【みんゴル】某掲示板の大会?に参加してきました! l アデの半可通日記


【みんゴル】某掲示板の大会?に参加してきました!

☆筆者は アデ という名でプレイしております!フレンド募集の際はコメント等に何らかのメッセージを残してもらえれば、優先して許可します。 ID 6584450932 ルームの案内などは、こちら。newみんなのgolfとみんゴルのアプリの攻略記事を こちら にまとめました。

個人的に、論争自体はどうでもいいのですが、このおかげでみんなの対戦の熱が上がってくれるのは本当に嬉しいです。みんゴルって結局のところ、スコアを競い合うゲームなので、優劣ってのはどうしても生じてしまうのですが、その優劣のおかげで悔しいとか嬉しいとかの感情がかなり出やすいゲームなので、本当に盛り上がれる面白いゲームなんですよね。(ゲームなんだけど、周りの真剣さを感じられるので、しらけにくい)

昨今では、様々なEスポーツが出てきておりますが、みんゴルってのは長いゲームの中で、攻めと守りを繰り返していくような、要するにメンタルを保っていく為に自身の弱さに打ち勝つ、即ち競い合うというよりは、自分との戦いになることが多いです。この辺りは対人の駆け引きの色が濃い、他のEスポーツとはまた違った一面があります。

また対戦というと、マッチバトル (1vs1) をイメージする人も多いんですけど、やっぱり真にみんゴルを競い合えるのは、長丁場であるフルストローク。それも1回だけじゃなくて、3回くらいやって初めてみんゴルの実力というのは出やすいです。以前レッドブルかな?で、大会みたいのがあったのですが、確か9hマッチのポイント即決というルールでした。尺的にはしょうがないのかもしれませんが、これじゃさすがに優劣はつけにくいです。(じゃんけんで勝敗をつけていくような、運寄りの勝負)


スポンサードリンク

某掲示板の大会に参加した結果!

自分は最初ベーシックで参加しようかなと思っていたのですが、ガチな人が多かったので、真面目にということでピコハンで挑ませて頂きました。今回のコントロールの調整によっていくつか読みに修正を入れる必要はあったのですが、他のギアに比べるとそこまでは影響が無いかなというのが、本音。全体的な印象としては、アイアンはほとんど一緒、ドライバーがかなり難しくなった という印象です。際どい場所をベタ狙いをすると予想外なとこに飛んでしまいやすいので、出来れば目安打ちをするのが好ましいです。

※目安打ちというのは、ノーチャンスにならないような場所の付近に落とす打ち方。パットのリカバリー力が必要なものの、比較的安定してスコアを出し続け易い。

で、実際の結果がこちら!!

ノーミスである-11を達成し、無事この組では優勝!今回はこのラウンドを少し振り返ってみようかなと思います。

パンターノ

パンターノ自体は、癖が無いので難易度は据え置き。各ホールの解説はこちらにまとめてあります。パンターノカントリークラブ ノーミスは-11

今回は254yのパワー3回のキャラで挑ませて頂きました。ここまで飛ばすことが出来ると、-11もかなり現実的なスコアとなります。

1h

左右に2つのフェアウェイがありますが、左の残り140~150y付近に落とすと、ライがよく狙いやすい。ここはパワフルショット+グレート (以後パワ〇〇に統一) で3100ポイントを稼ぎました。

2h

今回のピン位置は手前のカラーからピンまでの距離がかなり短い位置。本家の場合ですと、こういった条件はかなり難しくなるのですが、アプリ版では比較的止まりやすく奥には流れにくいので、難易度はそこまで上がらない。ここはパワーショットを使っても使わなくても良いですが、今回は使い残り215y程度からの、グレートショットを獲得。当然イーグルセーブ。

3h

252yを超えてくると、普通のショットで奥まで一気に飛ばすことが可能。これで残り140~150yにし、グレートかウルトラかはうろ覚えですが、寄せてきっちりバーディセーブ。

4h

難所であるパー3。ピン位置は寄せにくい手前。手前のラフに捕まると、ノーチャンスになってしまう可能性もあるので、狙いすぎないように確実にグリーオンをさせたい位置。今回はかなり攻めましたが、残り4mくらいに。ラインは簡単だったので、しっかりと沈めバーディ。

5h

ここも飛ばして、残りをアイアンで狙うことが出来れば難易度は下がる。ここはきっちり寄せて、バーディ。

6h

ここでやらかしてしまった。落としどころが分からず、左のセミラフへ。セミラフの運ゲーで97%を引いたことで、残り4mちょいになり、これを沈めて無事バーディ。危なかった。

7h

パワフルショットを狙うとなると難易度は上がりますが、パワフルを捨て右の小島を狙っていけば難易度は低め。今回は小島を選択し、グレートまで寄せてバーディ。

8h

このホールはビギナーであれば簡単ですが、今回は比較的攻めにくい手前ピン。ここで痛恨のパワーミスからのショートで、グリーン手前ギリギリへ。残り6mちょいありましたが、ラインがかなり読みやすかったので何とかセーブ。

9h

パワーを2回余らせていたので、ここはアンダーパオン可能。1打目は右のフェアウェイへラフにいかないあたりまで飛ばして、残り262y。パワーショットから264yでなんとグレートショット。当然これを取ってイーグル。

といった感じでしょうか。危なかったのはやはり6hと8h。パットラインに恵まれたのかなり大きかったです。というわけで、今回は某掲示板の大会の結果発表でした。強い人たちとやるとほんと面白い!!

またこういった強者の人達とラウンドすると、おのずと集中してプレイをしていくことが出来ます。この集中をしている状態というのは、自分の素が出ているときであって、実は一番ミスが出やすい状態です。つまりこういった状況で、迷わずにラウンドし続け、ミスを減らすことが出来れば、おのずと技量というのは上がっているものなのです。上手くなりたいなら、とにかく手が震えるくらい緊張しよう!!

ここまで読んでくれ方でまだ参加したことが無いよという方は、これを機に武者修行のつもりで参加してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク
g4395
so5bo



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article