【DQB】バトル島腕試しB HP35 回復アイテムのみ 旅人の服でクリア l アデの半可通日記


【DQB】バトル島腕試しB HP35 回復アイテムのみ 旅人の服でクリア

バトル島 腕試しBを縛り条件を付けてクリアしてきました!

今回も剣を使ってクリアしたいけど、どうしてもクリアできない人向けの記事となります。ぜひ参考にしてみてください。


スポンサードリンク

バトル島 腕試しB攻略

用意しておきたい装備など

基本的にはテンプレでおk。ほしうる腕輪とかいしんの指輪さらにおうじゃのつるぎ、縛りなどをしないのであれば力の上がる料理があるとかなり楽になると思います。

第1フェイズ

北 よろいのきし×2 西 よろいのきし×2 南 メトロゴースト×3 東 メトロゴースト×3

定番のよろいのきしが4体出現します。それぞれの特徴と対策を見ていきましょう。

よろいのきし

よろいのきしは 吹き飛ばし怯みが有効なモンスター となっています。迎撃ギガスラッシュが有効ではあるものの、基本的に突進と通常を繰り返すように作られているので、その突進攻撃に被弾してしまうと、上記の条件であれば即死してしまうこともあるので油断は出来ないモンスター。基本的に通常攻撃の範囲が狭いので、そこを最小限の動きで避けて反撃していくのがセオリーとなります。

また距離を離すと、結構な頻度で溜めジャンプ攻撃をしてくることもあります。こちらの硬直は比較的長めなので、しっかりと隙を突いていきたいところ。もちろんばくだんいわ同様、突進の後を狙うのも大事です。

数が多い時の対処法としては、移動を先読みして撃っていくのが安全。特にギガスラッシュ後逃げを成功させていくためには、近づかれるちょい前から撃たないと間に合わないため、絶妙な距離感をあらかじめ掴んでおくと、スムーズに討伐することが出来るかなと思います。

メトロゴースト×3

火力・素早さ・ワープ・遠距離持ち などの鬼畜要素併せ持つ厄介なモンスター。幸いメラの追尾性が薄いので、ほしうる腕輪を装備していれば、かなり優位に立ち回ることが出来ます。

メトロゴーストは怯みを取ることが出来るものの、怯み復帰が極めて早い モンスター。範囲を撃った後に素早く戦線を離脱していかないと、通常攻撃の追撃を喰らう恐れがあるので、慎重に撃っていきましょう。基本的に数がいると厄介なモンスターなので、冷静に1体ずつ倒していくのもありかなと思います。攻撃の狙いどこは、メトロゴーストの行動後。ゴーレム種同様硬直時間が長く設定されているため、比較的安全に攻撃を仕掛けていくことが出来ます。

ちなみにメトロゴーストにはワープがあります。このワープはプレイヤーのそばに出ることが多いので、ワープ出現時に当たらないように、いつでも動ける準備をしておくと良いでしょう。

第2フェイズ

北 キングスライム×2 西 キングスライム×2 南 ドラゴン×1 西 ドラゴン×1

キングスライム

ストーリーではあまり戦う機会がなかったキングスライムが登場するフェイズ。キングスライムは攻撃パターンが完全にランダムで、(溜め2連はなし) 溜め攻撃であるボディプレスか、範囲が前方に広い通常攻撃をしてきます。ビルダーズのモンスターの中でも非常に強いモンスターの内の1種であり、この腕試しの目玉モンスターでもあります。

幸い登場数が少ないので、落ち着いて敵の攻撃をかわした後、1体ずつ確実に倒していく 戦い方が個人的にはおすすめです。キングスライムもゴーレム種同様、攻撃による怯みを与えることが出来ないので、安易な攻撃は命取りになります。また、ボディプレス後の通常攻撃は出がかなり速いのも要注意。

ドラゴン

基本的な戦い方はこちらの通り。メルキドチャレンジ ドラゴン2体とおおきづちの墓 【ネタバレ】

キングスライムの討伐にそれなりの時間がかかるので、形的には2体同時になるものの、2体になってもやることは一緒。溜め攻撃をしっかりと避け、ブレス攻撃に真横からしっかりと反撃をしていきたい。回転にたいしてギガスラッシュを撃つと、接触ダメージを喰らうこともないので、お勧めです。

第3フェイズ

北 よろいのきし×3 西 よろいのきし×3 南 ドラゴン 東 ドラゴン

モンスターの組み合わせが変わった第3フェイズ。よろいのきしが3体同時出現ということもあり、難易度は高め。制限時間との戦いでもあるので、隙をついてなるべく早くよろいのきしを倒しておきたいところ。基本的な戦い方は一緒ですが、3体を同時に相手をするのは結構しんどいです。突進などで止まっている個体を集中攻撃などをして1体減らしてしまえば、戦いやすくなるでしょう。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article