面白い実況とつまらない実況の差を考えてみる part1 l アデの半可通日記


面白い実況とつまらない実況の差を考えてみる part1

youtuber

© 2015 YouTube, LLC

今回は 実況動画 ( ゲーム実況 ) について記事を書いていこうかなと思います。記事の分量がおそらくかなり長くなりそうなので、今回はパート1とさせてもらいます。実況を見たことがない人や、面白い実況者を探したいといった人や、自分も実況やろうかなと思っている人にぜひ読んでもらいたい記事です!


スポンサードリンク

ゲーム実況とは・・・

さっさと本題に入りたいとこではありますが、まあ焦らずまずは実況というものについて、解説をしていきます。

実況というのは、主に ゲームを素人の人がしゃべりながらプレイする というコンセプトがありますが、いつの間にやらただ雑談をするという扱いになって来ている動画のジャンルになります。そもそも 実況 というのは、今ある目の前の状況を画面をあまり見る事の出来無い人にも、その場の状況を分かりやすく伝えるために出来たコンテンツであり、ただの雑談であったりプレイを細かく解説するのは、実況というよりは 雑談解説 というジャンルになります。

しかしながら最初にも書いた通り、今はそのしゃべりをまとめて実況動画と呼んでいます。

ユーザーは実況に何を求めているのか?

実況のそもそもの由来が分かっていると、ユーザーはなぜ実況を見たくなるのか?という本質に迫ることが出来ます。

自分の知らないゲームを見たいから実況を選ぶの?

まず最初に思いつく理由がこれ。自分の買ってない、あるいは買おうとしているゲームを見たいために実況を見るのではないか?という考え方。確かに自分でお金を払うより実況動画を見たほうが、よほどやりたいゲームでもなければ良いかもしれませんね。でもこれは違うとはっきりと言い切ることが出来る理由があります。

それが、 実況動画は圧倒的に更新スピードが遅いうえに、進行だけなら実況なしの動画の方が早い

という理由です。ゲームの進行だけを見たいなら、普通のプレイ動画を見ればいいわけですし、それこそ実況と実況なしの動画があるのですから、別に実況動画に拘る必要もありません。そういう点を考えると、ゲームの進行を見たいからという理由ではなく、何か違う理由が隠されていると考える事が出来るわけです。

トーク力を求めて見る

もう1つがこの理由。実況者の面白い話を聞きたいから見るなどの理由。確かにこれは否定できないようにも見えますが、もし仮にこれが正しいとされた場合、どうなるのかを考えてみましょう。

実況動画というのは、動的に動いているように見えますが、基本的にブログなどと同じ静的なコンテンツであると言えます。簡単に言えば、相手の反応に返答して見せているわけではなく、あらかじめ用意してあるものを見せているということです。これが何を表すかといえば、プレイ動画というのは生演説ではなく、映画のような1つの作品 であるということを表します。つまりファインプレーを求めているのではなく、安定したシナリオを求めてるともいえるわけです。

このことから、結局は主からの一方的な押し付けしかないわけですから、そこにユーザーの意志というものは存在しないと考えることが出来るわけです。もちろん例外はありますが、トーク力を求めている層であれば、基本主とリアルタイムでコミュニケーションを取りたいと考えるのが自然なので、実況動画よりは生放送をメインに見るんじゃないかなと僕は考えています。

実況に求めるもの

その他にもいろいろあるとは思いますが、基本的には実況動画というのはその作品をしっかり実況してくれている、見ているユーザーが一体となって見れる、楽しそうにプレイしている、この3点が不可欠ではないかと考えています。パート1 はその中でも、楽しそう にという点から見ていきます。

楽しそうにプレイするという大切さ

見ているユーザーというのは、まず人を見に来ているか?ゲームを見ているかの2つに分類することが出来ます。前者のほうはまた別の記事にて書かせてもらいます。

さて皆さんの思う楽しそうという定義はどんな感じでしょうか?ここでは僕の考える楽しそうという理論を書いていきますが、皆さんは皆さんなりの楽しそうという目安を探してみてください。実際に人の実況を見ると分かりやすいかもです。

僕の考える楽しそうというのは 正しいリアクションを大げさに取っている状態 を指します。例えば、誰もが悔しがるシーンに対して、大げさにリアクションをとったり、感動シーンではそれとなく悲しそうな声色にしたりといった状態を指します。実はこの正しいリアクションというのは、なかなか難しいものでちょっと恥ずかしがったりカッコつけたりしてしまい、中々素を正直に出すというのは至難の業なのです。

分かりやすい例として、友達とおしゃべりなんかをしている時に、相手がどこかありきたりな対応をされたりすると、一気に冷めたりした経験はありませんか?それと近い感じです。ゲームを見に来ている人にとって、やってる本人が冷めてしまっていれば、見るほうも一気に冷めてしまうのは、必然のことなんですよね。

この当たり前の反応を自然に取るというのは、ちゃんと主がゲームを理解しながらやっていないと出来ないことなので、ゲーム実況をやろうと思っている方は、まずは ゲームとしっかり向き合うことから始めていきましょう!

次回に続く!


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article