【DQH2】ラスボス戦をスクルト無しで突破 l アデの半可通日記


【DQH2】ラスボス戦をスクルト無しで突破

まだ2回しかラスボスとは戦っていないので、細かな行動などは把握していませんが、ラスボスがどうしても倒せない!という人に向けて、アドバイスのような記事を書いていこうかなと思います。


スポンサードリンク

ラスボス

ラスボス第1形態

第1形態自体も非常に厄介なボス。また、最終形態に負けてしまうとこの第1形態からやり直しになってしまうのも、なかなか手厳しいボス戦。そのため、最低限の行動の法則だけは頭に入れておくといいかもしれません。

張り付いているとダークなんたらが来る

まれに連続で来るときもありますが、張り付き時の場合だいたいが1行動おきに、タゲを追尾して前方攻撃をしてきます。何らかの回避アクションを取らないと、かなりのダメージを受けてしまうので要注意。オルネーゼのような攻撃間隔が長いタイプのキャラですと、1回攻撃したくらいで回避準備をしないと、まず間に合いません。

ちなみにこのダークなんたら。射程はそこまでないので、射程を見切って避けることも出来ます。

ワープ時に中距離にいると氷攻撃

遠距離タイプなどで攻撃をしている場合、ワープ時に中距離にいるとほぼ確実に氷攻撃に派生します。この技は分かってさえいれば、簡単に回避可能なので、覚えておきましょう。

敵の周囲に呪文をしたらだいたい挑発してくる

周囲になんたらスパークをした後は、9割の確率で一瞬動きが止まります。この時はコンボを入れるチャンスなので、呪文の当たり判定が終わり次第攻撃を仕掛にいきましょう。

青く光ったら突進

プレイヤーの方を向きかつ距離をとっている場合に、青く発光したら突進攻撃をしてきます。タイミングが若干シビアですが、猶予自体は長めなので、冷静に回避していきましょう。約75ダメージ程くらってしまうので、HPが減っているキャラを操作中は注意。

全体的な攻略法

ここでアイテムを消費してしまうと、最終形態がきつくなってしまうので、出来る限り温存でいきましょう。また、テンションをしっかり溜めておくのも大事。最終形態にテンションを持ち込むことが出来るので、4人もしくはそれに近い状態にしておきましょう。

最終形態

基本的に股下にいるように立ち回りましょう。その他の注意点をまとめていきます。

敵がジャンプをしたらジャンプの準備

敵がジャンプすると、着地時に衝撃波を発生させます。この衝撃波に当たれば当然ダメージを受けるだけでなく、かなりのダメージをくらってしまいます。着地と同時 (早すぎたら攻撃などで遅延) 位に飛べば、よほど離れているわけでもなければ回避可能です。ただAIは当たる可能性もあるので、HPが減っている仲間がいたら注意です。

股の真下以外は危険

動画でも何回も被弾していますが、中途半端に股付近にいると、手や尻尾による近接攻撃の餌食になってしまいます。股の下に潜るときはきっちり足の間に立つようにしましょう。

距離を取られたらローリングの準備

ボスが無駄に距離を取る動きをしたら、ブレスか突進 をしてきます。ブレスは走ってるだけでも避けることは可能ですが、突進はローリングをしないとまず喰らってしまう上に、致命的なダメージを負ってしまいます。ただ突進は 少し構える という分かりやすい予備動作があるため、準備さえしておけばまず避けることが可能。

ちなみに初手に突進をされるときもあるので、要注意。それが原因で初見は死にました。

その他

基本的に股の下にいるため、股の下に呪文をされた場合、逃げることは難しいです。約170程度のダメージを喰らってしまう可能性があるため、潜る際はHPにもしっかり意識をしておきましょう。

お勧め戦略

基本的にはどんなPTでも突破することは可能だと思いますが、どうしてもクリアできない人のために考えるとしたら以下の通り。

スクルト+高倍率アタッカー

スクルトがあるだけで、かなり楽になるのがラスボス。(呪文もダメージを減らせます。DQH1の時は) あとはオルネーゼのように高倍率アタッカーを入れておくと、楽に討伐可能。運よく会心が出れば、動画のように9999のダメージを出すことも出来るので、運でも勝てる可能性がある分有能。

前哨戦でしっかりテンションを溜める

動画の場合はしっかり溜めておかなかったので、かなり苦戦してしまいましたが、溜めておけば敵の行動時間を減らせることが出来るため、ピンチになりにくくなります。その際は、メインアタッカーでダメージを稼げるように、必殺の前に補助等をかけなおしておくように。動画のように焦ってやってしまうと、余計なピンチを招きます。

以上の他にも呪文耐性をあげるなどの工夫をすれば、もっと簡単に倒すことができそうです。


スポンサードリンク
g4395
so5bo



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article