予想に反する動きってのは面白い 逆再生動画から学べ! l アデの半可通日記


予想に反する動きってのは面白い 逆再生動画から学べ!

PAK62_yukikauhito20140315-thumb-1000xauto-16821

今回は Youtube にある逆再生というジャンルを紹介していこうかなと思います。ただ内容がもしかしたら、一部のファンの方には不快な思いをさせてしまう可能性があるため、そのあたりは先に断っています。今回はあくまでも逆再生の面白みというものを、書かせてもらうだけです。


スポンサードリンク

動画の権利等はおいといて

なぜ普通の動画を逆再生しただけなのになぜ面白くなるのか?一緒に考えていきましょう!

耳には面白さを感じる音は少ない

逆再生を見る際に、実況動画であれば当然その部分も逆再生されるため、日本語っぽく聞こえなくなり、どこか外国語の音のように聞こえてしまいます。これはほとんどの逆再生動画に共通して言える特徴であるものの、それに対する面白さというのは、案外少ないんです。それは当然耳が慣れてしまえば、不自然さもなくなるため見る回数を重ねるごとに、新鮮さや後で話す不意を突かれることがなくなっていくからです。

その対策として、字幕 という手段で面白さをとるわけです。こちらは本当に字幕を書いてるわけではなく、いわゆる空耳的なものを書いて、少しでも目に面白みを与えようと仕掛けてきます。この字幕こそ 逆再生のオリジナリティ の要素の1つだと考えることが出来ます。どんな言葉をチョイスすれば面白く出来るかを考え、それを字幕にしていくことでただの逆再生でも面白みという要素を生み出すことが出来るわけです。

まあ自分はどちらかというと、空耳はそこまで好きではないのでこの要素にはあまり笑いは起きません。

予想の出来ない動きに面白さを感じる

これら逆再生の中でも、例の 逆立ち の動画は面白すぎます。もちろん初見でないと飽きはきてしまいますが、おそらく初めて見る方であれば、まじめに見ている限りほとんどの人が笑ってしまう動画かなと思います。

こちらからみることが出来ます

この動画の面白さというのは、逆立ちの姿勢とその逆立ち状態になるときのモーションの変化にあると僕は考えています。一般の人が逆立ちをするとなると、普通は両手を上げていわゆる逆立ちの準備の姿勢を取ります。この動作を見ることで 逆立ちが来るんだという準備を与えることで、面白いという現象にはならない わけです。

この動画の場合は、大げさに倒れてるシーンから急に逆立ちをし始めます。この予想と反する動きに対して、見るという準備が整っていないことから、不意を突かれ面白いと感じてしまうのかなと考える事が出来ます。またこの逆立ち状態になるモーションも、想像のしにくい突発的な動きをします。これもまた笑いを助長する要素になるのかな?と思っています。

動画の進行具合もバランスがいい

この逆再生の面白さは動画の構成にもあります。この逆再生のすごいとこは、逆再生をしているはずなのに、なんか構成がしっかりしているように見えて、違和感がない というとこ。こればかりは僕も分かりませんが、まるで逆再生を見越したかのような動画構成に、感心してしまいます。

このあたりの動画構成は、これから Youtuber を目指す人であれば見習うべきかなと思います。逆再生が面白ろそうであれば、誰かが逆再生をしてくれて自分の知名度を上げてくれるかもしれない そういった考え方も出来るわけですから、学ぶべきとこは案外多いのかなと思っています。

今回のまとめ!!

笑いを取ろうと考えるときは、なるべく予想を裏切らせる構成でいく。 つまり、予想をしっかりさせて、その予想をしっかり裏切るような内容にするということ。

もう1つは、いつ逆再生をされてもいいように、普通の動画を作る際でも逆再生時に面白くなるような動画にしてみる。 つまり、なるべき動きをつけていこうということです。ただ静かにしゃべった動画を逆再生してもつまらないように、この動画を2次利用したら面白そうだなという動画を作り上げることで、よりその動画に対する興味というのは沸いていきます。

今回はそんな今熱い逆再生についての記事でした。ほかにも調べれば逆再生の動画はいっぱいあるので、興味があればぜひ見てみてください!


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article