【仁王】闇の奥ソロ とにかく確実に敵を倒す技術を身につけよう!! l アデの半可通日記


【仁王】闇の奥ソロ とにかく確実に敵を倒す技術を身につけよう!!

初回の体験版しかやっていないので、ここからは初見です。なので、ここからはリアルタイム攻略をしていきます。アイテムなどはちょっと分かりにくいので、割愛。


スポンサードリンク

仁王_20170209125503

闇の奥

温泉前まで

少し進むと、兵士が2体右奥に宝箱があります。いきなり2体1の戦いになりますが、どちらも最底辺の足軽なので、適当に間合いを取りながら倒していきます。基本的に複数戦の時は、間合いで攻撃を釣っていくのが良いかと思います。ここでダメージを追ってしまったら社に戻って回復をしたほうが良いです。

進んでいくと崖エリアに1体。その先の開けたエリアに槍兵隊長 (以後長と命名)・足軽1体・見回り足軽1体・火弓持ち足軽1体が待機しています。安全に行くのであれば、矢でまず2体呼び、崖のエリアで丁寧に倒していくのが良いでしょう。火弓の方の扉はカギが締まっているので、下を進んでいくと、その先にも足軽+槍長がいます。

宝物庫に途中妖精がいます。

長との戦い方

長系統は基本3連撃を主に攻撃をしていきます。まずは3連撃のモーションを覚えてそこを反撃していきましょう。慣れてきたらほかのモーションにもチャレンジしていって下さい。

途中ぬりかべがいますが、よく分からないので今回はスルーします。途中長なども出てきたりはしますが、落ち着いて倒していけば問題なし。さらに進んでいくと以下のような温泉があるエリアに到着します。

仁王_20170209130730

温泉後~社まで

進んでいくとカラスがたくさん出る場所が落とされないようにガード等で対応。亡者×2 火弓亡者×1が潜んでいるので、先に始末を。その後斧鬼と戦います。途中亡者が出現するの、その亡者をロックオンしてから、斧鬼の攻撃をまず空ぶらせてその隙に亡者を倒してしまいましょう。その先に、右の奥には亡者+足軽亡者、左の順路には、1体亡者が潜んでいるので、不意を突かれないように注意を。

足軽亡者

各種武器タイプがいますが、2連撃が多め。2連撃を反撃できるようにすると、良いでしょう。ほかの武器種によっては変わるかもしれないので、その都度対応。モーションを確認してから反撃をして下さい。

途中厄介な亡者長がいるので、このスクショの位置から遠距離攻撃で仕留めていきましょう。その先に妖精さんがいます!!

仁王_20170209143118
仁王_20170209143246

途中下に降りられる場所があるので、そこから降りてその先にいる斧鬼を倒した先に、社があります。足場がかなり悪いので、出現させたら
その先にさらに降りる場所から降りて、一気に梯子を下ると、下のエリアに降りられるので、そこから上に走って戻れば、倒さずとも社には到達可能。ただ危ないとは思うので、倒すのが無難。

社後~

仁王_20170209144102

下に降りると、大量の鬼が配置されています。スタミナを削ったら残心を駆使して、倒していきましょう。ほかにも1つ目巨人(以後1つ目) がいますが、基本はスルーで。降りてから向かって前方に常世があるのでそれに触れると、1つ目との戦闘です。奥にも野良の1つ目を呼ばないように慎重に立ち回りましょう。

1つ目との戦い方

左パンチから繰り出される高速パンチがかなりきついので、右回りよりも左回りの方が安定するかもしれませんが、基本は回るように行動します。鉄球の後半の形態と大差はないので、そこまで苦戦することも無いんじゃないでしょうか。最悪スルーも可能です。

化け物女戦

仁王_20170209154133

最初のうちは非常に素早い動きに翻弄されてしまいますが、慣れると攻撃できるタイミングも多く、比較的倒しやすいボスです。ただし、ほぼ即死確定の闇玉だけはフレーム回避必須の為、気が抜けないという点で難しめ。

スタミナ管理を大切に

このボスを倒すうえで一番大切なのは、とにかくスタミナ管理を怠らないこと。それを前提に以下の反撃ポイントを意識しましょう!!

傘と足蹴リコンボの反撃がダメージソース

出来る限りこの2つの技を誘うように、行動するのが基本的な立ち回りです。この2つの反撃ポイントは、中距離意識です。2つの技とも射程はまったくないので、1回後ろにステップを踏んでしまえば、あるいはちょっと後ろに下がるだけで、張り付いていてもすべての連撃を射程外にすることが出来ます。それを利用して、攻撃を誘い空ぶらせたところを向かって左から回り込むように反撃をしていきます。その後深追いはせずすぐ中距離に戻ります。その際注意点が1つ。

この連撃は2発なのか3発なのかが事前の動きで分からないため、どちらにも対応できるように立ち回っていかなければいけません。その辺りがこのボスの慣れに位置するとこなので、しっかりと練習しましょう。

中級者向け!!敵の距離置きステップもチャンス

ある程度間合いが分かってくると、相手の動きがスローに見えてくるかと思います。そのレベルまで行ければ、相手のステップにも合わせて攻撃を仕掛けていきましょう。その際は後述するスタミナを意識するように。

回転攻撃はガード安定

近接攻撃のほかに、回避が難しい回転攻撃をしてくるのがこのボスの厄介なところ。多段攻撃となっているので、離れてるのでなければ基本はガードで凌ぎます。その時に重要になってくるのが、スタミナ です。この攻撃はスタミナ削りがそこまで高くはない物の、多段で攻撃してくることから、ある程度のスタミナというのは必要になってきます。このスタミナを死守出来ていないと、ダメージを喰らってしまうので注意!!

ちなみにこの攻撃は反動がかなり大きいので、しっかりと反撃をして、ジャスト残心で常世を祓う ようにして下さい。反撃後は中距離へ。

闇玉攻撃と突進

闇玉攻撃は当たると、麻痺が確定しまう上に、ガード貫通の攻撃のため、回避必須です。その際、テレビの遅延にもよりますが、女の 「ハ~」みたいな掛け声を目安に、避けるタイミングを覚えると良いです。もちろん距離にもよりますが、遅延0のモニターで、見てから回避が出来ないので、市販のテレビ等の場合は相当早めに避けないと当たってしまう可能性が高いです。ダッシュで避けられる可能性もあり。

突進攻撃に関しては、見てからギリ( 遅延0の場合 ) で100%回避可能。追尾性能が高いので、早めに避けると当たります。ちなみに、どちらも敵との位置によっては反撃も狙えるので、余裕があれば狙っていきましょう!!

後半

スタミナ0になると、一時的に静止しますが、回復薬に余裕が無い場合は、復帰後に来るつかみ攻撃には気をつけましょう。さてここから後半戦!!

掴み攻撃は大チャンス!!

掴み攻撃が追加されていますが、避けやすく硬直もかなり長いので、反撃の絶好のチャンス。ただしガードをしていると、距離を詰められて掴まれてしまうので、基本ノーガードを意識しておきましょう。ノーガードであれば、歩いてもしくは近くてもちょっとステップを挟めば避けられます。

飛翔攻撃は派生なので注意

飛び上がると、3種類 (正確には2種類) の行動に派生します。まずは闇玉攻撃。これは地上の場合と一緒。もう一つは、新技羽攻撃。こちらは変にかわすよりも、ガードをしましょう。要するに飛び上がったら、闇玉を警戒しながら、ガードをしておくということになります。

また着地の代わりに上でも書いた突進をしてきます。こちらもかわし方は一緒。なるべく引きつけてからかわします。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article