【MHX】原生林の平和を守れ ゲネルで時間切れを防ぐ方法 l アデの半可通日記


【MHX】原生林の平和を守れ ゲネルで時間切れを防ぐ方法

4613575788

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

このページは依頼クエストとして受けることになる、獰猛化モンスター連続討伐クエスト 原生林の平和を守れ のソロ攻略ページです。個人的な意見としては、原生林はモンスターに壊されて閉鎖で良いかなとは思いますが、ゲームではそうはいかないということなので、頑張って平和を守りましょう!!

このクエストで戦うことになるモンスターは、獰猛化ガララアジャラ獰猛化ゲリョス獰猛化ゲネルセルタス の3体。どれも曲者ぞろい。

上の写真は、いつも通り回復アイテム以外なし、オトモ無しの適当プレイ。


スポンサードリンク

クエストソロ攻略

VSガララ・アジャラ

エリアルスタイルでは楽になったとは聞きますが、相変わらずの戦っててつまらないモンスター。耳栓を付けていけば音叉着弾時の振動も無効化することが出来るので、お勧め。エリアル意外のスタイルの場合は、基本的に左回りで足を攻撃していくことになるとは思いますが、一応 頭が下がる攻撃も多い ので、ケースバイケースで攻め方を変えていきましょう。

ハンマーの場合は、軸合わせ時にホームランを合わせることで頭を直接たたくことが可能。狙い方は難しいものの、時短に繋がるテクニックになるので、練習してみると良いでしょう。討伐目安時間は10~15分。

原生林ではエリア移動が非常に分かりにくいので、ペイントボール推奨です。

VSゲリョス

正直自分の中で強モンスターランクトップ5くらいに入るモンスター。毒持ち技が多く、行動間隔が早いので隙も少ない。また、プレイヤーから離脱する技も持っているので、こちらがペースを握りにくいとこも強い。

他の鳥同様、軸合わせをうまく狙いっていきたいのですが、軸合わせ動作も早いためやっぱり隙が少ない。打撃系の武器は弱点が頭となっているので、ハンマーのような武器だと隙が少なすぎて、戦いにくいかなという印象。対する切断系の武器であれば、尻尾を重点的に攻めていけばいいためまだ楽。討伐目安時間10~15分。

VSゲネル・セルタス

本作のメインディッシュともいえる存在。合体後は突進攻撃も増えて、張り付くことが難しく動きも分かりにくいモンスター。ただこのゲネル20分もあれば落とすことは可能。どうやって戦っていけば見ていきましょう。

しっかり張り付こう

ゲネルは動きがダイナミックなので、ついつい距離を取って戦ってしまいがち。ですが、距離を取ることで遠距離行動である突進等を誘発してしまうので、結果として隙がほとんどなくなってしまいます。またゲネルは近距離攻撃が凄く弱いです。怖がらず張り付いて戦っていきましょう。

とりあえず側面タックルだけは覚えよう

合体・分離問わず、体を横に傾けてタックルをしてきたら、向かって左にかわしましょう。この技のあとは硬直時間が数秒あるので殴り放題です。この反撃はゲネルの中でも一番簡単な反撃パターンになります。ぜひ意識していきましょう。

怒り時の振り返りは真後ろになりやすい

ゲネルの振り向きは、後退しながら90度ずつ向きを変えるというもの。しかし怒り時には、に一気に振りむくことが多いです。振り向き後に即行動を取るわけではないので、振り向きに対して反撃を仕掛けることが出来ます。

飛んだら閃光玉を投げよう

ゲネル・セルタスの攻め時がどうしても分からないという人は、飛んでいるときにリオレウス同様閃光玉で墜落を狙う戦法をお勧めします。頻度こそ多くはありませんが、墜落をしてしまえば上の乗っている旦那さんも閃光状態になってくれるので、攻撃し放題です。どうしても苦手だという人は、この戦法でおそらく20分くらいで討伐することが出来るはず!管理人である僕も、まだ装備が揃っていなかった初回はこの方法でクリアしました。

最後の手段!ゲネルにこやし玉

閃光玉を使っても時間が掛かってしまうという方は、ゲネルにこやし玉を投げてみるのも良いでしょう。ゲネルはエリア移動の際ゆったりと歩いて移動する特性があるため、こやし玉を使うことで、被弾のリスクなしに攻撃を仕掛けることが出来ます。もちろん止まっているわけではないので、ダメージを与えつづけるのは難しいかも。どっちかというとエリアルのような乗りスタイルに適している作戦。

以上が 原生林の平和を守れ の攻略。理想的な時間配分は、ガララ10~15分・ゲリョス10~15分・ゲネル20分といった感じ。どれもしんどいモンスターたちですが、気合で頑張っていきましょう!


スポンサードリンク
g4395
g4545



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article