【MHXX】宝纏ウラガンキン ハンマーなら完全にカモ l アデの半可通日記


【MHXX】宝纏ウラガンキン ハンマーなら完全にカモ

このページでは、宝纏ウラガンキンの攻略を書いています。使用した武器はバルカンハンマー (属性の方が良いかも) 耐震 斬れ味+1 業物 痛撃 会心強化です。耐震があると攻撃チャンスが増えるので、お勧めです。※睡眠は必要なし。

宝纏の攻略

宝纏の攻撃パターン

共通して、叩きつけをすると、周囲の爆弾岩が爆発するので注意をしましょう。

4連叩きつけ

原種も使ってくる攻撃。しかしながら実は前方よりも後方に当たり判定が多く、耐震があればこれ自体に当たることは実際あまりないです。先読みしてスタンプを当てるか、自信があればホームランを当ててみても良いかも。怒り時には角度が変わるので、反撃が難しくなる。

噛みつき・タックル

特段注意点もありませんが、硬直があまりないので反撃は難しめ。また、振り返りを兼ねてする時もあるので、HPが低い時には注意が必要。

即叩きつけ

プレイヤーが正面にいるときや、さらに一連の派生ですることがあります。カウンター気味にしてくるので、反撃をする際は気をつけましょう。

大震動叩きつけ

前方に当たり判定を起こすパターンと単純に震動のみのパターンがあります。ただ、どちらも耐震があればちょっと軸をずらしておくことで、当たることはありません。さらにその後、ホームランまで繋げることが出来るので、ダメージを稼ぐチャンスでもあります。さらに、連続ですることも多いです。

睡眠噴出

広範囲に睡眠ガスを噴出します。しかし原種同様、顎の少し先では当たり判定が無いので、縦3まで繋げることが出来ます。ちなみにジャストを狙うのであれば、ウラガンキンの顎が下がったあたりで転がると成功しやすいです。

通常コロコロ → 顎 or そのまま静止

軌道が読みにくいので、出来れば回避を重視。コロコロに対してジャストをした後溜めておくと、その後のコロコロに当たってもダメージは発生しません。注意点としては、側面から飛んでくる石。また離れていると、ちょうど良い位置に宝纏が来ることもあります。

顎と静止の差は、突進前にプレイヤーを追尾するかしないかでしょうか。ただ見極めは難しいので、回避重視で良いと思います。顎の場合は後述の粉塵と同じようにすれば、反撃可能。

中距離に近づいて、睡眠ガス or 粉塵コロコロ

どちらも中距離まで近づいてくるので、挙動自体は分かりやすいです。ここでは中距離のパターンと近距離のパターンでの回避法を。

中距離の場合は、どちらも斜め後方 ( 宝纏から遠ざかるように ) に走り、粉塵の方であれば顎にジャスト後かち上げがお勧め。睡眠の場合は、コロコロに当たらないように移動しつつ、通常の睡眠ガス同様顎の前まで移動して、反撃すると良いでしょう。案外硬直が長いので、縦3をぶち込むことも可能です。

近距離の場合は反撃は難しいので、横に走っていくか尻尾側に走ると良いでしょう。その際は爆弾岩には注意をしましょう。爆弾岩は赤になると爆発するので、タイミング良くジャストをすることでも回避が可能。


スポンサードリンク

岩とばし

たまーにしてくるレア技。特段注意点はなし。

尻尾回しからの岩とばし

プレイヤーの位置問わずしてくることもあります。尻尾回しからの派生には3種類あり、1つはただ飛ばすだけのパターンと宝纏の足元に飛ばした後、素早く地面を叩くパターン。その為、足元の方に回避をしてしまうと、岩の爆発に巻き込まれて被弾してしまいます。このことから、足元に逃げるよりも離れて振り向き攻撃を狙ったほうが、安定します。

さらに別のパターンとして 2回遠方に飛ばした後に叩きつけ をするというコンボをする時がありますが、この時は足元が安置な上、さらに叩きつけ後に頭を狙いに行くもしくは振り向きを狙うことが出来るので、ダメージを稼ぐチャンスです。

