【MHX】太古に浮かぶ、黄金の月 完ソロ 体力設定したやつ出てこい! l アデの半可通日記


【MHX】太古に浮かぶ、黄金の月 完ソロ 体力設定したやつ出てこい!

3800134064

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

ついに解禁となった獰猛リオレイア希少種が出現するクエ 太古に浮かぶ、黄金の月 を拘束・ドーピングアイテムなし・オトモ無しソロ・武器ハンマーでクリアしてきました。感想を言えばハンマーでの基本的な立ち回り、頭を破壊してから倒す方法では、時間がかなりギリギリで、しかも被ダメージが恐ろしい点でも、単体最強とも思えた二つ名を軽く凌ぐ強さ。そんな獰猛金レイアのソロ攻略を、なるべく詳しく書いていこうかなと思います。


スポンサードリンク

別に金レイア苦手意識はなし

こんな風に書くと、自分が苦手だから遅いんじゃないかと思われる方もいるとは思いますが、アイテム等なしで同じ条件で原種とやった場合、適当プレイでもこのような結果に。

6639782985

めちゃくちゃ得意というわけでもありませんが、原種はだいたい15分~20分くらい。単純計算でも2倍近い時間が掛かっていますね。このクエストの目安にどうぞ。(もちろん頭を破壊してからなので、他の武器のが早いはず)

獰猛金レイアが強い理由

なぜここまでの時間が掛かってしまったのか?ここを見ていきましょう。

頭を破壊するだけでも、1スタン分くらいの差があった

原種金レイアの頭破壊の目安は、黒炎王+ティガハンマー で2スタン+位で壊れます。対する獰猛個体は、3スタン手前 くらいまで頭にダメージを入れていかないと壊すことは難しいです。これらはかち上げのないブシドーでの結果になるので、ほかのスタイルでかち上げを多用したスタンであれば、もっと掛かる可能性があります。

獰猛個体のスタン値や回復量などが原種と一緒なのかは分かりませんが、少なくても原種よりスタンを取りやすいといったことは無いと思います。また破壊前の金レイアの頭は肉質が硬くダメージが通りにくいです。そういったことも考えると、このダメージの差はかなりのHP増量を意味してるんじゃないかなと思います。

威力があほくさい

原種との大きな違いは、被ダメージ。原種ではかすり傷程度のダメージでも、他の獰猛同様相当なダメージを喰らってしまいます。特にサマーソルトを喰らうと、黒炎王レベルマックスでも 7~9割 という破格のダメージ。金レイアは動きが早いので、ダメージを喰らってもなかなか回復チャンスを作れないのも厄介なところ。

自分の場合は、ペイントボールをしっかりと使っておき、エリアチェンジをして回復をしていました。これは間に合うだろと思う回復でも普通に間に合わずに喰らってしまうこともしばしば。エリアチェンジをすることを素直に勧めます。

顔獰猛がえぐい

金レイアの獰猛強化は2種類。1つは背中などが強化された原種とそこまで変わらない形態。もう一つが 金レイアのほぼすべての行動が強化される顔強化形態 。まずブレスの範囲があほみたいに広くなるという脅威。サービス行動であるはずのブレスがとってもこわーい技に 変わってしまいます。次に炎噛みつき。中途半端な位置にいるとまず当たります。ちなみに黒炎王でも6~7割削れます!

最初の獰猛金レイアの獰猛強化はランダムです。途中で切り替わるものの、敵との戦闘の8割くらいは最初の獰猛状態との対峙になるので、初期が顔獰猛のときはリタイアした方が良いかもしれませんね。

基本反撃パターン

基本的には原種とまったく一緒。▶天と地の怒り 詰まってしまったときに覚えておきたいテク にまとめています。ただすべての技の威力が高く長期戦は免れないので、アイテムなどは調合分も持ち込んでおいたほうが良いかもしれませんね。自分の場合は秘薬すっからかんに・・・。

以下に自分が意識した立ち回りを書いていきます。

自分の場合は怒り中には振り向き狙いは行わず、突進→3連拡散ブレスのコンボの後の硬直狙い。そのほかには、やはり着陸時を意識。フェイントをすることはほとんど無いので、体力が少なくない限りは強気に攻めていきました。非怒り時は、側面気味から振り向きを狙ったりなども。

もらえる報酬など

8761056706

42分かけてもらったのは、獰猛金火竜鱗1つ!!。これはひどい・・・、ソロはやるなってことなのでしょうかw他には獰猛触龍鱗とか毒液なんかも手に入りました。まあ、今更って感じですね。総じて、獰猛金レイアは報酬もモンスター自体も、ガチ向けってことですね!これはしんどい!!


スポンサードリンク
g4395
g4545



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article