【初心者のポケモン】さいせいりょく くろいきりヒドイデ6V l アデの半可通日記


【初心者のポケモン】さいせいりょく くろいきりヒドイデ6V

最近ちらほら見かける、ナインエボルヴの対策として、くろいきり持ちのヒドイデの厳選の作業をしていたのですが、ようやく終わりました。また、フカマル同様、こちらは数に限り(150匹近く孵化したのでだいぶ余っています。) 配布をしようかなと思ってます。万が一在庫がついた場合でも、どうしても欲しいというのであれば、孵化量産をしていくつもりなので、気軽にご連絡を。


スポンサードリンク

ヒドイデ

1329708056

4739761288

そもそもナインエボルヴってなに?

ナインエボルヴとは、イーブイの専用z変化技で、すべての能力を2段階上昇させます。またイーブイの素早さ種族値が55なので、例えば性格補正をしてある最速であれば、2段階上昇により、{(55×2+31+63) ÷2+5}×1.1で計算した後に、小数点を切りその後2倍した値、つまり234が実数値となります。

この234に勝つためには、そこそこ早いポケモンにスカーフを持たせ、バトンタッチを封じるちょうはつや技で倒しきる必要性があり、このイーブイを逃げる前に倒すことが出来なければ、その後出てくるエーフィ等にぼこぼこにされる可能性が十分に考えられます。もちろんスカーフでなくても、初手で倒せてしまえば問題はありませんが、初手からイーブイを倒すようなポケモンを出してしまえば、相手的にはかなり読みやすいことから、出し負ける確率もグッと上がってしまいます。

現状後出しで、確実に対抗が出来るのは、トリックルームかタイトルにも書いてある くろいきり かなと思われます。この2つのどちらかでも持っていれば、なまこぶしのz浄化にも対応がしやすいです。

くろいきりの効果

くろいきりは、タイプがこおりで、場に出ているポケモンの能力ランクをリセットする という技です。このz技が体力全回復ということなので、じこさいせいの代わりにも採用できることから、ヒドイデと結構相性が良いと考えることが出来るでしょう。

活用法

まだ実戦で使っているわけではありませんが、活用法としてはヒドイデに別の氷技を持たせて、状況に応じて使い分けるといったのが思いつきます。氷技といえばやはり ガブリアスとボーマンダ。ダメージ計算サイトにて、計算をしてみたところ、zふぶきであれば、とくこうに少し振ることで、HPマンダを確1で落とせることが出来ました。なので、万が一くろいきりが不要だったとしても、一応役割自体は確保しやすいかなというのが、僕の印象です。

またヒドイデ自体が、じしんをされやすいポケモンでもあるため、上の2匹を非常に呼びやすいようにも思えます。そのため、確実に上の2匹のじしん (マンダなら1舞くらいは耐えたい) を耐える物理受け調整はしておきたいところです。その他の活躍としてはどくびしなどで、毒をまいてベノム(ひとでなしだと、急所発動によりで交代出てくるかもしれないタスキ以外のコケコなどを、瞬殺可能) でフェアリーに圧をかけることが出来そうです。

さいせいりょくヒドイデの捕まえ方

そもそもさいせいりょくのヒドイデを捕まえるのが面倒くさいです。さめはだフカマルほどではありませんが、こちらも仲間呼び限定のポケモンとなっています。しかもその仲間を呼ぶサニーゴというポケモンがとにかく出ない。9番道路かメレメレ海の釣りポイントにて、低確率(波紋時のみかも) でしか出現しません。また出ても、じこさいせいなどの回復技や、出てきたヒドイデが確定でサニーゴに対して、攻撃をしてくるため、サニーゴのHP管理が非常に難しいのです。

僕の方法

32レベルくらいのゴロンダ ( いあいぎり からてチョップ なかまづくり みがわり ) を用意して、HPに気を付けながら、プラスパワーで火力を調整して厳選をしていました。

ちなみにこの子6Vですが、別に6Vを狙っていたのではなく、異様に攻撃を引き継ぎすぎて、結果として6Vを引いたという感じです。ボックスもヒドイデだらけで、おそらく150匹 (一部逃がしたりしてました) 程はいるんじゃないかなと思います。所要時間はのんびりやってたので10時間?くらいかな。ちょっと盛ってるかも。とにかくきつかった。冒頭でも書いた通り、孵化あまりもありますので、くろいきり目当てでなくても、欲しい方がいればぜひご連絡をください!!


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article