【みんゴル】リセマラの当たりは何?6初期G0の日記 l アデの半可通日記


【みんゴル】リセマラの当たりは何?6初期G0の日記

☆筆者は アデ という名でプレイしております!フレンド募集の際はコメント等に何らかのメッセージを残してもらえれば、優先して許可します。 ID 6584450932 ルームの案内などは、こちら。newみんなのgolfとみんゴルのアプリの攻略記事を こちら にまとめました。

みんゴルのアプリがついに配信されました。ソシャゲということもあって、やはり課金優遇なのは明らかですが、ちょっと触った感じ、廃課金にこだわらなくても、多少の課金で戦えるんじゃないかな?というのが僕の印象です。正直アプリゲーの中では、類を見ない面白さですw

すいません、みんゴルは本当に大好きなのでちょっとはしゃぎ気味ですが、今回はアプリゲー定番のリセマラについて書いていこうかなと思います。


スポンサードリンク

リセマラについて

そもそもみんゴルってどういうゲーム?

まずはみんゴルがどういうゲームなのかというのを、少し解説していきます。ゴルフゲームというと、例えばホールインワンとか、ちょっと知識がある人なら、アルバトロスなんていう言葉をイメージするかもしれませんね。まずはそういった人たちの幻想を打ち砕く一言を書きたいと思います。

みんゴルはそういうゲームではない

ということです。こういったいわゆるミラクルプレイというのは、みんゴルにおいては完全に運という仕様になっており、狙ったところで本当にかみ合ったときや、ラッキーで入ったとかそういう時にしか基本は起きないのです。また、ジャストインパクト いわゆる完璧なショットをしたとしても、ぶれる時はぶれるので結局狙っても入るというわけではない、というのがみんゴルのゲーム性となっています。(今作がどうかは分からないけど、たぶんコントロールSにしても微妙なブレが発生するはず。)

というわけで、まるっきり意味がないとは言いませんが、おのずと コントロールというのは 死にステータスになりやすいんですよね。

さらに基本はジャストさせないとお話にならない

少なくてもある一定のレベルを目指すのであれば、ジャスト率は60%を超えないとお話になりません。というのも、ジャストをさせないと距離が合わなかったり、ブレが大きくなったりと、スコアメイクに大きな支障を及ぼすからです。というわけで残念ながらインパクトというものも死にステータスになりやすいのです。

では何が強いのか?

ある程度のレベルの人が集まると、ノーミスの戦いというのは結構当たり前になってきます。(難関コースは例外、簡単なコースはノーミスにミラクルが必須になったりもする。) また、みんゴルには パー4をワンオン (スコッティに既に1つあり) の要素もあるため、それに届かせる飛距離というのは絶対的に必要になってくるわけです。だって、1回のミラクルを出すより、乗せてイーグルの方がはるかに楽なわけですから。すなわち飛距離というのは、どうしても外すことの出来ないステータスの1つなのです。

また、飛距離のメリットというのはほかにもあります。 一番大きなメリットが、やはりパー5や難しいホールの難易度が落ちるという点でしょう。パー5というのは明らかに届かないとかでもなければ、イーグルを取らないと厳しいホールです。みんゴルというのはこのパー5といわゆる難関パー4やパー3を乗り切れるかで勝敗が決まってくるゲームなので、この難易度を落とすことが出来る飛距離というのは大きなアドバンテージになるのです。

次点でスピンでしょうか。難関コースになると、スピンというのはかなり重要になってくるので、出来れば上げておきたい要素の1つです。

リセマラの当たり

正直これしかないです。

ほかにも似たようなものがあるかもしれませんが、やはり飛距離オンリーアップのものが好ましいです。ボールにもあるのでそちらも当たればなおよしですが、かなり厳しいと思われるので、最低限プレミアのボールがあれば始めてしまっても良いと思います。(ガチャ自体はたくさん引けるので、とりあえず進めてから引くでもおk。

このピコハンにプレミアボール (パワーぶっぱ) トレーニングでパワーフルアップをつけることで、最初のコースならどちらのパー5もイーグルを取ることが可能になります。(3hは1打目に確かジャストが必須?)

実際にみんなでゴルフをしてみた

結果はこんなもん。初期コースなので、ほとんどミスる要素もないので、リリース初日でも-9~-11は出せるようにしておきたいところでしょうか。

次回からはコース別の攻略をしていきます。本当に面白いので、課金もするかも!?


スポンサードリンク
g4395
so5bo



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article