【MHXX】鎧裂ショウグンギザミ ハンマーなら原種より弱い理由 l アデの半可通日記


【MHXX】鎧裂ショウグンギザミ ハンマーなら原種より弱い理由

このページでは、鎧裂 (なんて読むんだろ、とうれつとか?) ショウグンギザミの攻略ページです。ショウグンギザミと言えば、前作の沼地陶酔?だっけかでは苦しめられた人も多いはず。そんなギザミさんの二つ名だから、相当強いのかと思いきや、二つ名の中でもトップクラスに弱い、まあ弱いというかイメージ的には隻眼みたいな感じかな?というのが僕の感想です。


スポンサードリンク

鎧裂ショウグンギザミの攻略

そもそもなぜ弱いのか?という理由を軽く。まあ簡単に言ってしまえば、確定静止がまとまっている というのが大きな理由です。ほかのモンスターにも確定で威嚇をしたりはすることはありますが、だいたいが不規則だったり、短すぎて大したダメージを与えられなかったりというのが多いかと思います。その点この鎧裂は、止まっているモーションをまとまってすることが多く、隙の多い武器であってもラッシュをかけやすいというのが、主な理由です。

そういった点において、隙の少ない原種と比べると弱く感じるんだと思います。また、原種と同様に怯みやすいというのも、このまとまった隙という弱点に拍車をかけているように思えます。

攻撃パターン

基本鎌攻撃は1回のみ

原種の場合は左右の手から繰り出す鎌攻撃は、不規則かつランダムに繰り出してきましたが、鎧裂ではこの鎌攻撃も1つの行動という分類になっています。その為、基本的に1回したら別の技になったり、はたまた何かの技の終わりに追加でこの鎌攻撃をする、といった原種とはちょっと違った行動をしてくるようになります。また、原種とは違いこの鎌攻撃は完全に吹っ飛ぶので、溜め攻撃などのごり押しプレイは基本出来ません。

原種と同じ一連の動き

横回転であったり、左右に広げからの前はさみ、両手を広げて突進 (怒り時) 、G級から追加されたはさみを上空で研いで飛びかかり、ジャンプ攻撃関連などはしてきます。また、大きさが基本的に原種の金冠サイズ喰らいはあるので、技によってはすり抜けたりは結構します。

張り付いていると1回だけ地面にグサッと

原種もしてくる攻撃ですが、近くにいるとよくしてきます。鎧裂の中でも技の後の隙はかなり長い方なので、意識して反撃を加えておきたい技です。

中距離にいると使う連続地面刺し

対して、中距離にいるとよくしてくるのが連続地面刺し。どちらの手から始めるかはランダムで、2回のパターンと4回のパターンがあります。また若干のホーミング性があるので、歩きながらかわすことは残念ながら出来なさそう。確実なかわし方は最初の部分でジャストで後方にいってしまうという方法。そうすればそのまま反撃へと繋げることが出来ます。

潜り攻撃は弱体化

潜り攻撃の印象が強いギザミですが、弱体化しています。もちろん原種のように3回ほどプレイヤーを追い回してというのはやってきますが、どちらかというと潜った場所からすぐに再び現れるというタイプが多いかと思います。こちらであれば、反撃も狙いやすいので、潜ったら出てきた鎌に当たらないように、反撃を狙いにいくと良いでしょう。ちなみに、水モードと刃モードはこの潜りによって切り替わります。

水噴射攻撃

水噴射は3パターン。1つはプレイヤーがいるところにすぐにまっすぐ噴射するパターン。これはあらかじめサーチしていたところに撃ってくるので、移動しておけば良いです。もう1つは回転タイプ。プレイヤーの方に回転して噴射を当ててきます。ギザミに近いと当たらず、さらに回転先を読めば頭に当てることが出来ます。そして最後に、プレイヤーをホーミングして狙ってくるパターン。ディノ甲羅をグラグラしている時はこのタイプの合図なので、ギリギリで回避をするか、距離が近いのであれば顔の方へいくのも良いでしょう。

鎌研磨 or 鎌大回転

ディノ甲羅だけあってか、ディノの大技 尻尾大回転 に類似した技を使用してきます。避け方は3回目のシュルルルのすぐ後くらい。この後に確定威嚇があるので、しっかりと反撃を。また、同じモーションで、研磨をするだけというのもあります。こちらは主に怒り移行時にすることが多く、またハサミ研磨モードにならないと大回転はしてこないので、それでどちらかを判断するのも良いかなと思います。もしかしたら鎌を見れば分かるのかも。

