【MHX】フルフル (双剣) ソロS達成 ボタン連打は厳禁 l アデの半可通日記


【MHX】フルフル (双剣) ソロS達成 ボタン連打は厳禁

7552251446

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

はっきり言ってかなり苦戦しました。10時間くらいは掛かってしまったかなと思います。とにかくエリアルが不慣れで戦いにくいというのと、フルフルの放電がきついということも合わさって、5分台を繰り返すはめに。いろいろ試した結果得た答えというものを、ここに書いていこうかなと思います。


スポンサードリンク

monster-visual_13

ソロS攻略

立ち位置

反時計回りで立ち回れば、首攻撃や尻尾攻撃に対応が出来ます。なので基本は向かって左をキープするようにしましょう。

基本反撃

中距離でブレスを誘発

バックステップを踏んだ時は、何かしらの遠距離行動を取ります。通常時であればブレスや首、飛び攻撃、怒り時であればタックルなどなど、その中でもブレス攻撃は安全に反撃できる技の一つです。ただしこの時に近づいすぎてしまうと 放電攻撃 を誘発してしまう可能性があります。ブシドーでもないとこの攻撃になんのメリットもないため、バックステップが見えたら中距離をキープして反撃準備をしましょう。

歩き飛び込みは飛ぶ前か飛んだ後を殴れ!

歩きでじわじわ近づいてきて一気に飛びかかるという行動があります。飛ぶ瞬間にはほとんど当たり判定はないので、攻撃をすることが可能。また着地直後には当たり判定が少しはありますが、基本首か頭に攻撃が可能です。怒り時の場合も雷をまとってはいるものの、見せかけなので怖がらず攻撃しましょう。

怒り時の飛びかかりが怖い!

範囲も広く、エリアルだと位置によっては喰らうしかない恐怖の技。軸がずれていれば横回避後反撃が可能ですが、軸がずれていないと喰らってしまい、さらに起き攻めを喰らってベッド送りなんてこともあります。絶えず軸を意識して立ち回るようにしましょう。

基本首をいつでも殴れるように立ち回れ

フルフルの首は行動をするたび前方に出ることが多いです。そこを少しでもダメージを与えていくと、効率よくダメージを入れていくことが出来ます。帯電という厄介な技がある以上、まとまったダメージは与えにくいのがフルフル。少しの隙も逃さずに立ち回っていきましょう。

闘技大会で意識したポイント

お勧めの初手

もし際どいタイムの人がいればこれを改善するだけで取れるかもしれません。お勧めの初手は、鬼人薬を飲んで左から入り、強走薬を飲んだら左の段差に走ってジャンプしながら鬼人化状態になった後、エリアル攻撃を仕掛ける というもの。余裕をもって攻撃をすることが出来るので、かなり安定します。

エリアル攻撃はボタン連打厳禁

慣れないエリアルだとついついボタンを連打しがちですが、この連打を直すだけで大幅にタイムが上がると僕は考えています。なぜ連打がダメなのか?それが、連打後の派生に心眼効果も無くはじれやすいから という理由。お勧めコンボとしてハンターノートに書かれてはいますが、全然お勧めじゃないです。制御が難しいうえに、連打をしても当たる部位がたいてい硬い足。はじかれて敵の攻撃を喰らうという罠が待ち受けています。

基本的に飛んだら少し位置を修正して 1回だけ ボタンを押してフィニッシュを頭に当てたいところ。このフィニッシュのみにしただけで大幅にタイムが変わりました。

最初の乗りは怒った後

エリアルだから乗ったほうが良いんじゃないかと思ってついつい乗り攻撃をしがちですが、敵の行動運によっては乗らないほうが多分早いです。じゃあなぜ乗ることを書いているのか?それは 乗り攻撃をしてれば自然に乗ってしまう から。

その自然に発生してしまう乗り攻撃をいつすべきなのかを考えれば、当然行動運に左右されやすい怒り時 になるわけです。一応固定ダメージも入れることが出来るので、乗りを否定はしませんが、顔を普通に攻撃していたほうが立ち回りやすいという理由でで乗りは拘束用として挑みました。

2回目の乗りも怒り時に合わせつつ、狩り技も意識

2回目の乗りを狙う理由は ダウン中に獣宿しでダメージを稼ぎたい というもの。そのために最初の乗りから隙を見つつ乗り値を稼いでおきたいとこ。大体7回位乗り攻撃をすると乗ることが出来るので、その辺りまで溜めてから狩り技を使うと効率が良いです。

乗らない基本立ち回りと乗りを意識した立ち回り

乗らない基本立ち回りは、隙に合わせて 首に鬼人突進からの連打→尻尾を警戒して向かって左斜め奥に進む というもの。ここで尻尾が来れば乗り攻撃を狙ってさらに後ろに回り込みましょう。

乗りを意識した場合は、敵の軸合わせをした時 に尽きます。軸を合わせた時には放電をすることはないので、比較的安全に仕掛けることが出来ます。それでも被弾するリスクはあるので、体力が少ないときやラストスパート以外では多用しないように。またブレスなどであれば安全に乗り攻撃を仕掛けることはできますが、首に攻撃の方がダメージが上のような気もするので、そのあたりはちょっと分かりません。

放電時にアイテムを使え

放電時は厄介な攻撃ではあるものの、アイテムを使う分にはちょうど良い時間の技になっています。放電の終わりに近づくとまた放電なんてこともあるので、使うべきアイテムがある場合はこのタイミングで使っておくほうが結果的にタイムが縮みます。特に 強走薬・砥石 は積極的に使っていきたい。

画像からも分かる通り、この種目では最後の方で斬れ味が1段階落ちてしまいます。最後の最後でこの斬れ味のせいで逃すというのも正直ありえることなので、優先的に1回は磨いておきたいとこ。(中盤に1回すれば大丈夫。もし斬れ味の消費が激しい場合は、上述のエア攻撃でボタン連打をしてる可能性あり)

斬り方補正に気をつけて!

黄色ゲージの武器の場合は、斬り方補正 というものを考えなくてはいけません。ダウン時などでは特にこの斬り方補正を意識しないと、ろくなダメージを与えることが出来ません。少し地味なコンボでもいいので、確実に中間で当てられる位置で攻撃をしましょう。

参考サイト→モンスターハンター大辞典 Wiki*

以上が大まかなポイント。後は自分なりに攻撃の隙を増やしてあげると、よりうまく狩れるかと思います。自分の場合下の画像からも分かる通り、かなりかなり悔しい思いをしました。

4650605584

まだ双剣で取ってないよ!という人の助けになれば幸いです。


スポンサードリンク
g4395
g4545



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article