【DQMJ3】久しぶりのジョーカーシリーズ 出来栄えはどんなもんかな? l アデの半可通日記


【DQMJ3】久しぶりのジョーカーシリーズ 出来栄えはどんなもんかな?

dq0221

© 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO

このページではDQMJ3の発売前情報をまとめています。自分の作品プレイ経験は、1・2はリアルタイムでプレイ済み。テリーのリメイクもプレイしています。そこまでガチにやり込んではいませんが、それなりの知識と経験はあります。


スポンサードリンク

公式サイト

DQMJ3について

DQMJってどんなゲーム!?

もともとはドラクエ5・6の仲間モンスターシステムが元祖。そこからモンスター育成・配合要素を加え、ドラクエモンスターズとして誕生しました。手軽に遊べるのを主としていたため、シリーズのほとんどは携帯機で発売されています。携帯機がゲームボーイアドバンスからDSに変わり性能の進化とともに、表現の幅が大きく増えたため、「ジョーカー」をつけてDQMJが発売された。そのシリーズの3作目となるのが今作。

よってリメイクなどはなく、完全に新作なのが大きな特徴。また、そのひとつ前のナンバリングや外伝作品のモンスター が多く登場するのも、モンスターズならでは特徴ともいえる。なお、ジョーカーシリーズからは 基本モンスターのリストラはなく、今までに出てきたモンスターが続投になる ことが多い。当然 1・2・2p と続いてきたわけですから、多くなります。噂では500を超すとも・・・。

こんなモンスターが登場!!

DQ10のモンスター

一時期フィールドを賑わした キラークリムゾン や、サブクエストで登場した 魔女グレイツェル、ストーリーで登場した 飛竜 (全色いたw) 、もしかしたらマデサゴーラなども登場するかもしれません。おそらく魔勇者とかあとなんだっけあの幹部のひと (ゼルドラドですね)。あとは手下のモンスターたち。意外なところで、炎魔アグニースなどなどいろいろなモンスターが候補に挙がってきますね。

DQスマホゲー

上で書いたキラークリムゾンは元来モンパレのモンスターでしたね。サイト内ではベスキングとグランシーザーというモンスターが紹介されていますが、やったことないので分かりません!!

今作の新要素

ライドシステム

今作はすべてのモンスターに乗れるらしい。キラーパンサーとかに乗れるのはなんとなく想像もつきますが、ミミックとかに乗れるのは若干想像がしにくいです。公式サイトにはドラキーに乗っている姿があります、主人公重くないのかなー?実は特殊な技術で軽くなっているとか!?

イメージチェンジ

今作の主人公はイメチェンが可能!!まったく興味はないけど大々的に描かれているから抜粋!!まあ新しい要素よりも、既存のコンテンツをしっかり伸ばしてほしいとは思うので、新要素にめぼしいものがないということは、ある意味安心ということにもなります。

今作のストーリー

モンスターズのストーリーはジョーカーシリーズからは、ほとんどおまけ程度。今作ではどのようになるのか気になります。

過去を取り戻す冒険?

公式サイトを見る限りは、大雑把なストーリーは、過去の記憶のパーツを探す旅。おそらくいつものジョーカーであれば、ボスを倒すたびに記憶が戻って、最終的にすべての記憶が集まって・・・という流れになるはず。まあテンプレでいいんですよ!面白いのはモンスターを育成することなのでね。

世界観

スクリーンショットを見てみると、モンスターがお店などを営業しているものがあります。まだ真相は分かりませんが、ワールド名も ブレイクワールド ということは、人間の身に何かあったのか?とも考えることが出来ます。この世界での 人間 は今までのシリーズの 人間 とは位置づけが少し異なりそうですね。

PVを見ての感想

スクエニさんのPVは相変わらず秀逸ですね。しかも登場モンスターがバージョン3のモンスター。10ユーザーならモンスターマニアでなくても、にやけてしまうモンスターばかりです。キラークリムゾンを出すあたり確信犯のような気がしますw

それにしても最後のシーン。主人公の手にドラゴンの顎角が当たらないかヒヤヒヤしますね。刺さったら痛そう・・・。

まあ冗談はこのくらいにして、DQMJ3 には wifi による通信対戦があります。こちらが今作のメインコンテンツといえる遊びです。次回は過去作に着目して、前作をやったことがない!という人に向けての戦闘関連の記事を書こうかなと思います。

気になる人は ↓amazon で DQMJ3 をチェックしてみよう!


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article