【mhw】ディアブロス これ見て簡単に狩れるようになろうぜ!! l アデの半可通日記


【mhw】ディアブロス これ見て簡単に狩れるようになろうぜ!!

このページでは、ディアブロスハンマーでも使うディアブロスの簡易攻略を書いていこうかなと思います。


スポンサードリンク

ディアブロス

ディアブロスは過去作に比べると少しマイルドになっており、ハンマーでもストレスなく狩ることが出来るようになった印象です。ただし亜種は除く。

ディアブロスの攻撃パターン

振り向き攻撃と振り向かない攻撃の差を理解しましょう。基本立ち回りは、中距離か近距離右回り。

通常突進

プレイヤーの位置に軸を合わせてから突進をしてきます。毎度おなじみの嫌がらせ行動ですが、今作からサイズにもよりますが当たり判定が頭と足にしかないので、うまく立ち位置を調整するとまた抜けさせることが出来ます。上級者向けのテクニックですが、他の突進持ちのモンスターでも利用できるテクニックなので、高みを目指す方は練習してみて下さい。

角薙ぎ払い2連

こちらもお馴染み角をぶんぶんして2回前進してくる技。この技があるため、ディアブロスは右回りが安定します。後ろに引くか向かって右に潜り込めば当たりませんが、どちらも反応が送れると被弾の恐れがあります。一度当たると起き攻めの心配があるので、その点にも注意。立ち位置が悪い場合は、フレーム回避にかけましょう。(タイミングよく回避で無敵と当たり判定を合わせる)

タックル

ディアブロスで一番しんどい技。張り付いている場合は、手前側の足の方に早めに回避をするか、もしくは後ろ足に近ければ少し間をあけて回避をすることで避けることが出来ます。ただし難しいので、被弾はやむなし。これの対策としては、深追いしないに尽きるでしょう。ちなみに軸合わせはしません。

プレイヤーを回り込むように移動してからの突進(2パターン)

突進の終わり方が、止まるか流れるかで2パターンありますが、こちらも回り込むように移動すれば簡単に回避が可能。また回り込み中に敵の足の後方に行ってしまえば当たりません。

尻尾ぶんぶん

突進の終わりなどで行うことが多い技。尻尾に当たらなければ隙だらけなので、積極的に反撃を狙っていこう。

地中もぐり → 突き上げ

離れていれば歩いて回避可能、近いときはすぐ武器をしまって緊急回避をしましょう。

意識したい反撃ポイント

角突き上げはしっかり反撃

モーションもわかりやすく、比較的硬直も長いのでまずはこれに反撃を合わせる練習から始めましょう。角もおることが出来るので、素材も入手できます!!コツとしては最初の一撃目の頭の少し手前 (向かって後方) あたりに何かしらの攻撃を置く感じ。

潜り後はチャンス

早めに緊急回避をすることで、潜りから出てきたときに攻撃を加えることが出来ます。こちらも比較的安全に攻撃できるチャンスなので、意識して狙っていきましょう。

怒り移行時にしっかりとダメージを稼ぐ

大抵のモンスターは怒りに移動すると咆哮をしますが、ディアブロスに関しては移動時に足踏みをするだけなので、隙だらけになります。これを利用して、そろそろ怒りそうだなという場面では、先を読んで攻撃を当てておくと、かなりのダメージを与えていくことが可能です。

振り向き即行動が多いので、とにかくすぐ撃つ

MHWのモンスター全般に言えますが、ほとんどのモンスターは軸合わせをしつつ攻撃をする技を持つモンスターが多いです。このディアブロスも例外ではありませんが、他のモンスターに比べると少し猶予があるので、振り向き攻撃を狙ってもいいのですが、時間をかけてしまえばもちろん被弾のリスクは上がっていきます。

なので、振り向きやらを意識するならどこでもいいや感覚でとりあえず攻撃をするという、考え方のほうが安全に狩ることが出来ます。とにかく頭やお腹に固執はしないように。足でも転ばせたりできるので、美味しいです。

以上ディアブロスの攻略です。毎度おなじみですが、慣れてきたら溜め強も練習しましょう。タイムがかなり速くなるはずです。


スポンサードリンク
g4395
g4545



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article