【初心者のポケモン】1600台から抜けられないジレンマ l アデの半可通日記

当ブログでは、通信進化のサポートをしています。通信進化をさせたいポケモンがいれば、ぜひご連絡ください!



【初心者のポケモン】1600台から抜けられないジレンマ

勝ち筋がなくなった場合は、早期降参などをして出来る限り回数をこなしてやっているのですが、中々1700台に到達することが出来ません。やはり、いわゆる対策が必要なポケモンが多く、その対策をすべてこなすというのは現実的ではないというのが、理由ではないかなと考えられます。

ただ、色々PTを編成していく中で、どういうPTだと1500を切る可能性があるかとか、どういうPTだと1600台が安定するかという点については、ある程度見えてきたので今回はそこに注目をして、今後の対策も含め書いていこうかなと思います。1400台で苦戦している人がいれば、上級者の特権のポテンシャルを問うような内容ではないので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに筆者のPTは、いまだに準伝は未採用。パルシェン・ガブリアス・ミミッキュ・ペルシアン・ドヒドイデ・メタグロスです。


スポンサードリンク

とりあえず1500を切らない技構成

ツイッターでもつぶやいていますが、アマージョなどのポケモンは、ある点を意識しないと、現環境ではほとんどささらないです。というか入れるだけで単純不利になる恐れがあるので、そういったポケモンを入れる際は、以下の点を意識すると活躍できるかもしれません。

1500を下回ってしまう構築

いわゆる平均レートを下回ってしまう帯の特徴としては、単純なポケモンの殴り合いである という点かなと思われます。単純にポケモンを出していき、有利であればそのまま殴っていき、火力でごり押すというのが見受けられます。そのため、じゃんけんになってしまうことが多く、何も考えなしに構築していれば勝率は伸び悩むと思われます。

また、この帯でも見るギルガルド・ギャラドス・コケコ・ポリゴン2といった、超がつくほどの対策が必要なポケモンも多く、そのポケモンを選出していなければ、場合によっては詰むみたいなことも多いです。というわけで、ポケモン単体の力で立ち向かおうとすると、どうしても運になってしまうことから、中々安定しないんじゃないかなと思われます。

1600付近で確実に戦える構築

このあたりになると、確実に対策の必要なポケモンが増えてきます。そのため、上記のようなポケモンの個の力に頼っていると、ますますしんどくなるんじゃないかなと思われるレート帯です。また、積んでくるポケモンも多いため、1手の読みで詰んでしまうこともしばしば。こういった環境下で安定して戦うためにはどうしたらいいのか。試行錯誤の結果、積まれても後続で対応がしやすい、リフレクター等の補助枠の存在 が必要だという結論に至りました。

この帯でかわらわりを採用している人は皆無に近いので、これらの壁は火力インフレの環境ではかなり刺さっています。具体的に書いていけば、例えばギャラドス。りゅうのまいをされると、後出しがかなり不利になりやすい状況 (下手したら負け) ではありますが、リフレクターを張ったらどうでしょう。相手通常のギャラドスから受けるダメージを基準としたときに、りゅうのまいをされたとしても、1.5の半分の0.75のダメージとなります。また、リフレクターは5ターンの効果が見込めることから、相手は以後物理に関しては通常の半分のダメージ効率で動くことになっていきます。

ポケモンも結局はターン効率を考えるゲームなので、この半分になるという状況は、相手的には死活問題であり、確定計算などが狂うことから、ある意味ギャラドス的には死んでしまったとも考えられる状況なのです。これを考えずに、単純にギャラドスに強いポケモンを採用しようとすれば、持てるポケモンは6匹なので、ほかのポケモンに対応がしにくくなるのです。

またリフレクターを張ることで、特殊型を引き出しやすいという特徴もあります。たとえばどうしても厄介な特殊型がいるな、という状況であれば、そいつを早い段階でつぶして、積みポケモンの一貫性を作るなんてことも出来ます。ここで大事なのは、どのポケモンにどのポケモンが来やすいかという点です。例えば、物理ポケモンが来やすいポケモンにリフレクターを搭載しておけば、その交換などによって勝敗が決まることもしばしばあります。

以上の点を踏まえ、だれに壁を使わせるか?というのは結構重要な要素になってくるんじゃないかなと思われます。同様に考えればトリックルームなどが強いのも頷けるでしょう。

今後の課題

やはり重いのはポリゴン2と鋼。ハッサムに関しては、ガブのホノオzでどうにかなるので、おいといてそれ以外の鋼がやっぱり重い。とくにテッカグヤでしょうか。ちょうはつもあんまり刺さりませんし、火力型も多いためとにかくきつい。これらの対策が出来れば、おそらく1700台も見えてくるんじゃないかなとは思っております。


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article