【仁王】魔王耀変ソロ!! 攻略完了!ネタバレ注意!! l アデの半可通日記


【仁王】魔王耀変ソロ!! 攻略完了!ネタバレ注意!!

ラスボスはかなり強いですが、スキルをしっかりと準備することで突破可能。


スポンサードリンク

魔王輝変

序盤~

仁王_20170212031427

なんか仲間いるんだけど、今回は共闘なのかな?とりあえず道なりに進みましょう。

第1エリア

行けるのは左のみ。道中の雑魚については、仲間がかなり強いので、任せておけば正直大丈夫です。妖鬼や、骸骨、大入道などが出現します。守護霊などを使えば、乱戦になっても比較的安全に戦えます。進んでいくと、次のエリアへ行ける足場があるので、渡って次のエリアへ行きましょう。ちなみに仲間が倒れたとしても、救援することが可能なので、実質HPは無限だと思います。

第2エリア

足場移動後は、そのまま目の前の門へ。進んでいくとまずアムリタ妖鬼と足軽亡者。さらに進むと、廊下に二刀流。その先に足軽亡者×2。進むと、狙撃兵+常世ラッシュ。とりあえず常世から現れる敵は、仲間たちに任せて先に狙撃兵を倒しに行きましょう。その後、仲間と合流して戦っていくのですが、烏天狗かなり厄介なので、とりあえず一回はしごの下に避難を。そこなら落ちる心配もないので、安心です。

それらを突破すると、また移動できる足場があるので、進んでいきましょう。

第3エリア

いきなり上空から二刀流妖鬼が落ちてくるので、注意。その後、骸骨の方へ行き左の常世エリアに行きます。そこで1つ目を倒したら、今度は右のエリアへ。常世がありますが出てくるのは先ほどとほとんど一緒で、烏天狗と1つ目と妖鬼と大入道。守護霊がいれば使用しておきましょう。また、隣の本殿に狙撃兵がいるので、倒しておきましょう

その先の門を開け進むと、仲間との冒険はここで終わり。

天守閣へ

足場を渡りその先の門を開けると、社があります。ここで準備をしっかりと整えていきましょう。ここからが本番です!!とりあえず常世を処理していきます。その後各門を開けると、過去の序盤のボスが出現し、戦闘が始まります。ボスの具体的な攻略は各記事を参考に。ここでは新たに追加されたモーションを紹介します。

南東 怨霊鬼

追加行動は、鉄球転がし。振り向いた瞬間くらいにステップを踏んでおかないと、回避が間に合いません。防御も不能だったので、普通に投げるパターンとの判断が必要になりました。

南西 飛緑魔

追加行動は、傘の新連携 (突き → 払う → 払う → ランダムで突き)。ただスタミナ奪取能力がほとんどないので、ガードで安定。相変わらず強いのは闇の弾。たぶんダッシュで良さそうだけど。

北東 鵺

特段変化はなし。たぶん帯電力が上がったとか?麻痺つくようになったとかかな。

北西 女郎蜘蛛

足の硬さがカチカチになり、ダメージを与えられなくなりました。作戦としては、閉鎖状態の時は、攻撃を釣って、一撃だけ体に入れて離脱が良さそうです。それ以外は普通のと一緒。トータルで一番弱い。

下に降りると、中央の間にぬりかべ。倒すと湯があります。そしたら、再び社へ。中央のエレベーターで上の階へ行けます。

織田信長戦

仁王_20170212051049

シンプルな攻撃が多く、丁寧にやればそこまでは強くはないかと思います。ただ風の属性攻撃だけは、いまだに分からない。

通常モード

スーパーアーマーではないものの、3発目以降はオードガードが入り、更に高確率で反撃されるので、攻撃後は防御必須。通常攻撃のパターンは、5連撃と2連撃で、プレイヤーの距離によって途中でやめたりもします。基本はガードで凌いで、その後2発反撃というのがオーソドックス。また、スーパーアーマーではないので、こちらから仕掛けても良いでしょう。

属性宿し

火・水・風・雷・闇をベースに剣技は固定。

各種剣技

通常時よりも隙が多くなっています。反撃が確定で出来るのは、大きく1回縦に振るパターンと、2連撃やグルグル攻撃。突進は次硬直もほとんどですし、3連撃のコンボも2連撃で終わったりもするので読みにくいことから、あまりお勧めはしません。確定で反撃が出来るものに挙げた技は、ダッシュ等で簡単に避けられることから、非常に楽です。

属性攻撃

この属性攻撃をすると、刀から属性が消えます。火と水はダッシュで対応可能。雷は絶えず歩いていれば当たらない。闇は床を良く見る。風は分からない!!

