【DQH2】マルチでなるべく死なない弓の立ち回り方 l アデの半可通日記


【DQH2】マルチでなるべく死なない弓の立ち回り方

タゲの急なチェンジで事故死は多い竜王ですが、なるべく死ににくする立ち回りをこの記事にて書いていきます。これを覚えていけば少なくても倒せないということはないかなと思います。また、会心型よりも火力型のククールのがもしかしたら強いかもなので、そのあたりは自分なりにカスタマイズしてみてください。


スポンサードリンク

全遠距離攻撃回避の仕方

遠距離に驚異的な攻撃を持っている竜王ですが、覚えるべきは少なめ。事故死しやすいのは、どっちかというと距離が甘い時の飛翔ブレス。中距離でもらうと詰みすらある攻撃なので、かなり怖いです。

ククールの立ち位置

攻撃が当たる限界まで離れた位置が基本。もしくは近距離が良いでしょう。中途半端に中距離にいると、大抵ブレスに焼かれて死ぬので、お勧めしません。僕も中距離で何度か焼かれました。

8連ブレス

マルチ時だと、たまに球の軌道がずれている時があるので怖いですが、以下のかわしかたをすれば安定してかわせます。

bure

以上のように球が飛んでくるので、最初の一発目を緑のようにローリングをします。近い時は下がるようにしないと、分散前のブレスに当たることがあるので注意を。以上の動きを繰り返すことで、簡単に8連ブレスを処理することが出来ます。

ドルマ+衝撃波

距離を取っていればただドルマを避けるだけでおkですが、一応衝撃波をローリングすると良いでしょう。

縦型ブレス

進行方向に先読みされるときもあるので、実は怖いのがこれ。基本的なかわし方は、しっかりとククールを走らせてから回避。この後に確定で地面ブレスをしてくるので、これをくぐることも忘れないように。

闇ブレス

縦型ブレス同様走らせてから回避します。端にいると奈落に落とされることもあるので、注意。

横払い

竜王から見て左から右に凪払ってきます。気持ちおそめにくぐるようにローリングをすればまずあたりません。

咆哮

口が轟くあたりで転ぶとフレーム回避可能。万が一ミスったら、急いでローリングをすれば9割当たりません。

ベホマの使い時

基本仲間の状況次第。仲間がたくさんいる段階では焦って使う必要はないです。また最初の形態であれば、今ならもうほとんど被弾しない人も多いはずなので、温存してしまっていいです。終盤に一人になった場合などは、使うようにしましょう。事故死は少なからずある上に、大抵の野良は長丁場です。ちょっとしたミスが命取りになることも。

以上ククールの解法。基本離れていれば怖い攻撃は限られます。また、中途半端に近づくくらいなら、足元にいたほうがマシです。立ち回りだけでなく立ち位置にも気を付けるようにすると、比較的死なずに戦っていけるかなと思います。


スポンサードリンク
g4395
so5bo



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article