【DQH2】ザラーム強と真ザラーム強をソロで2分切る方法 l アデの半可通日記


【DQH2】ザラーム強と真ザラーム強をソロで2分切る方法

プラチナトロフィーも無事取り終えたので、来たるエスタークに備えアクセサリの準備などをしている最中、ちからのゆびわは瀕死時バイキルトに乗るのかちょっと興味が出たため、実際に試した結果とんでもない火力を出すことに成功。(噂ではヘヴィブーストには乗らないらしい。後日改めて各武器&キャラの立ち回りをまとめていきます。) 無事2種2分切りを達成出来たので、魔王・強最後の記事としてその方法を書いていこうかなと思います。


スポンサードリンク

バイキルト強すぎ

これみたらもうククール(笑)とか言えない次元の強さだと分かるはず。スキルの増加+ちからのゆびわ理論値でほぼ与ダメージ2倍。これは単純火力で考えても、バト4よりもバト3+バイキルト1の方が効率が上がることを意味します。もちろんさらに突き詰めていけば、瀕死バト4が効率の最高峰。ミスれない戦いではあるものの、得られる対価は凄まじいものになります。

瀕死調整とは?

瀕死にいかに早くそして確実になるかというのも大事な要素。ノーダメージとは違い 1回喰らうことを前提に 立ち回りを考えていくため、攻め方もよりアグレッシブなものになっています。さてそのためにどんなことを準備すべきなのか?ここを見ていきましょう。

瀕死時に発動する通常スキル

まずは通常スキル。瀕死時に発動するのは、テンション徐々に増量 です。これは無双シリーズではお馴染みの要素でもあり、重要な戦略になっていますが、ドラクエヒーローズでは前作共にスキル制になっています。このスキルを取ることで、テンションが溜めにくい武器であっても、ただ逃げているだけでもテンションが上がってくれるため、ソロにおいてはかなり強力なスキルと言えるでしょう。

これを使うと、自分でHPを削れるテリーなんかは面白いことになりそうです。まあテリーには一発の火力が無いのがちょっと痛いけど。

瀕死時に発動するパーティスキル

メインディッシュはこちら。まずはバイキルト。瀕死時に常時バイキルト状態になってくれるため、ちょっとうざったいいてつくはどうにも対抗が可能です。この常時バイキルトは、常にバイキルト状態になっているので、例えば攻撃中にいてつくはどうをされたりした場合でも、バイキルトの状態のままダメージを与えることができます。

そしてもう一つが 瀕死時会心アップ のスキル。これと弱点時会心アップを組み合わせれば、恐ろしいほどの会心を出してくれるため、かなり強いです。動画でも9999を連発しています。

その他のパーティスキル

洞察力がある人ならすぐ気づいたとは思いますが、動画の主人公はHPが低く、MPが高いです。 これはいわゆる禁断シリーズのパーティスキルを付けているから。魔王の方は禁断2種+ドルマ2発で確定瀕死調整をしていますし、真の方は禁断1種+ジゴフラッシュ1発で高確率で瀕死状態にしています。ソロにおいて禁断シリーズはかなり相性が良いので、お勧めです。

ちなみにオーブに関しては安定のふしぎなオーブ。MP+30はぶっ壊れています。

その他

ダウンのタイミングを知ろう

一部ごり押し部はあるものの、基本的に確定でダウン状態になることを知っていれば、先読みをして攻撃を重ねることも出来ます。特に真の方は聖杯も露出してくれるため、大ダメージを与えていくチャンスです。

体感的に爪の方が片手より無心が速い

上の動画は片手剣でも試してみた結果です。この動画内で無心を連発してはいるものの、実際ダウン時の2回目の無心はダウン回避供御に当たっているダメージ表記がされています。それに比べて爪に関しては、2回ともしっかりと弱点判定を得ています。

以上からもしかしたら無心攻撃のモーションに関しては、爪>片手になってしまうのかな?と思っています。

以上バイキルトの説明でした。ちなみにアクセサリは いかりのタトゥー しんぴのカード ちからのゆびわ の3つ。ソロ狩りをしようと思っている方がいれば、参考にしてもらえれば幸いです。


スポンサードリンク
g4395
so5bo



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article