【MHXX】ソロハンマーはこれを作っておけ!G級で楽に作れて強い武器 l アデの半可通日記


【MHXX】ソロハンマーはこれを作っておけ!G級で楽に作れて強い武器

今回は番外編として、ソロハンマーにおける道中の武器について解説をしていきます。G3までは上位の装備でも火力は特段問題は無いかなと思いますが、G3当たりからは火力不足が目立ってくることから、今回はG2のお勧めハンマーをここで紹介させてもらいます。


スポンサードリンク

G2お勧め武器

ナルガのハンマー!!

ハンマーならお馴染みナルガクルガですが、最速だとG2で限界突破をすることが可能です。さらに、G3まで進めば獰猛ナルガが出現するので、もう1段階強化も可能。

IMG_0404 (1)

性能は、会心率が45%で、攻撃力が250。上位のハンマーとは比べ物にならないくらい大幅にグレードアップすることから、かなりの時間短縮に繋がります。感覚的に言えば、グダグダ狩ってだいたい4~5分は縮まるイメージ。

気になる作成難易度は、まあ易しめ。1つ注意点としては、G級のナルガはそこそこ強い という点でしょうか。まあこちらも慣れればどうにかなるとは思いますが、一応簡易的な攻略をさせて頂だきます。

G級ナルガクルガ攻略!!

IMG_0403

双剣の方が立ち回りやすいような気はしますが、ここではハンマーでの攻略となります。ただ、正直ブシドーだとかなりきつい相手だと思っていて、まあいろいろあるのですが、一番の理由は白疾風のように連携が非常に多いことが要因。1回目でジャストを発動してしまうと、続けざまの攻撃に被弾してしまうことから、それなりの立ち回りの工夫もしくは、HP管理というのは必要になってきます。

G級追加行動

ナルガクルガは本当に追加・変化行動が多いです。というよりは前が弱すぎただけな気がしますが。まずは、尻尾回転と尻尾叩きつけが1回と2回のどちらかになりました。また尻尾回転の方は、2回転であれば確定で威嚇を取ってくれます。ただし、先にも書いた通り、1発目をブシドーで回避してしまうと、2回転目で被弾します。ちなみに、どちらも振り向きをすっとばして行ってくることから、振り向き狙いをする場合は、これらを喰らってしまう恐れ大です。なるべく、ギリギリまで見てから振り向きに攻撃を当てると良いでしょう。

その他特筆すべきなのは、飛びかかりの連携。前は完全ランダムで行ってきたり、そこまでホーミング性はない物がありましたが、G級では3回セットで死角から飛びかかり、そのままの勢いで再びプレイヤーに向かって飛び込みをしてきます。これが非常に厄介。理由としてカメラワークが悪かったりなどもありますが、怒り状態になるとほぼ常時 これを繰り出してくるという頻度にあります。つまりこれを回避することが出来ないと、ソロで倒すことは不可能であるということになります。

さらに、もちろん単発でも行ってきたり、バックステップからの飛びかかりも当然あるので、常にプレイヤーに攻撃を仕掛けてくる、そんな状況になってくるわけです。これが何を意味するか。そうです!回復をする余裕がほとんどない ということに繋がってきます。なので、出来る限り被弾をせずに立ち回っていきたいのですが、上にも書いた通り回転等も使用してくるため、総じてかなり強めです。

もう一つ、補足ではありますが、刺飛ばしの当たり判定が地味に伸びています。前は一瞬の当たり判定でしたが、G級の刺は地面に刺さった後もほんのちょっぴり当たり判定が継続するので、しっかり回避をしないと当たってしまいます。

簡易立ち回り

とりあえず簡単な立ち回りとしては、ナルガが横跳びをしたらローリングをタイミングよくする癖を付ける というもの。怒り時はほぼほぼ飛びかかりをしてくるので、いちいちカメラを合わせていたら、まず間に合いません。なので、横跳び=飛びかかりという認識でいると、被弾はかなり抑えられます。その後、単発なら振り向きざまにジャスト溜めを当てれば良いですし、派生タイプなら、距離を取るように移動し、次の飛びかかりに備えましょう。ちなみに、派生タイプの場合は、最後の飛びかかりで威嚇をするため、反撃をしっかり狙っていきましょう。

その他の点はナルガと一緒。また詳しくまとめるつもりですが、上の点を意識するだけで、かなり安定度は上がります。しかしながら、それでもブシドーにとっては厳しい攻撃も多いので、HP管理というのは極めて大事な要素となります。

獰猛化はさらに・・・

IMG_0410

★3になると、獰猛化と戦うことも出来ますが、もちろん今作も HPほぼ1.5倍以上+火力大幅強化 がなされています。超絶強いですが、強化をすることは出来るので、頑張ってみるのもありかも。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article