宝纏の立ち回り

ハンマーであれば頭をガンガン狙っていくのが、良いでしょう。その他の武器では胴体を狙っていきましょう。

基本的に中距離安定

足元にいると、カメラワークも悪く戦いにくいので、ハンマーであれば中距離に立つのが無難です。中距離であれば反撃もしやすいだけでなく、すべての攻撃に対応することが出来ます。また、中距離とはいうものの、離れすぎてしまうとコロコロなどに対応するのが難しくなるので、ある程度は寄る必要があります。

焦っていかず、振り向きを狙え

ウラガンキンはそれなりの頻度で振り向きをしてくれるので、焦って顔に攻撃をしにいくよりも、振り向きを狙っていくほうが、安定しやすいです。後方よりも側面の方が成功しやすく、完全に振り向くわけではなく、少し後退気味に振り向くので、なるべく近づいておいたほうが、当てやすいです。

ウラガンキンの歩み寄りを見逃すな

歩み寄ってくると、粉塵 or 睡眠ガスのコロコロか、叩きつけ等の近接攻撃に派生します。ここで近づき読み縦3のように考え無しに頭を狙おうとしてしまうと、コロコロに対応するのが難しくなるので、必ず軸はずらしておくようにしましょう。ちなみに、後出しじゃんけんでどちらも反撃が出来るので、様子を見て下がるのもありです。

相手の行動を見てから動こう

イァンガルルガのような、ノーモーションでしてくる技というのはまったくないので、正面に立っていても焦ってローリングなどをする必要はありません。逆に先走りでローリングなどをしてしまうと、タイミングによっては避けにくい攻撃と重なってしまうことも多いので、注意が厳禁です。必ず相手の行動を見てから対応する癖をつけましょう!ただし、あまりにも近い時は離れるくらいはしておきましょう。

アイテム等のタイミング

タイミングがあまりありませんが、尻尾回しの時などは隙があるけど反撃もしにくいので、アイテムを使用するタイミングとしてはベスト。コロコロの軌道を見切った後でもいけそう。超特殊などでは素直にモドリ玉を推奨。

クエスト攻略

G1 地底火山で宝纏1体の狩猟

IMG_0612

地底火山という戦いにくさはしんどいものの、まあハンマーなら何とかなると思います。攻略は上を参考に。

G2 火山で宝纏2体の狩猟

火山で戦いやすいかと思いきや、侵入不可のゾーンにガンガン入っていくため、戦いにくい。

G3 火山で獰猛ショウグンギザミと宝纏1体の狩猟

ショウグンギザミに関しては、特段問題なし。G級追加行動も、真横が安置なのでなるべく張り付くように戦うと良いでしょう。1つ注意点としては、エリア被りが相当多いので、こやし玉は忘れないように。

G4 地底火山で宝纏1体の狩猟

サイズも銀冠以上なので、G1の時と比べればかなり戦いにくい。とにかく安全を重視して、特にコロコロ攻撃に関しては、細心の注意を払って立ちまわっていきたい。

G5 溶岩島で臨界ブラキと宝纏1体の狩猟

IMG_0617

臨界ブラキがとにかく山場。けむり玉のタイミングも難しく、また右側のエリアをダウン状態にした状態で倒してしまうと、宝纏戦での足場がかなり悪くなってしまうので、注意が必要。ここは割り切って、8~9分あたりでけむり玉を使っておき、あまりにも宝纏出現が遅い時はやり直しをするのもありだと思う。

臨界ブラキを倒しても、宝纏自体も体力が多いので、最低でも30分くらいは残しておかないと、間に合わない可能性はあり。とにかく臨界ブラキでどれだけ詰められるかのクエスト。

臨界ブラキに関しては ▶臨界ブラキ 下手でも時間をかければソロハンマーで突破可

超 溶岩島で宝纏1体の狩猟

IMG_0618

↑初見でクリアでした。ここまでソロでやってきていると、だいたいこのクエストの中盤あたりでほぼ見切ることが出来てきます。ということで、G5をクリアしている腕がある時点で、超特殊をミスる要因はほとんどないので、問題なし。属性などを積み立ち回りを強化すれば、ハンマーならそれなりに早く倒せそうです。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article