【MHX】天と地の怒り 詰まってしまったときに覚えておきたいテク l アデの半可通日記


【MHX】天と地の怒り 詰まってしまったときに覚えておきたいテク

3644316711

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

今回は、村クエでもおそらく最高難易度である 天と地の怒り の攻略をしていきます。上の写真は、閃光等の拘束無し・オトモ無し・けむり玉・モドリ玉・ドーピング無しの記録。これらの手段を使えばもっと楽に倒せると思いますし、うまい人ならもっと早いでしょう。使用武器はハンマー、防具は黒炎王。

6101cc47

天と地の怒り攻略

すべての最終解放村クエと共通して、火力が高くHPが低い という設定。おそらく火力は今後来るであろう獰猛化金銀のステータスじゃないかな?と思います。

1匹でも結構きついモンスターなので、2匹になれば当然避けるだけでも至難の技。出来る限りけむり玉等の分断手段を用いて挑むようにしましょう。

自分のプレイスタイルで討伐法がガラッと変わる

自分のプレイスタイルに応じて倒す順番を変えてください。閃光玉などを使ってでもクリアしたいということであれば、銀レウスの方が楽に倒せるので、銀レウスから。閃光玉を使いたくない人であれば金レウスから。

この際けむり玉を使うと閃光玉の効果を得ることが出来なくなるので、閃光玉を使うとしても金レイアから。逆にけむり玉を使わずにモドリ玉を使って討伐する人であれば、銀レウスからになるでしょう。

僕自身のおすすめは、けむり玉を使わずにモドリ玉で銀レウスと対峙するように柵を使って、閃光玉を使って地道に削っていくという戦い方。時間こそ掛かるものの、2体と対面する時間がほとんど無くなるのでかなりお勧めです。慣れてない人にとっては金銀を相手にしている中でけむり玉を使用するのは結構厳しいとは思うので、ぜひこの作戦を試してみてください。

VS銀レウス

閃光玉を使う場合は シルソルをソロで手に入れるために VS銀レウス を参考に。回り込まれたときのみ、銀レウスと距離を取るように立ち回ると、被弾することはほとんど無いはずです。

閃光玉を使いたくないということであれば、ハンマーに限りますが 90度より少し多く側面に立つ ように立ち回ると、2回の軸合わせ行動をしつつ、1回目の時点で目の前付近に顔が来てくれるので反撃をしてもある程度は安全です。手数重視の武器などでは、うまく足元を狙っていきたいですが、閃光玉を使うのが無難かなと思います。

VS金レイア

金レイア戦では風圧があるとかなり楽に立ち回れます。風圧がないとどうしても被弾する確率が上がってしまうので、最悪の場合為すすべも無くベッド送りになることも。

怒り中の突進は早いから、振り向きは危険

怒り中に振り向きカウンターを狙うと大抵被弾します。金銀の特徴として、怒り時の行動スピードが大きく跳ね上がるというものがあります。正直怯みでも取らない限り離脱は間に合わないので、火力の大きいこのクエストでの振り向き狙いはお勧めしません。ただ側面待機であれば上の理由でもしかした間に合うかも。

飛んだら着地を意識

金レイアは意外なところフェイントが少なめ。素直に降りてくれることも多いです。なので原種同様、着地後というのは比較的安全に攻撃できるチャンスでもあるわけです。飛ぶと何もできなくなる銀レウスとは大違いですね。

回り込んだらすぐ垂直に回避後反撃態勢を

金レイアは回り込み後即サマーソルトをすることが多いです。自信のない方は回り込みをされたら即転がるのが無難なところ。何もせず風圧を纏った着地をしてくることも結構ありますが、こちらは風圧のスキルを付けて対応するのが良いでしょう。もちろんサマーソルト後は高確率で着地をしてくれるため、反撃が可能。

腕に覚えのある方であれば、ギリギリまで粘って見極めるという戦い方もできます。しかしかなり難しい上に、失敗すれば毒状態になってしまいます。このクエストでの毒はかなり危険ですのでくれぐれも無理はなさらず。

北側と南側の戦いやすさはどっち?

持論ではありますが、どちらかというと金銀に関しては南側。高さの差が激しいと、火の玉の軌道も変わってくるので、避けるのがしんどくなりますし、滞空中に見失うこともしばしば。平地を広く使える南側で隔離をするのが良いかなと思います。

以上天と地の怒りの攻略。隔離をして丁寧にやっていれば 誰でも クリアすることは可能だと思います。このほかに罠なども使えば難易度はもっと下がるでしょう。自信が無くて挑戦していなかった方は、これを機にチャレンジしてみてはどうでしょうか。


スポンサードリンク
g4395
g4545



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article