【MHXX】今作はぶっちぎりで弱い 燼滅刃G級+超のソロ攻略 l アデの半可通日記


【MHXX】今作はぶっちぎりで弱い 燼滅刃G級+超のソロ攻略

このページでは燼滅刃のG級のソロ攻略をしていきます。燼滅刃と言えば動きは派手だけど、とても狩りやすいモンスターというのが、クロス当時の状況でした。過去記事でも触れています。

慣れちゃえばソロでも簡単な 燼滅刃 (ソロ攻略日誌Ⅰ)

燼滅刃ディノバルド 難しそうに見えてソロ踏破が簡単な理由

で、今回のダブルクロスではどうなのか?というと、クロスの時よりも弱くなってしまった というのが僕個人の印象です。その理由として、1つに反撃がしやすく分かりやすい技を追加した というのが挙げられるでしょう。具体的に言うと、溜めながら尻尾を叩きつける技。大きく溜める時 (地面に爆炎) と、小さく溜める時がありますが、そのあとの硬直が非常に長いので、反撃を安全にすることが可能。

もう1つの理由としては、特段変化はない というところが挙げられます。基本的にやっていることは前作と一緒。相変わらず威嚇を挟みますし、爆発ダウンも取ることが出来ます。更に、基本怒りがデフォなので、挑戦者とも相性が良い というのも、弱いところでしょう。

また1つ捕捉を。最弱とは言っていますが、ここでいう最弱というのは、すべての二つ名を下位から上位までソロで制覇してきたひとにとっては、おそらく最弱だろうという意味合いです。(上位10の疑似TAや2匹クエでそれなりの経験を積んでいるはずなので) 超特殊だけソロでやろうとかいう考えの人には、当てはまらないので注意を。


スポンサードリンク

燼滅刃の攻略

基本行動は過去記事とほとんど一緒。なのでここでは追加行動を紹介。

燼滅刃のG級行動パターン

尻尾後方回転で距離を開けそのままブレス3連

プレイヤーに尻尾を向けて、そのまま回転した後、すぐにブレスへとつなげる連携。燼滅刃のブレスは避けるのがそれなりに難しいですが、向かって右から順に吐いてくるので、一度吐いた軌道の方へ走っておくと、その次に来るブレスには当たらなくなります。変に軌道を先読みしようとすると、失敗しやすいので気をつけましょう。

噛みつき → 尻尾派生

追加行動でも唯一厄介な技かなと思います。そもそも燼滅刃の噛みつきは対応が難しい技なので、それに更に追加して尻尾攻撃をしてくるとなると、さらに対応が難しくなります。しかしながら、燼滅刃というのは、2連噛みつき → 単発噛みつきを除いた噛みつき攻撃をする場合は、連続でしてくることが多い ので、噛みつきをし始めた場合は、少し距離を離すなどをしておけば、こういった派生にも対応することは十分可能です。ちなみにホーミング性能はそこまでないので、ブシドーを発動してしまっても、ニュートラルで回避可能。

2連噛みつき → 噛みつき → 近づくと尻尾大回転をほとんどしなくなった

一連のコンボで読みやすかった連携を、噛みつきで終えることが多くなりました。その為、原種のように噛みつきにそのままカウンターをぶち当てる方が、安定してダメージを稼ぐことが出来ます。

尻尾ディレイ叩きつけ2種

先にも書いた通り、尻尾後方にぶらぶらさせてから、溜めて地面を叩きつける技をしてきます。爆炎を纏うタイプはより遅く、さらに地面に接触後別の当たり判定として爆発が発生します。技の特色としては、ホーミング性能は皆無のため、どちらも動きを確認次第、動かずに待っておいて そのまま来る尻尾にジャストをしていくと、簡単に回避可能です。爆炎タイプでなければ、横に歩いてから、溜め攻撃なども可能です。ブシドー以外の場合は、納刀して緊急回避で良いでしょう。

ちなみにPTプレイのようにタゲが別の人になっている場合は、爆炎に対してジャストを取るか、そもそも当たり判定は前方なので、向かって左後方に向かえば当たることはないでしょう。(おそらく)

瀕死状態になると多発する捕食行動

クロスの時もしていたらしいですが、G級では体力も多くなっているので、この行動が多くなっています。ただ、避けやすいので問題はないでしょう。一応こやし玉を持ち込んだほうが良いかも。

燼滅刃への反撃

基本的には過去記事にあるように狙っていきます。歩いてかわせるタイプの尻尾攻撃は歩いてかわした後、尻尾の根元付近に来る頭にそのまま反撃を、歩いてかわしにくいタイプはフレーム回避やジャストで受けて、同じく根元に来る頭に。2連回転は (特定条件下では1回) 左足と尾の下に潜り込むと1回目は喰らわず、あとは納刀して緊急回避またはジャスト等でもう一回を受ける、という対応で良いと思います。

また、G級で追加された2種の行動においても、硬直がかなりあるので反撃は狙いやすいです。余裕があればブレス攻撃等にも反撃を狙っていけると、タイムは早くなると思います。

回復等のタイミング

残念ながらほとんどありませんが、尻尾叩きつけの後すぐや、大回転の後などであれば比較的安全に使用可能。超特殊のようなクエストの場合は、素直にモドリ玉を使ったほうが、結果としては早くなります。

クエスト攻略

G1 古代林で燼滅刃1体の捕獲

広い場所で戦えるので特段問題はないでしょう。自分のようにブランクがあった方でも、10までを自力で突破出来た人なら間違いなくクリア可能。ただ捕獲なので、面倒くさい方は捕獲の見極めのスキルを付けておくと良いでしょう。

G2 密林で燼滅刃2体の狩猟

フィールドが少々見にくいですが、問題はないと思います。

G3 砂漠で燼滅刃1体と獰猛ディノ1体の狩猟

獰猛の方が難しいです。尻尾回しのタイミングも変わっているので、油断せず対峙しましょう。

G4 火山で燼滅刃1体の狩猟 1乙で失敗

1乙しなければ良いだけ。火山という優良フィールドのおかげで難易度は低め。

G5 溶岩島で燼滅刃 → ディノ → 燼滅刃の狩猟

IMG_0501

相変わらず最後の個体は、体力が多め。とにかく時間との戦いですが、正直全部ディノバルドなので (完全ぼっち) 内容としては簡単。2匹目は、だいたい2スタンくらいで合流。(火力が高いとそれより早いので、各自調整) 。けむり玉を維持して戦うのは少し難しめですが、隙をついてちょっと早めでも良いので、更新していきましょう。

2匹目右側に現れ左側全域を散策しているため、右側上部で戦っておき現れたら、右側全域で戦うようにすると良いでしょう。2匹の死体が消えるまでは3匹目 (強化個体) は現れないので、落ち着いて処理しましょう。

超特殊許可

IMG_0539

超特殊ではサイズも変わり、また行動選出も少し変わります。距離AIが働かなくなるので、近くにいても構わず3連ブレスをしてきたりします。まあただそれだけ。一応、火耐性が±0であれば尻尾叩きつけと回転以外は全部耐えるので、-の方は火耐性スキルなどで補うと良いでしょう。(シルソルZだと不要) 超特殊含めて燼滅刃はやっぱり最弱。おそらくどんな武器でもきれいに倒せるそんなモンスターだと思います。

もし苦戦をしてしまうのであれば、それはただの練習不足なので、練習を重ねていけばおそらく突破できると思います。そもそもこれ初見で、ダメージとか確認するためにわざと喰らったりもしました。上手い人なら10分くらいで終わりそう。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article