【MHX】極めてないと時間ギリギリ VSパワフルアームズ l アデの半可通日記


【MHX】極めてないと時間ギリギリ VSパワフルアームズ

logo_shared

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

モンハンも発売されて結構たち、Youtube の方にもプロハンによる華麗な討伐風景がちらほらと出始めました。そんな神プレイにあこがれて、真似してみるものの再現というのは実際かなり難しいものですね。さて今回は、MHXからの新要素 獰猛化 について書いていこうかなと思います。


スポンサードリンク

獰猛化の主な仕様

monster_img01

ちょっとタフすぎやしませんか?

集会所クエなので、あくまでも複数PT前提なのは分かるのですが、獰猛化モンスターは原種よりも明らかにHPが多い という特徴があります。普通のソロプレイヤーが普通に攻略した場合、おそらく討伐にかなりの時間を要するかと思います。ソロ専でも上手い人であれば、ただ光ってるだけにしか感じないとは思いますが、あんまり慣れてない人ほど獰猛化のタフさは脅威になると考えています。要するに、最大の敵は 時間 ということです。

一撃がヘヴィ級

獰猛化の新要素とかよりも 火力が高い という点が難しさを生み出しています。求められる立ち回りは完璧なものになり、少しのミスでベッド行きなんていうのも、おそらく多くのハンターさんが経験したのではないでしょうか。正直獰猛化に挑む場合、防御力というのはほとんど飾りになってしまうため、最上位装備でも空気になってしまう感は否めません。レベル上昇も気持ち程度。

疲れ状態という救済もなく、ほぼ怒り状態

獰猛化のモンスターには疲労状態というものが存在しません。疲労状態がないということは、アクションが苦手な人の救済もないということになるので、ソロで挑む場合は かなりの腕を要する ということになります。また少し攻撃を喰らうだけで怒りトリガーが発動してしまうので、前述のとおり火力もあほらしいものになってしまいます。

以上のように、初心者ハンターさんにとっては獰猛化は 想像以上にきついもの であり、挫折してしまう要素の一つになりかねないということが伺えるかと思います。

獰猛化にソロで打ち勝つための立ち回り

当たらなければどうということではない

獰猛化にソロで挑む場合は、ごり押しは控える ということを頭に入れてください。HPが一定量ないと死んでしまうようなシチュエーションが非常に多いため、一回の被弾で回復アイテムを強要される 展開が起きてしまいます。その回復のタイミングを探ってる間にも時間は刻々と過ぎていってしまうため、結果として討伐時間が遅くなる ということに繋がってくるわけです。

時間に追われ焦る気持ちが生まれてくるのは間違いありませんが、そこでまた被弾してしまえばじり貧になりやすいです。とにかく獰猛化と対峙する場合は無茶はしない。確実に対応できる反撃等を繰り返していく、これに尽きるかなと思います。

狩り技を入れられる状況を作り出そう

そもそもタフい理由が、狩り技前提のバランスだから という理由。狩り技が弱いのばかりの武器の場合、この獰猛化がきついのは周知の事実なのです。以上のことから、狩り技は攻撃技推奨で、罠等を使ってでもねじこんでいったほうが討伐としてはスムーズにいきます。

ただ上にも書いた通り被弾による負のスパイラルもあるので、なるべくダウンを奪ってから撃つのが理想ではありますが、終盤になるとダウンしにくくなるので、ゲージとダウンのタイミングを調整していくのが良いのかなと思っています。

倒しやすい獰猛モンスター

ずばり リオレイアリオレウス の2体でしょう。以前にも書いた通り レウス装備の汎用性は高い です。リオレウスの特徴として、閃光玉でハメることが出来る ため、獰猛化になろうとも非常に簡単に討伐をすることが出来ます。

こういう点でも優秀なレウス装備。初心者の方でソロ専であれば、是非そろえたい装備の一つかなとやっぱり思います。

VSパワフルアームズ

今回はそんな獰猛化についてのクエを紹介していきます。

DSC_0745

正直ウラガンキンがタフすぎて、かなりしんどいです。上手い人であればソロで30~40分位でしょうが、自分は47分もかかってしまいました。(ブシドーハンマー) ウラガンキンがどうしても早く倒せず14分。ドボルは弱いので8分。ブラキは元々苦手12分。ディノは10分程度という配分。ガンキンのあごが中々壊れないのと、腹が当たりにくいのもありハンマーでは自分は苦手かなという印象。

DSC_0747

ちなみに力尽きたのは、ディノの遅延尻尾攻撃。獰猛バージョンの尻尾回し避けにくいなと実感。普通のも若干避けにくいですが、獰猛はもっと避けにくい。ただ基本ディノはブシドーであればジャスト回避とかなり相性がいいので、問題なく討伐は出来ました。

他の点としてはブラキが狙いにくい・・・。かち上げがジャスト以外ないので、かなり練習しないと腕にばっかいってしまう・・・。しかもほぼ怒り状態なので、常に即叩きつけとの恐怖で上手く立ち回れませんでした。この辺りも要練習かなという感想。

そろそろ他の武器で遊んでみようかなとも考えていますが、中々作成意欲が湧きません。双剣とかやってみようかなとも考えています。ではまた次回!


スポンサードリンク
g4395
g4545



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article