【ウィッチャー3】生放送内でグダグダながらデスマーチでクリア! l アデの半可通日記


【ウィッチャー3】生放送内でグダグダながらデスマーチでクリア!

生放送内でウィッチャー3をデスマーチでクリア致しました。攻略や情報などはほとんど仕入れていないかったので、終始厳しい戦いが繰り広げられましたが、EDに到達出来て満足です。

そんなウィッチャー3についてのレビューと感想を書いていきます。

20160420075044


スポンサードリンク

クリアしての感想は?

放送内では、出来る限り低レベル (最低限のクエストと少々のサブクエスト) に加え力の場も二つまでという条件でゲームを進めていきました。

スタオ5の口直しにお勧めのゲーム 詳しく解説 でも書いた通り、全体的な完成度も高く、アクションゲームというよりは探索などに重きを置いた サバイバルゲーというのはプレイ前後の感想としては変わりません。

高難易度に自由はあんまりない

この手の難易度選択型のRPG系のゲーム全般に言えることですが、結局 レベルなどを上げて準備をしてしまえば 難易度はあってないようなものになるという特徴があります。特にこのウィッチャー3においては それが顕著になって 表れてしまっています。それが 自然治癒型の敵がしかも雑魚的にも実装されている という点。

当然敵の自然治癒に対して上回る火力を出せなければ倒すことは 100% 出来ないわけで、その回復量が自分の火力よりも上回ることが多々あり (特に格上や同レベル) 、倒すことすらままならないなんてこともありました。もちろんこれは悪いことではないのですが、このゲームの火力は レベルを上げていくことで上昇していくもの という背景を考えていけば、低レベルでもクリアしていくという自由度というのは 高難易度においては無いのかなと感じてしまいました。

総じて高難易度においてはこのゲームの自由度は半減されてしまい、探索が強要されてしまう そんなゲームのように感じてしまいました。これに伴い楽にクリアするためにサブクエストや探索をしなくてはならないという使命感に苛まれ、どこか作業感を感じてしまう ことも多くあり、途中で既視感に追われることから、だれてしまう可能性があります。

ボリュームは凄まじい反面

ウィッチャー3はボリュームに関しては、近年珍しい大ボリュームです。MMORPG などをやったことが無い人にとっては、かなり楽しめるゲームとなっているのではないでしょうか。ただその反面ボリュームがありすぎて途中で飽きてしまう可能性が高いとも言えてしまいます。

オンラインゲームでもないので、基本一人で頑張っていくゲームです。頑張ろうが頑張らまいが得られる報酬というのは、自己満足でしかなく 自分が消費した時間に対しての喜びを得られるか得られないかというのは、人それぞれなのです。ですからこれだけのボリュームがあるゲームを (目安時間としてデスマーチ何となくプレイでも40時間程度) 最後まで完走するというのは、それなりの覚悟が必要になってきます。

ましてやこのゲームをやり込むとなれば、消費する時間は増加していきます。基本的にストーリーはしっかりしているものの、やることは基本的に序盤から一緒。ということを考えると、長く続けていくことが人によっては厳しいものになる そんなゲームじゃないかなと思います。

ラスボスがちょっとだけ盛り上がらない

このゲームの最大の敵であるワイルドハントとのボス戦。いまいち盛り上がらなかった というのが残念なところ。この辺りはやはり日本のRPGに負けてしまう要素。アニメ的な盛り上がりは無いため、最後も結局は作業的なボスで終わってしまいます。

アクション要素はやっぱり低め

プレイ中の評価にも書いた通りアクション要素は皆無と思って頂いて構いません。上手い人なら高難易度時の複数戦でもビシバシさばけるのかもしれませんが、一発でも喰らってしまえばお手玉のように連撃を喰らってしまうこともあることから、勝率100% を出すのは相当難しいように感じます。その為、ちまちま戦っていくチキンプレイをしていくほうが安定する ことから、アクション要素はかなり低いと考えてもらって構いません。

総じて

全体的な作りは良ゲーです。上にいくつか不満点は書かせてもらいましたが、それは手抜きから来るものではなく 開発者たちのこだわりが大きい ものであると考えることが出来ます。よって 合う人には凄まじく合うし、合わない人にはたぶんまったく合わない そんなゲームなんじゃないかなと僕は考えております。少なくても生放送で垂れ流すゲームとしては合わないと言えますが、じっくり腰を据えてプレイする人にとっては最高のゲームとも言えるでしょう。

幸い値下がりもあまりないので、売ればそこまで出費も無く遊ぶことも出来ます。最後に総評として点数を付けるとすれば、75点。80点が良作の基準としたときに、個人的には合わなかったという-5点を差し引いた点数です。全体的に見れば神ゲーとまではいきませんが良作といったとこでしょう。

以上ウィッチャー3の攻略です。本当は攻略記事を書きたかったのですが、モンスターのバリエーションが少なかったので、断念しました!!


スポンサードリンク
g4395



良かったらSNSでシェアして下さい!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related article