という感じで、いたってシンプル。いかに無理せずミスらずに戦っていけるか、というのがこのボスの課題です。

ケリー戦

前半

気を付けるべき点は、1点のみ。近づいてきた際のケリーの行動です。ガード可能技と不能技のどちらかをしてくるのですが、その対処を。

近づかれた際

2択になりますが、簡単に対処可能。この2つは同じモーションのように見えて実は明確な違いが1つだけあります。それが、技の出の速さ。突き攻撃の方が速く、掴み攻撃の方が遅いということなので、ベストな対処法としては 掴み攻撃のモーションが見えたらステップを後方に踏む というもの。つまり、掴み攻撃のモーション以外はガードしながら後退しておけばよく、掴み攻撃のモーションを確認したら、ステップを踏む、ただそれだけです。

これを意識しておけば、後半戦のフェイントにも対応出来ます。

後半戦

近づき攻撃のバリエーションが3種類になります。1つは前半と一緒。もう2種類はワープです。ただ、基本は一緒。掴み攻撃のモーションが見えたらステップを踏むだけ。それ以外はガードでおkです。

攻撃方法/h4>

基本は2回殴って後退です。それ以上はガードをされることも多いので、意味なし。しかも離脱しておかないと範囲攻撃を喰らう恐れもあるので、危険。

その他の技

致命的な攻撃は少ないのでざっくりと。だいたいの蛇攻撃はダッシュ+ステップで避けられます。その場攻撃が2種類ありますが、風はガードも可、火の方はモーションが遅いので、離れればおk。唯一分からないのは雷の蛇攻撃。回りこめばいいのかな?

ヤマタノオロチ戦

仁王_20170212171133

まともに戦ったらあほらしいほど強いですが、下準備をするとかなり楽に討伐可能。このページでは双剣での攻略をしていきます。

用意するもの

陰陽師スキル 修羅符 4枚程度

陰陽師スキル 養身符 あればるほど欲しい

神麹 最後の保健用

守護霊は武技強化系

双剣スキル 水形剣 弐 (必須)

なるべく火力に振る

大筒

一気に倒す

仁王_20170212181552

上のものを準備しておくと、最初の形態であれば攻撃後の硬直中に、水形剣で9割削ることが出来ます。また、修羅符はあくまで物理防御が下がるので、蛇のブレスなどには影響はありません。なので、どんどん使っていきましょう。そして地味に強いのが、養身符。中盤の複数戦で大活躍なので、ぜひ会得しておきましょう。

第1モード

ブレス以外は左斜め後ろの隅で避けることが可能。ブレス自体も威力はないので、正直無視でもおk。敵の攻撃後に、首に一時的に攻撃が出来るようになるので、スタミナをなるべく満タンにしつつ近づいて水形剣を当てます。これを2回繰り返せばまず落ちます。

第2モード

首降り攻撃はガードも可能。ブレス以外は中央寄りちょっと逆側に行けば回避可能。基本は、中央最前に立ち、2体の攻撃をかわすのが定石ですが、敵の攻撃が終わった瞬間に修羅符を使っておきましょう。これで、右の首を水形剣で攻撃すると、瞬殺できます。

第3モード

第2モードを突破すると、付近の石が壊れ左の内の2体の内どちらかがダウン状態になります。まだ、修羅符が継続中のはずなので、一気に近づいて水形剣で撃破します。

第4モード

仁王_20170212170350

ダウン状態にならなかった方の首を倒します。ここからはすべての蛇が攻撃をしてくるため、養身符や仙薬あるいは守護霊等で耐えていきましょう。首が攻撃可能になる前に修羅符を使っておき、一気に倒してください。その1匹を倒せれば、敵の攻撃が少し穏やかになるので、戦いやすくなります。後は残りの首を攻撃して、最後のモードへ。

第5モード

仁王_20170212170742

首が1体になると、体力が大きく増え本気を出してきます。ただ、叩き潰し以外はほとんど一緒なので、心配ご無用。一応保険用として神麹をセットしたアイテムショートカットにしておいたり、仙薬等で満タン (後方で喰らうと約1150ダメージ) にしておくと喰らっても安心です。僕の場合は首が狙いにくかったので、ちまちまやっていましたが、残す首によって今までと同様に狙えたりもするのかな?※ここでは修羅は使わないように。当たると即死する可能性大。

一応更なる安全策としては、大筒や鉄砲を使うというものがあります。大筒であればスタミナを一気に奪えるので、そのままダウン状態に出来たりもします。ダウン状態になれば水形剣で秒殺なので、個人的にはかなりお勧め。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article