【DQB】バトル島腕試しC HP35 回復アイテムのみ 旅人の服でクリア l アデの半可通日記


【DQB】バトル島腕試しC HP35 回復アイテムのみ 旅人の服でクリア

C

このページでは、バトル島腕試しCの攻略を書いていきます。Cはバトル島の中でも1、2を争う難易度であり、今回の縛りプレイでもかなりの敗北をきっしたバトルとなっています。


スポンサードリンク

腕試しC攻略

用意しておいたほうが良いアクセサリ

罠などを使わずにクリアするのであれば、スーパーリング はほぼ必須となるバトル。中盤のアローインプの攻撃はマヒの効果を持っている上に、かわすことが理論上かなり厳しいことから、制限時間的にもぜひほしいアクセサリ。また戦闘中にアクセサリを変えることも出来るので、ほしうるうでわも持っておけばより安定して討伐することが出来るかと思います。

第1フェイズ

北 ドロル×4 西 ドロル×4 南 リカントマムル×3 東 リカントマムル×3

モンスターの数が非常に多いフェイズ。どちらのモンスターも少し癖があるので、詳しく見ていきましょう。

ドロル

ドロルは 完全怯みタイプ のモンスターです。スライム種同様、攻撃モーション時以外は100%ひるんでくれるため、攻撃を当て続けることが出来れば一方的に攻撃をすることが出来ます。ただし、通常攻撃 をすることがないため、攻撃を誘ってからの反撃というのをすることが出来ません。

このバトルではスーパーリングを推奨していますが、スーパーリング+かいしんの指輪の場合、溜め移動ではドロルとの距離を広げることが出来ないため、倒すのに非常に時間が掛かります。半面、スーパーリングではなくほしうる腕輪にすれば、溜め移動でもドロルと距離を広げることが出来るため、一方的に範囲攻撃で吹き飛ばし怯みを狙い続けることが出来ます。

リカンとマムルが南側から現れるため、開幕は北のドロルをある程度攻撃しつつ、西に移動しドロルのタゲを引き付けてから、北側に逃げると、上手く分断することが出来、討伐が安定します。

リカントマムル

リカントマムルはゴーストタイプと一緒で、吹き飛ばし後の復帰が早く、連続では吹き飛ばなくなる タイプのモンスター。また、遠距離ジャンプ攻撃も有しているため、溜めにも細心の注意を払いたいところ。

大量のリカントマムルを裁くコツとしては、ばくだんいわなどと同じく、攻撃を誘発して空ぶった時に範囲を撃つ、もしくは移動を先読みして撃つの2択。リカントマムルの攻撃範囲はそこまで広くないので、少し距離を取ってしまえば当たるようなことはないでしょう。

アクセサリに関しては、スーパーリングの方が安全。そこまで移動速度が影響するようなモンスターではないので、ドロルを倒した後はスーパーリングにする方が良いかと思います。

第2フェイズ

北 じんめんじゅ×3 西 じんめんじゅ×3 南 アローインプ×3 東 アローインプ×3

ここからが本番ともいえるフェイズ。各モンスターを見ていきましょう。

じんめんじゅ

基本的には、ドロルと一緒。攻撃モーション以外は完全怯み型のモンスターなので、ギガスラッシュではめることが可能。また、リカントマムル同様、南側にアローインプが沸いてくるため、西のじんめんじゅのタゲを引っ張って分離すると比較的楽に突破できます。

アローインプ

極悪モンスターであるアローインプ。スーパーリングを着け、とにかく数を減らしていきたいとこ。アローインプの溜め攻撃に対して、縦軸に移動しても攻撃をかわすことは出来ませんが、ジャンプをしたり少し横に移動すれば、避けることが出来ます。しかしながら、通常攻撃は出も早くタイミングも分かりにくいので、完全に見切ることは出来ませんし、数も多いので逃げるアローインプすべてを視野に入れることは、現実的に不可能です。

多少の被弾は気にせず、早めの回復が一番安定する戦闘方法です。

第3フェイズ

北 リカントマムル×3 西 リカントマムル×3 南 アローインプ×3 東 アローインプ×3

じんめんじゅよりはHPが低いので倒しやすいやすいものの、リカントマムルの行動次第では難しくなるフェイズ。基本的には今までと同じで、西のリカントマムルを巻き込みつつ、北側へ誘導しアローインプと分断していきます。残り1分くらいでアローインプを迎えられれば、クリアも濃厚です。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article