【仁王】体験版をソロで攻略したい方に送る手順 l アデの半可通日記


【仁王】体験版をソロで攻略したい方に送る手順

ムズゲーと噂された仁王ですが、初見でだいたい4時間程度 (何度も書きますが、自分の初見力は乏しいです。なので勘が良い人ならもっと早くクリア出来るはず) 、1回クリアしていればだいたい1時間程度で2つのミッションをクリア可能です。レベル1ノーダメージボス攻略記事を書きました。▶ 【仁王体験版α】レベル1でノーダメージでボス2体をクリアした戦略とは!?

この記事では、初見プレイ時の生放送(実況)を載せておきますので、参考にしてみてください。


スポンサードリンク

ミッション1

最初の鬼まで

体験版なのでバランス調整不足なのか、ほとんどの雑魚の攻撃で死んでしまいます。出来る限り1対1且つ戦闘をしないルートを模索していきましょう。そう考えれば最初のお社までは1本道になるはず。メタルギアのスネークのように隠密行動で行きましょう。

続くお社も道なり。ある程度進むと鬼との戦闘。基本ヒット&アウェイ。特に分かりやすいのが縦振りと腕が光る掴み技。こちらは硬直が長いのと分かりやすいのもあって安全に攻撃可能。他は2連撃などもあるので、慣れてくるまでは回避に専念(距離を取る) したほうが良いと思います。鬼を倒せば鍵がもらえるので、ドアを開けてそのまま道なり。

第一ショートカットまで

道中に二刀流鬼がいるので、倒します。先ほどの鬼と比べると強いので注意。基本距離を取ってちまちまやるのが無難。幸いお社も近いので、何度も挑戦可能です。

それ以降は鎧武者のとこの梯子を上り道なり。道中また鬼がいますが、慣れてくればスルーしてショートカットを開通することも出来ますが、基本は道中の敵は全倒し。進んでいくと行き止まりのように見えますが、櫓から家の屋根に飛び移ることが出来ます。その先にはしごをおろせる場所があるので、忘れずにおろしましょう。おろしてしまえば死んでしまっても良いので、強引に突破してもおk!場所は屋根の上の鬼の前の場所です。

第2ショートカット

道中がかなり難しいので、心折れるゾーンでもあります。道中の雑魚が厳しいときは、弓でヘッドショットを狙うのも良いでしょう。頭を狙い打てば大体の敵は一撃で沈みます。

広い海辺のようなとこについたら、外周を右回りに。途中這いピッケルおじさんがいるので、注意。崖の上にショートカットを開けたら、いらない防具や武器を売っておきましょう。

この先にボスがいますが、上で書いたはしごの前の武者を倒すと確定で回復役をドロップするので、マラソンをすれば10個まで貯蓄可能です。どうしてもボスが倒せない方はマラソンをするのも考慮に。

鉄球マン

追記) レベル1ノーダメージの記事を参照ください。

ミッション2

最初のショートカット

道中の敵が強いので、スルー推奨。最初のショートカット前までで最後までついてくる敵は忍者タイプのみ。なので、最初の忍者タイプさえ倒してしまえば、走り抜けが出来ます。

基本スタート地点に戻ってくるように池の周りを右回りに回ります。道中鬼湧きポイントもありますが、スルー出来ます。ショートカット前の門にも湧きポイントがあるのですが、その近くに這いピッケルおじさんがいるので、出現前に倒しておくこと。

湧きポイントでは一つ目巨人が出てきますが、門から遠ざけるように誘導すると戦わずともショートカットを開けることが出来ます。ショートカット開通後はお社が近くにあるので、開通後に倒すようにしましょう。

ショート開通後は道なりに最初の分かれ道を左から回るように進んでいきます。道中の湧きポイントの敵を倒していくと、ボス前。ダークソウルとは違い、ボスになっても入ってきた雑魚が消えるようなことはないので注意。

虎戦

かっこいいプレイを目指しているわけでもなけば、適当に離れていれば攻撃チャンスが勝手にきます。その際首あたりを攻撃するようにすると大ダメージを奪うことが出来ます。張り付いていると、尻尾攻撃がかなりしんどいので、張り付かないほうが戦いやすいです。

ごろりん

プレイヤーに向かってごろりんと横になってきます。飛びかかり時に近すぎない限りは当たり判定もないので横にごろんとなった後に近づいて攻撃していきましょう。

雷ブレス

放送内では狙っていませんが、普通にダッシュで左から近づけば反撃可能。

ひっかき

対応するのが難しい攻撃。中距離にいる場合は素直にちょびダッシュで離れる。張り付いているときは懐に潜り込むように移動すれば、殴り放題です。

その他の攻撃は反撃をする機会も少ないので、回避専念が良いです。ちなみに落雷攻撃は、入口付近にいると屋根で守ってもらえるので、入口方面に虎を誘導していれば、殴り放題になります。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article