【DQB】バトル島腕試しD HP35 回復アイテムのみ 旅人の服でクリア l アデの半可通日記


【DQB】バトル島腕試しD HP35 回復アイテムのみ 旅人の服でクリア

d

腕試し一番の難易度を誇るD。真っ向勝負を挑むとなると、操作の安定と多少の運が不可欠になってきます。そんなDの攻略をしていきます。


スポンサードリンク

腕試しD攻略

用意しておきたいアクセサリなど

腕試しC同様スーパーリングとかいしんのうでわ。このバトルに至っては、ドロルのような追尾型のモンスターが出るわけではないので、ほしうるうでわに関しては必要ありません。動画内ではミスってかいしんの指輪を外していますが、特に意味はありません。

第1フェイズ

北 ゴールドマン×2 西 ゴールドマン×2 南 キラーリカント×2 東 キラーリカント×2

数・種共に簡単に突破可能なフェイズ。2体のモンスターの特徴を見ていきましょう。

ゴールドマン

ゴーレムと基本的な立ち回りは一緒。怯みを取ることの出来ないモンスターではあるものの、隙も多く攻撃範囲も狭いので、ほとんどが作業状態。若干のタフさはあるものの、かいしんが出れば問題なく致死ダメージを入れられるので、積極的にギガスラッシュを撃っていきましょう。

ゴーレム種同様右足側が安置。西から出てくるゴールドマンも巻き込むように、ギガスラッシュを撃てれば理想的。

キラーリカント

リカントマムル同様、怯み後の復帰が早く連続怯みが成立しないモンスター。相手の進路を先読みするか、攻撃をからぶらせた後範囲攻撃をするかの2択。混乱攻撃を持ってない分、劣化マムルといった感じ。まあこのバトルの準備運動的な扱いなので、こんなもんでしょう。

第2フェイズ

北 リビングデッド×3 西 リビングデッド×3 南 グール×3 東 グール×3

リビングデッド・グール

くさったしたい種が群れをなして攻めてくるフェイズ。リビングデッド・グール共に距離による条件分岐を持った遠距離攻撃を有しているので、出来る限り近くに固めてさばいていきたいところ。特にグールの遠距離攻撃は厄介。着弾時に周囲にも判定を与えるため大量のグールに毒液を飛ばされると、下手したら何も出来ずにタイムアップを迎えることすらあります。

いかに安定して範囲をかすめられるか?または空振りさせるかが重要になっており、その安定度がフェイズ突破の命運を握っているといっても過言じゃないくらい、難しいバトルとなっています。

ちなみに、怯みを取ることも出来ないうえに、攻撃範囲も広め のモンスターなので、もはや数で攻められるとどうしようもないモンスターとも言えてしまいます。感覚で言うと、通常攻撃の範囲・攻撃スピードが速い・厄介な遠距離攻撃を持っているゴールドマンが大量に攻めてきているという感覚。一応通常攻撃に関しては、左脇側に移動すれば避けれはするものの、数が多いうちは正直意味もない。素直に、迎撃ギガスラッシュをするのが無難でしょう。

第3フェイズ

北 ゴールドマン×2 西 ゴールドマン×2 南 グール×3 東 グール×3

出来る限りゴールドマンとグールは分断して処理したいところ。西のゴールドマンが沸いたらすぐ攻撃をしに行けば、グール登場前に距離を離すことが可能。万一分断に失敗すると、動画のようにグダる恐れがある。

しかしながら、最後の1秒まであきらめてはいけない。会心のギガスラッシュが出れば、一気にダメージを与えることが出来るので、時間いっぱいまで剣を振り続けよう。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article