【MHX】手数で攻めろ!宝纏ウラガンキン ソロ攻略 l アデの半可通日記


【MHX】手数で攻めろ!宝纏ウラガンキン ソロ攻略

3782635367 (1)

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

原種と比べてもそこまで大きな変化はない物の、HPがかなり多い という強化がされた宝纏。でもHPが多いだけで、怒りなんかをみると、原種よりも動きが鈍いため そこまで強さは感じられないというのが、レベル10を通しての僕の感想です。さて今回はそんなタフネスガンキンこと、宝纏のソロ攻略を書いていこうかと思います。


スポンサードリンク

宝纏ソロ攻略

ソロで頑張るメリット

防具の内容が素材集めには適しているとのことなので、まるっきり使えなくはないものの、ソロで使う価値はあるのか?と言われればこれまた微妙な防具。武器も少し特殊なもので、斬れ味が悪いかわりに攻撃力が高い、アカム武器に似た特徴があります。ただほとんどの方が使うことは無いだろうと思われる武器なため、ソロで頑張るメリットは勲章埋めくらいかなといった感じ。

宝纏の強さ

はっきり言うと、レベル後半からの転がり岩飛ばしが追加されてからは少しは強くなるものの、このモンスターの強さってのは二つ名による強さじゃなくて、原種自体 の強さという感じ。感覚的には 隻眼 に似てるんだけど、さっき書いた通りHPがタフいという理由で、ある程度の地位を保っているかなという印象。もし同じHPなら 原種のが数倍強い と自分は断言します。

原種の方が強い理由とはなにか?これは二つ名特有の、動きがゆったりしてるかわりにダイナミック というとこにあります。原種と一緒に登場するクエでは、原種の間隔の速さにびっくりする人も多いんじゃないかな?そういうわけで、弱くはなったけどHPが増えたことでバランスを取ってる分、隻眼みたいに最弱という評価にはなりません。

宝纏と相性のいい武器

倒せないことはありませんが、基本的に一撃の重い武器よりは、双剣のような手数が多く身軽な武器の方が相性が良いです。特にレベル10ではほかのクエスト同様時間で2体目が合流してしまうため、悠長に戦ってる暇というのは全くありません。普通のフィールドで平均12分で討伐できる武器が宝纏ソロにおいては好ましい武器かなと思います。

宝纏の反撃ポイント

基本的にはウラガンキンと一緒ですが、いくつか注意点もあるので見ていきましょう。

ブシドーじゃない場合は耐震が欲しい

原種同様、顎で叩きつけるすべての技に振動効果が備わっています。また、原種とは違いその振動効果の範囲は、かなり広め。耐震を付けていない場合、すべての顎攻撃での追撃が困難になってしまうため、戦闘の長期化を招いてしまいます。また原種とは別に、大きな動作の後に転がった後地面を叩きつける技があります。こちらも耐震がないと追い打ちは一切出来ません。スキルをつける余裕があれば耐震を、無ければブシドーで臨むのが無難かなと思います。

粉塵攻撃は顔側から攻撃もしくはブシドーで攻めの起点を作れる

ブシドーであれば、眠り炎問わずジャスト回避後殴り放題になります。特に双剣では、うまく腕を巻き込めばカウンターダメージを無駄なく当てることができ、その後も腕が下がった位置に来てくれるため大きなダメージを与えることが出来ます。

ブシドーではない場合の選択肢として、顎の少し先から頭を狙うことが可能です。ハンマーのような武器であればこちらを狙うのも全然ありかなと思います。ただし、近づきすぎると当たってしまう恐れもあるので、ギリギリの位置を心がけましょう。

ウラガンキンの大きな隙

ウラガンキンの大きな隙は、尻尾から岩を飛ばす時・噛みつき・通常転がりの終着時・タックル の4つ。その中でも尻尾から岩を飛ばす時は怒り時であっても、大きな隙を作ってくれます。尻尾と飛んでくる岩に当たらないようにしっかりと追撃をしていきたいとこ。

噛みつきとタックルについては、立ち位置や武器によっては被弾をする恐れがあるものの、比較的ゆったりとした攻撃のため、攻めの起点にしやすいです。通常転がりに関しては、離れてる場合はプレイヤーの位置の少し後ろまで転がってくるため、向かって右に待機しておけば、尻尾にも当たらず多少の追撃をすることが出来ます。ただし原種とは違った行動を取ることもあるので、基本は回避が無難です。

