【みんゴル】ピコハンが弱いのかはたまた使い手が悪いのか l アデの半可通日記


【みんゴル】ピコハンが弱いのかはたまた使い手が悪いのか

☆筆者は アデ という名でプレイしております!フレンド募集の際はコメント等に何らかのメッセージを残してもらえれば、優先して許可します。 ID 6584450932 ルームの案内などは、こちら。newみんなのgolfとみんゴルのアプリの攻略記事を こちら にまとめました。

巷ではピコハンが弱い弱いいわれていますが、まあ確かに使いやすいというわけではないのは間違いないでしょう。ただ本当に弱いのか?という点については、僕は同意しかねます。今回は、リセマラ3強と呼ばれる、ストレングス・スーパーショット・ピコハンについて、軽く解説をしていこうかなと思います。

以下


スポンサードリンク

それぞれの特徴

ストレングス

弾道はまっすぐでハイ、スピンは低め、コントロールは-32と大幅ダウン、逆にパワーはトップで136という性能。

これだけ見ると、かなりの高性能のように感じますが、実は大きな欠点というのはあります。それは、このクラブだとロンチは相当運が良くないと多分入らないし、難しいホールだと難易度が上がる という点です。

まずロンチが入らないという点。これはハイで低スピンという点にあります。そもそもロンチ (分かるとは思いますが、ロングチップイン) というのは、バウンドで入れるよりも、ランで入れることの方が遥かに楽なのは分かるかと思います。(ランだと猶予があって縦の誤差を多少はつぶしてくれる。その為、本家では転がすかスピンで戻して入れるか、もしくはピンに当たるかの3パターン。)

この点から考えますと、ハイという弾道は、いわゆるランではなく、垂直方向に勢いを消しやすくなるので、バウンド量がおのずと多くなるのです。

バウンド量が大きくなれば、まあ入ることはほとんどなくなるので、ロングチップインを狙うという点ではダントツに性能は低いのかな?と思います。ただし、高等テクニックとして、残り距離に合う番手ではなく、残り距離が90yでも弾が低くなる3I等で狙うといった、ラン戦法を用いれば、いくらでもカバーは出来るので、そこまで大きなマイナスではないのかな?とは思います。

もう1つ、難しいホールだと難易度が上がるという点については、多くの人が勘違いをしているのですが、ハイだからボールが止まりやすいわけではないという点です。確かにノースピンではハイの方が止まるのは事実ですが、バックスピンについてはみんゴルではファンタジー上の仕様になっているので、スピンをかけたときは当然スピン力が高い方が止まります。(ジャストしたらの話)

また、スピンというとバックスピンにばかり注目がいきますが、トップスピンも弱くなるので、転がしたいときにトップスピンをしてもたいした影響を受けなくなることから、もしかしたら飛距離もスピンが強いクラブに負けてしまうかもしれません。

さらに、ハイだと風の影響ももろに受けてしまうので、おそらく強風になると、多くの人がまったく寄らないということになるかもしれません。(本家でもハイで強風を飼いならせるのは、トップクラスの人のみ。単純的に増えるわけではないので、難易度は大きく上がります。)

スーパーショット

パワーがストレングスに次いで高く、コントロールも高めでまっすぐ飛ぶ。ただし、スピンが弱く低弾道というデメリットがあります。

まあ過去作をやっている人であれば、あんまり使いたくはない条件のクラブです。確かに、コントロールは良いんですが、だから何?というのが僕個人の印象です。前にも触れたような気もしますが、コントロールがDとⅭとかの差程度じゃ、大して変わりません。これがSとかなればまた別問題ですが、ちょっと高くなったくらいで、毎回チップインをしていたら、おかしいですよね。

というわけでコントロールというのは、死にステータスであり、Sまであげたとしてもそれにパワーが伴っていなければ、無意味なんだということが分かるかと思います。ではほかの部分について見ていきます。インパクトについても語る必要は無いと思うので、割愛。

低弾道とスピンについて。これは一見するとデメリットのように思えますが、ランが出しやすいという点は強みだと思います。トップスピンというスピンに頼らなくても、ランによって寄せることが出来るので、グリーンが上り気味の場合でも、かなり攻めやすいと思います。当然先ほどにも書いた、番手を上げるようにすれば、ロングチップの確率はぐっと上がるかと思います。でも、スピンが低いわけで、難関ホールは多分かなり厳しい。風による影響は軽減できるものの、スピンが圧倒的に低いので、バックスピンファンタジーゲーにはなることは無いと思います。

ピコハン

僕も愛用しているピコハン。性能は、パワーが上の2つに比べると4、5yほど低く、弾もフェード気味なので、使いにくいのは間違いありません。ただし、スピン性能が高く、コントロールは程よくマイナス、パットコントロールも良いという、かなり高性能なクラブとなっています。

フェード気味という点についてから解説を。これはまあ初心者にとってはというより、本家のフェードと露骨に挙動が違うので、扱いにくいというのが実際のところだと思います。実際はブレもあったりして、どういう演算がされているのか?というのは分かりにくいのですが、普通に打ってもおそらく極端に右にいったり、左にいったりすることがほとんどなんじゃないかなと思います。

ですが、右にサイドスピンをかけると これらのフェード独特のブレが軽減されるので、実はそこまで大きなハンデではないというのが実際のところです。特に番手がSWとかになると、右にかなり流れやすくなりますが、サイドスピンをかけてあげることで、その挙動がある程度は抑えられます。(少しは補正が必要) 実はこういったフェードは、本家では玄人の人に好かれる傾向にあります。それは、サイドスピンをノーリスクで使えるので、スパイラルが狙いやすい からです。

また、フェードに曲がるということは、フェードに曲がることを生かした戦法を取ることが出来る、という点も魅力的なひとつです。例えばスコティッシュ4h。ピコハンなら城に当たることもなく、簡単に乗せることが出来るので、それだけで一気に有利になります。ストレートボーラーが多ければ、フェードが有利なコースならそれだけで優位に立てるということになります。(希少性) 逆に、ストレートが有利なら参加しなければ良い。(実は本家には左利きというて設定も出来るので、実はこのフェードデメリットが無いのです。上手い人は左利きでも戦えます。)

さらに、スピンが高いという点も将来性抜群です。理想はボールもピコハンですが、スピンがⅭとかBになるだけで、番手が上がってもスピンをかけられるようになると予測が出来るので (本家ではSあると5Wでも焼ける)、ハイにならないスピナーとなる可能性があることから (本家ではスピンが一定値を超えると、自然にハイになる) 、強くなるのは明白でしょう。

まとめ

クラブというのは一長一短ですが、僕個人の印象としては、ピコハン ≧ スーパー > ストレングス (追記 ただし、4y程度の差が大きな意味を持つ場合はピコハンは下位互換になります。) かなと思います。ストレングスは器用貧乏になりやすく、スピンもないハイということなので、ただ難易度が上がってしまうだけなんじゃないかなと思います。事実ランクマでも、プロ等で強風が吹いてると大抵明後日の方へ飛んでいる人が多いので、まあ初心者にはあんまりおすすめは出来ません。

ピコハンとスーパーなら、ガチでやるつもりならピコハンを練習、それなりを目指すならスーパーで良いんじゃないかなと僕は考えております。


スポンサードリンク
g4395
so5bo



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article