【MHXX】G3ハンマーソロ攻略 モンスター別簡易攻略付き l アデの半可通日記


【MHXX】G3ハンマーソロ攻略 モンスター別簡易攻略付き

このページでは、G3のハンマーでのオトモ無し攻略を書いています。ここからは難易度も上がってきますが、頑張っていきましょう。また、火力が足らないと感じるのであれば、▶ソロハンマーはこれを作っておけ!G級で楽に作れて強い武器 を参考に、武器を強化しておくと良いでしょう。ちなみにG4ではティガレックスと戦うことも出来るので、ここで強化も出来ます。

IMG_0408


スポンサードリンク

G3攻略

クエスト一覧

キークエスト

「ハロー遺群嶺!」 「騎士と密林の夢」 「氷海の素晴らしい氷」 「暑い熱い砂漠」 「鎧竜グラビモスの脅威」「氷河竜・ベリオロス!」

緊急クエ

「天を貫く凶星」

モンスター別簡易攻略

ライゼクス

IMG_0405

クロスの頃から比べると大幅強化された、ライゼクス。舐めてかかると瞬殺もありうる強さです。G級追加行動は、翼叩きつけが2連 (左右交互) もしくは一度後ろに下がってから逆の手で叩きつける技、空中に浮かんだ後尻尾を地面に突き差し電磁フィールドで攻撃する技の2つ。主に叩きつけが非常に厄介で、当然連携攻撃なので、最初で適当にジャストをしてしまうと、2発目に被弾してしまいます。

簡易立ち回り

基本、まず上位で反撃をしっかり出来るようにしておくことは前提。平常時であれば振り返りも狙えるので、積極的に狙っていきましょう。平常時に押さえておきたい反撃は、天高くからボディプレスの後の威嚇と、空中尻尾突きからのとさか攻撃の後の威嚇、さらに尻尾振り回しからの尻尾ビームのあとの微妙な間の3つ。ほかにもありますが、最低限これが狙えないと話にならないと思います。(易しい攻撃がこれらになるので)

また疲れ時の行動も独特なので、併せてこちらもしっかりと反撃が出来るように練習しておきたいところ。

問題なのは、追加行動である手と電磁フィールド。電磁フィールドに関しては、ジャスト回避をしつつ、タイミング良くライゼクスの背面側に突っ込むように攻撃を叩きこむと、着陸時の頭に合わせることが出来ます。お手に関しては一発目を絶対にジャストをしないように気を付けるほかありません。2発目の範囲が相当広いので、ジャストをしてしまうとほぼ間違いなく当たります。ただ、そもそもライゼクスは張り付くタイプではなく、相手から来るのを待って反撃をしていくようなタイプの敵なので、きちんと意識をすれば対応は出来ると思います。

タマミツネ

上位と比べてもそんなに大差はなし。追加行動は突進関連のコンボと、エックスを描くような軌道の突進。基本的に くぐるように意識するとだいたい避けられます。またタマミツネは振り返りもかなり安定するので、しっかりと狙っていきましょう。気持ち斜めに狙うのがコツです。

ディノバルド

こちらもほとんど差異無し。追加行動は、噛みつきからの派生尻尾攻撃と、ディレイをかけた尻尾攻撃、さらに疲労時でも積極的な攻撃を仕掛けてくるようになりました。特に問題はないと思います。

ガムート

地味に強化されたガムート。追加されたのは、踏みつけの前後パターンとお尻による超広範囲攻撃。これに伴い、カメラワークによって非常に戦いにくく、頭を狙いにくくなったという印象。また、頻度の高く反撃もしやすかった鼻突進の頻度も極端に減っているので、余計に反撃がしにくくなった。とりあえず気合いで倒すしかない、そういった感じのモンスター。

グラビモス

剣士だと相当きついんじゃないかなという印象。動きもあの巨体からは想像できないほど早く、全体的に破壊前は肉質も堅いので、地味に苦戦すると思われます。ただ、体力自体はそこまで高くないので、死なないようにHPを管理しながら、ゆっくりと攻撃をしていけば、たぶん突破可能。G級追加行動はちょっと分かりませんでした。

ベリオロス

G級の追加行動は、少し溜めたタックルからの折り返し連携。平常時であればそのあとに威嚇をすることが多いものの、怒りになるとその後も休みなく行動することの方が多い。基本は、振り返りを狙っていく。村クエの方でも書いた通り、ベリオロスは垂直に振り返るタイプのモンスターなので、そこをあらかじめ塞ぐようにすれば当てやすい。それ以外は正直そんなに隙は無い。もちろん練習すればブレスなどの時にも一応は狙えるし、空中時にも攻撃を当てられると思う。

バルファルク

今作のメインモンスターであるバルファルク。一応基本的な行動は、四天王との再戦、そして赤い彗星との対峙 村クエ★9 こちらの通り。これに加えて、爆破しつつ後退 → ランダムでその後前方にビームをした後少し威嚇、突きからの薙ぎ払いの2種が追加。またいつでも彗星アタックをするようになっています。ちなみにG級では縦払い攻撃の後の威嚇が無くなっています。

バルファルク簡易立ち回り

ハンマーであれば、振り返り攻撃を軸に攻略をしていきます。側面に立ちスタンプを出来る限りジャストタイミングで撃てるようになると、その後すぐ離脱が間に合います。また、余裕があればモードチェンジ時にも反撃をしていきたいところ。

これ以外で意識したいのが突き攻撃。離れているときは下がるように避け続けざまに来る可能性のあるもう片方の突きに備えつつ、薙ぎ払いの射程外へと避難します。近くにいる時は懐に潜り込みます。実は突き攻撃関連の派生は、懐にいると当たらないように作られているので、 (まあそりゃそうだ!当たり判定は2周目にしかない) すぐさま威嚇時に反撃が狙えます。

その他に、翼を前方に広げている場合は、ディレイの掛かった薙ぎ払いに注意。ほかの攻撃の感覚で避けると、回避が早すぎて被弾をしてしまうので、基本ちょっと遅らせて回避をすると良いでしょう。もちろん、その他に手の攻撃もあるので、注意。

ある程度戦っていると、深呼吸のような動作をする時がありますが、この時に一定数のダメージを与えると大ダウンを取ることが可能。ぜひ意識して狙っていきたい。

以上バルファルク。初見でも時間ギリギリで行けたレベルなので、たぶん慣れればそれなりに楽しく狩れそうなモンスターかなと思います。とにかく基本は、横で待ってスタンプかホームランを当てていく感じです。個人的には良モンスター。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article