以上のように、ブシドーであれば攻めの起点は作りやすい物の、ほかのスタイルの場合は攻撃シーンというのはかなり限られています。どうしてもクリア出来ないよという方がいれば、水属性 双剣 ブシドー で挑むと、あまりの弱さにびっくりするかもです。

各種クエスト攻略

レベル1 火山 宝纏1体の狩猟

比較的戦いやすい火山での戦闘。宝纏は火山か地底火山か溶岩島での戦闘しかないため、炎熱適応がかなり効果的です。スキルの余裕があればぜ是非付けていきましょう。ここらで20分以上掛かってしまう場合は、武器変更も視野に入れておきましょう。

レベル2 地底火山 宝纏1体の捕獲 乱入ドスイーオス

特に言及することはなし。チケットさえあればやることの無いクエスト。

レベル3 火山 宝纏2体の狩猟

武器によっては時間が厳しくなるクエスト。体感的に顎を壊してから頭を狙っていくハンマーだと、時間が掛かってしまい非常に面倒くさいかなと思います。強さ的にはたいしたことは無いと思いますが、最大の敵は時間。時間切れには注意しましょう。

レベル4 地底火山 宝纏とウラガンキン1体の狩猟

原種と比べても体力の多さが目立つ宝纏。宝纏よりも原種の方が動きが早いので、原種だからと言って油断はしないように。ただ難易度は別に高くはありません。下位素材が手に入るクエとしては比較的弱めなので、ここを周回すると良いでしょう。

レベル5 地底火山 宝纏1体の狩猟 乱入 リオレウス

リオレウスと8のエリアで合流する恐れがあるので、肥し玉は必須です。それ以外は特に注意点もなし。いつも通り攻略をしていけば良いと思います。

レベル6 火山 宝纏 ネコタク式

恒例のネコタク式。ここでは下位チケットも手に入るだけでなく、火山という最高の地形で戦うことが出来ます。文句なしで素材とチケットを集めるならここ。慣れれば10分1体ペースで狩り続けることもできます。早い人はもっと早いでしょうが・・・。

レベル7 地底火山 宝纏1体の捕獲

ソロなら問題なく突破可能。

レベル8 火山 宝纏とディバルド1体の狩猟

ここまでくると宝纏の方がお供のように感じてしまいます。どちらも水属性が有効なので、持っていれば使いましょう。

レベル9 地底火山 宝纏とセルレギオス1体の狩猟

このクエも簡単かと思いきや、ここは少し難しめ。その理由が 宝纏の転がり時に岩飛ばしが追加セルレギオスに水はほとんど効かない という理由があるから。

転がり時に岩を飛ばすようになると、転がり中に横に避難することが難しくなるので、結構シビアになってきます。特に縦に回避しにくいブシドー以外のスタイルだと、思わぬ苦戦をしてしまうかもしれません。ブシドー以外の対策としては正面に立たないといったところ。正面に立ってしまうと、逃げる道が横にしかなくなってしまうので、横に飛ばしてくる岩にクリーンヒットしてしまいます。側面側や真後ろをキープすれば岩の飛んでこない地点に避難することが出来るので安心です。

セルレギオスについては属性相性が悪いので、双剣であれば毒のような汎用性の高い武器で臨むと良いでしょう。ほかの武器であれば、普通に無属性の武器でもいいと思います。

レベル10 溶岩島 宝纏2体の狩猟 (多分10分合流)

6135852301 (1)

DPSチェックのレベル10。双剣であれば合流される前に倒すのは比較的簡単なので、間に合わないのであれば双剣で臨むと良いかもです。まあ宝纏をやるということは、ほかの二つ名をクリアしてきているプレイヤーの方が多いかなと思うので、そういった方であれば特に記憶には残らないモンスターなのかなと思います。

以上が宝纏の攻略。最大の敵は時間ともいわんばかりのタフさですが、双剣であればただの的でしかないため攻略に詰まった際は是非双剣でのチャレンジをお勧めします。


スポンサードリンク
g4395
g4545



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article