二つ重ねて下から上へ

中距離で回り込めば反撃可能。万が一盾受けしてしまっても、追撃まで時間があるので大丈夫。

分身後は・・・

これといった作戦もありませんが、とにかく影を一気に倒して1VS1に持ち込みましょう。後半戦まで数十秒もあればいけるので、特攻して運に頼るのも良いかもしれませんね。ちなみにロングソードで5発程度だったので、タイミングを合わせればもしかしたら一気に倒しきれる可能性はありそうです。

ジャンプ攻撃

ジャンプ攻撃は2種類ありますが、突っ込んでくるタイプであれば、すれ違うようにローリングをすることで反撃を狙えます。爆発タイプはたぶん中心にいると2段階判定で無理そう。外枠ならタイミングを合わせればいけそうなので、上手い人なら1チャン反撃チャンスになりそう。

エスト瓶の使いどころ

第1形態でエスト瓶は0個が理想です。そのくらい余裕があるので、出来るまで練習してください。一応反撃チャンスであれば出来なくもないですが、そこまで安全に飲めるタイミングというのは実際無いので、簡単なパターンは喰らわないを意識しましょう。

第2形態になると、2体になる代わりに遠距離時のにらみ合いが多くなります。離れてしまえばエスト瓶をがば飲みしても比較的大丈夫です。稀にジャンプ突進や魔法の槍を使うときもあるので、遠距離だからといっても油断はしないように。

以上が法王の攻略。分身がロングソード+6の両手持ち攻撃5回ほどで倒せるので、他の重火力装備なら動く前に倒せるかもしれませんね。そういうことを考えれば、1VS1の立ち回りをしっかりと理解できれば、ソロでも安定して倒せそうなボスです。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article