【DQB】アデのドラクエビルダーズ実況 第4回 リムㇽダール編始動 l アデの半可通日記


【DQB】アデのドラクエビルダーズ実況 第4回 リムㇽダール編始動

このページでは第4回放送をまとめています。第4回から本格的にリムルダール編が始動すると共に、メルキド編とは少し違った物語を楽しむことが出来ます。今回はそんなメルキド編との相違点を振り返るとともに、第4回で戦うことになるモンスターの解説も加えて書いていこうかなと思います。


スポンサードリンク

水の都 リムルダール

オリジナルのDQ1でもリムルダールは水と自然に囲まれた村となっています。メルキド編が要塞とすれば、リムルダールは島。ということで、今回は水上に都市を作りながらも、防衛に特化したような村を作ってみることにしました!

水上の部屋のシステム

部屋としてみなされる基準というのは、ある1マスにおいてその高さより2高いブロックで、面が接するように四方を囲えば、その1マスの高さにおいて部屋が成立する というものがあります。これをしっかりと理解することで、穴のあいた部屋(動画内では水を開通させている) といった部屋を作り上げることが出来ます。また水だけでなく、落とし穴によるショートカットをつけた部屋なども作ることが可能になるので、高さを生かした建設物の移動の利便性を確保することが出来ます。

リムルダール編は、人探しそして治療を繰り返すクエスト

リムルダールのテーマは病となっています。そのことからも、基本的に患者を扉の先から探してきて、治療をしていくというのが基本的なストーリーとなっています。ダイジェスト動画ではほとんどカットしているので、もしストーリーが気になるのであれば、ぜひノーカット版をご覧ください!

メルキド編との違い 序盤

メルキド編の序盤はチュートリアル的な要素も含んでいたので、素材などのヒントも多かったです。ですがこのリムルダール編からは、基本的に細かいヒントはなくなっており、自分で素材を見つけ出し住民の依頼に答えていくというのが大きな違い。罠などを置くことも出来ないので、防衛戦ではブロックを上手く置いて敵の行動をしっかり制限していきましょう。

VS大ドロル

リムルダールにおいての初めてのボス戦闘。基本的にぐるぐる回って入れば討伐可能。たまに普通のドロル同様、近寄り攻撃をしてきます。止まっている時点から急に動かれると、操作的にはどうしようも出来ないので、出来ればHPはある程度は確保しておきたいところ。フィールド自体も狭いので、周りの毒沼に落ちないようにしましょう。

VS第1次防衛戦

リムルダールにおいての初めての防衛戦。登場するモンスターはドロル+大ドロルの軍勢。ドロルはスライム種同様の近寄り攻撃が主。遠距離時に毒液を飛ばしてくるときはあるもののちょっと横にかわせば避けることが可能なので、基本的に上段が安定です。動画のように1段上 (大ドロルは2段) から下攻撃をしていれば、一方的に殴ることが可能。

ちなみに、小さいほうもおおきづちなどのハンマーであれば、2段上から攻撃が出来ます。周りを水で囲みたい場合は、参考にしてもらえればなと思います。

周りを水びたしにすれば、釣りが出来る

村序盤は住民があまり料理を作ってくれないので、食糧不足になりがちです。この第1次防衛戦をクリア後に、つりざおを作ることの出来るクエストが解放されます。もし村の周りに池などの水場 (高さ2マスかも) を 作っておけば、そこで釣りをすることが可能。釣ることの出来るいわしを調理すれば、30%の満腹度を得られるイワシの塩焼きを作成可能。

おおきづちが厄介

防衛戦をクリアすると、拠点定期沸きモンスターにおおきづちが現れるようになります。まだ土で整形している段階なので、解放されたらすぐ木材を調達して、木の壁で補強する と良いでしょう。開発に集中が出来るので、効率が大幅にアップします!

今回の放送はここまで!次回の放送では、さらにリムルダールを作り上げていきます!!


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article