基本立ち回り

怒り時移行を先読み

原種同様怒ると泡をブクブクさせて威嚇を取ります。この時は一定の隙があるので、ここをしっかり逃さず反撃していけば、貴重なダメージ源となるでしょう。更に上でも書いた通り、高確率で鎌を研磨するので (その前にしていたら大回転が来る可能性があるので注意) 、さらに追撃が可能。

遠くから近づいてきたらハサミ攻撃濃厚

絶対とは言い切れませんが、真正面から歩いてとことこ近づいてきた場合は、高確率で手広げハサミ攻撃に移行します。その為、ハンマーであれば溜めておき、足のすぐそばを通っておけばそのハサミには当たらず、すぐに反撃をすることが可能です。

水攻撃は近くにいれば反撃を

大きな隙のようにも見えますが、ソロの場合は壁にでも追いつめていなければ、大抵間に合いません。素直に足を攻撃するか、次の反撃の機会を伺いましょう。なお、近くで水攻撃をしてくれた場合は、特に回転型であれば回転してきた顔に大技を当てることも出来ます。

ジャンプ攻撃と潜り攻撃はチャンス

ジャンプ攻撃をすると、すぐ降りてくるか天井でしばらくの間とどまるかの2パターンが有りますが、どちらも一定の隙があるので、大チャンス。天井の場合は、影を見ておくと当てやすいです。また潜り攻撃も、その場タイプ3回目タイプともに、当たり判定は一瞬なので、それを避けてしまえば安全に殴れます。

連続ひっかきは奥へ

ハンマーの場合ですと、連続ひっかきをジャストで避けた後は、そのまま戻ってかち上げを当てていくと良いでしょう。少々難易度は高いですが、入れられるようになれば大幅なタイム短縮になると思います。(ほとんどの攻撃がこれになるので)

上級者向け

追記)上空で鎌をバチバチやった後に飛び込んでくる攻撃は、後方へジャストをすることで、そのまま反撃を加えることも可能。また、真横が安置なので、真横で溜めておき着地を確認次第後方からスタンプを狙うことも出来ます。

鎌研磨攻撃に関しては、チャージ中に攻撃を加えて、ジャストや絶対回避で位置を先取りして更に反撃なんていうプレイも可能。

ほかにも狙える反撃はありそうなので、ぜひ見つけてみてください!!

回復のタイミング

実際のところあんまりない。水攻撃を避けた後とか、大回転の後とかくらいしかまともには出来ません。一応鎌関連の比較的モーションの長い技は、場合によってはタイミングがあるかも。

クエスト攻略

G1 火山で鎧裂1体の捕獲

IMG_0472

捕獲クエストです。画像のようにハンマーであればほぼ初見でも10分程度でクリア可能です。本当に隙が多い。

G2 沼地で鎧裂2体の狩猟

IMG_0476

こちらもイージー。特にHPの補正も掛かっているので、すぐ終わります。(2体目は少しHPが多い?) ちなみに、1体目は5分くらいで狩猟出来ました。

G3 孤島で鎧裂・獰猛ホロロの狩猟

IMG_0479

ホロロの方が正直強いそんなクエスト。翼の叩きつけが怖いですが、逆にそれを待って反撃をしていくと、被弾をかなり抑えられます。

G4 火山で鎧裂1体の狩猟 1乙で失敗

IMG_0483

G1の時よりはHPと火力がパワーアップ。鎌単発を技の後にも使用するようになります。(多分) ただ所詮は鎧裂。基本は一緒です。

G5 溶岩島でグラビモス・ディノ・鎧裂の狩猟

IMG_0486

難関です。グラビモスのHPが一定以下になるとディノがエリアの東部あたりから出現します。お腹が壊れてちょっと殴った後にけむり玉を使っておくと安全かなと思います。幸いグラビモスのけむり玉維持は楽なので、そこまで難易度は高くありません。ちなみにディノの行動ルートは主に東南と東北を除く広域を散歩しているので、なるべく 東(右側の隅)で戦うようにすると良いでしょう。最後の鎧裂は両方の亡骸が消えるまで現れないので、1体にしてしまえばかなり楽になります。

ちなみに自分は初見でクリアをしたので、この形式の対策をしていなかったことから、モドリ玉で戻って、更にけむり玉維持でなぜかディノから倒す(ディノに見つかってしまったため) という戦い方をしました。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article