【New みんなのGOLF】 どんな感じになるのかな? 考察 l アデの半可通日記


【New みんなのGOLF】 どんな感じになるのかな? 考察

newmingol2015sep_banner

©2015 Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.

僕の大好きなみんごる新作が発表されて早半年。今回はそんなみんゴルのゲーム性などを、オフィシャルサイトから考察をしていこうかなと思います。近いうちに過去作のみんごるについても書いていくつもりです。

New みんなのGOLF 公式サイト


スポンサードリンク

今回のコース設計

今回は初めての9h一体型。out・inで9h 一体となっているコースを回っていきます。感覚的にはみんごる5と似ているかなというとこ。みんごる5とみんごる6の決定的な違いはここですね。このショートカットが無かったため、力こそ正義の時代が出来上がってしまい、マックス一強 になってしまったといえるわけです。まあ、6の初期のころはVITAだったこともあり、テレビの遅延効果などが無かったため、環境によるハンデなどはありませんでしたが・・・。

これらの反省点を踏まえ、今回は コントロールやスピン (サイド含む) それらのステータスの重要視が行われるような気はしています。そういう意味でも New の要素という感じでしょうか。まあ心配なのは、コースの作りこみがすごすぎて、DLCを配信しにくくなってしまうという点でしょう。クラハンさんしっかりしてくださいね!

キャラ育成要素 要チェック!

今回の目玉要素でもあるキャラ育成要素。公式サイトより引用します。

従来の『みんGOL』のように強いキャラクターを手に入れて使い分けていく形ではなく、自らの分身を作り、プレイをしながらゴルフに必要な各能力を育てていく。ドライバーなどで力いっぱい飛ばせばパワーが、正確なアプローチでピンに寄せればコントロールがあがるといったように、プレイヤーの数だけ様々な「みんGOLファー」が「みんGOLアイランド」に集まっていく。

ポイントは2つ。自らの分身を作る必要な能力を育てていくという点。ここから分かることは、新しいみんゴルというのは、ポケモンの努力値振りのように、そのステータスに見合った行動をしていかないといけない、その育てたキャラクターでゴルフをするということ。

キャラ育成に関してはまあ良いのですが、この点について危惧もあります。まず1つは、最強状態までキャラクターを作り上げないと、基本ハンディになってしまう。もう1つが、常に最強のキャラ状態で臨むという状態になるため、今までのみんごるのような初級ならではの攻略などが無くなる。という点。これについては非常に怖いとこ。クラップハンズの信用は正直6でがた落ちだったのもあったので、この辺りはしっかり考えてほしいなと思っています。

理由としては明白。キャラリセット石や、育成補助アイテム などの課金アイテムに繋げやすいという点です。ゴルフゲームなのに、育成メインなゲームになる可能性がこの文を読む限りあります。僕の理想としては、オンライン大会などでは、大会ごとに決まったスキルポイントの範囲で、キャラに割り振るみたいなシステムであると、戦略も深まるため良いかなとは思っています。

果たして本当にみんなで楽しめるゴルフを作れるのか?

正直な話、こういったスコアを競い合うゲームの場合、みんなで楽しむという状況を作り出すのは 非常に困難である と僕は考えています。勝ちと負けがはっきりと存在しているゲームなので、当然負ければ悔しいし、勝てば嬉しいのは当たり前です。でもみんごるの面白さは 勝ち負けだからこそ熱くなれる ところだと僕は考えています。オンラインに関しては、しっかりとクラス分けがされており、非常に面白いものになっています。ここで安易に、オートジャストインパクトとかそういうシステムに逃げることだけは、してほしくないなと思っています。

みんごるは最高のバトルゲームである!

こんなに1プレイを研ぎ澄ますゲームを僕は知りません。それほど、みんごるは 対人ゲームとしては異例の空気感 を放っています。周りのレベルが高ければ高いほど、ゴルフゲームとは思えない殺伐とした空気を味わえるゲームです。ちなみに某掲示板によく晒されたりはするゲームではありますが、僕はそれも含めてみんごるが好きです。

メンタルを鍛えたい!熱い戦いがしたい!などなど考えている人は、是非みんごるをプレイしてみると良いかもしれません。正直プレッシャーに勝って安定したスコアを出せるかに重きを置かれたゲームなので、特殊な技術が必要というよりは、屈強な精神力が必要なゲームと思ってもらえれば良いです。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article